« クリーム色の素敵な世界。 | Main | エコだけじゃなくて。 »

Sunday, 24 February 2008

ついにやってきた現代っこ。

出会いはいつも、突然やってくるものです。
ついに・・・ Dsc01985_2

デジタル一眼が仲間に加わることになりました。たしか先日、アナログ宣言をしたばかりですが、もちろんこれからも共存共栄の精神で!どちらも仲良くします!

最大の動機としては、小物なんかを後ろをぼかして味のある写真を撮りたい。コンパクトデジカメだと、いま持っているソニーのなんかは1cmまで接写可能で、それはそれで楽しいんですけど、どこかクールな写り方というか。

デジタル一眼が出始めた頃は数十万円していましたね。その後、ようやく庶民にも考えられる立場になってから数年。
もしも買うなら?私のフィルム一眼レフの入門機として多くの旅をともにした、Eos kissで長らく慣れ親しんだ、キヤノンかなあ。
それとも最近のフィルム一眼でもっとも出番の多い、FM3Aにちなんで、ニコンにするか。Panasonicのライカもあこがれるなあ。とうっすら考えてきていたのですが。

結局、オリンパスのE-410にしました。
グリップの出っ張りがないすっきりボディサイズと軽さ、オリンパスレンズの写りをデジタルでも体験できるのかな?という期待、その2つが決め手となりました。1000万画素、というのも自分の腕前を考えるとすごすぎるとは思うのですが、振動でレンズ内のゴミを振り落としてくれる機能搭載、とか聞くととっても頼もしいし。発売が2007年4月のはずだから、そこそこお値段も下がっていて、親しみやすいプライスにもなってきているので、思い切って!

あと、なんとなく、売る気がなさそうな展開もいいんですよね~。お店でのコーナーも、宮崎あおいちゃんのロングCMを流して、どこかのんびりムード。ニコンのキムタクや、ソニーのαのような”デキる黒”をイメージした売り場とは対照的に違ってました。

オリンパスは、フィルムでOM-1という、昔むかしの大先輩カメラを持っています。それについているズイコーレンズが、なんとも優しく写るため、非常に好きなのですが、デジタルでも「ズイコーレンズ」のブランドは受け継がれています。OMレンズアダプターというものを買うと、OMレンズも使用可能ということなんですが、このカメラがうまく使いこなせるようになったら、それも考えたいな。

キットレンズとしてついてきた標準ズームレンズ14-42mmは、コンパクトなのもいいですが、何よりもぐるっと青色のラインがレンズを一周囲んでいるのが、カメラ全体をとてもさわやかに見せている気がします。

なんでここを青にしたんだろう?意味はあるのでしょうか?とにかくこの青がめっちゃいい感じです!オリンパスさん!

ほんとうは、マクロレンズが欲しかったので、ボディ単体で買うことも考えたのですが、ズームレンズつきのキットと数千円しか違いがなかったのと、その”さわやか青いライン”が、とても気に入ったので、キットにしました。。。(そんなポイントで選ぶ人があるだろうか!?)

あっ。今、「宮崎あおい」そして「青いライン」と書いて初めて気がついたのですが、まさかそういう意味でしょうか!?

ストラップも、たいていの場合、純正品を選ばないあまのじゃくな私ですが、オリンパスからは、本革の白や茶色などいい感じのが出ていたので、悩んだ挙句、白と茶色を買ってきました。とりあえず、白をつけたら、デジタル機器らしからぬ、クラシカルないでたちになりました。

マクロレンズは、そのうち・・・と思っていたら、amazonでなぜかとっても安くなっていたので、「来月からは財布を固く締めよう」と誓い、えいっとオーダーしてしまいました。35mm f3.5です。

明るいレンズなので、たとえば、お店でごはんを撮ったりするのにも、なかなかいいんじゃないかと。湯気が上がっているようなおいしそうな写真を撮るため、いろいろと食べに出かけなくちゃ!(口実)

ためしに、いくつか撮ってみました。こんな感じになります。前後がほどよくぼんやりして、とても好きな感じの写真になりました。(モデルが食べ物ばかりなのは無視してください・・・)

P2230086P2230101_2

そうだ、もうひとつ、このカメラのいいところとしては、ライブビュー機能というコンパクトデジカメではおなじみの、液晶画面を見ながら撮影ができる、というところが大きな売りのようです。(デジタル一眼にもそれが普通についているもんだと思っていましたがそうではなかったんですね~。無知でした)
まあ、だけど自分は、フィルム一眼レフでやるようにファインダーをのぞきながらの撮影のほうがなじみがあるので、あんまり使わないかな、と思っていました。

でも実際に使ってみると、ホワイトバランス(照明の種類によって設定するあれ)の違いでどんな風に写るのかとかを事前に確かめられるのは、とてもいいなと思いました。それに、どれぐらいそんなシチュエーションがあるかはわからないですが、低ーいものを撮る時にファインダーをのぞきづらい時は、威力を発揮しそう。
これからも、おうちでも、そして、旅に街中に、どんどんいろんなものを撮りに出かけたいと思います。
オリンパスのサイトには、写真の勉強になるいろんなページがあって、けっこう楽しいです。
もちろんフィルム写真も、引き続きがんばるよ~。
(ポラロイド撤退、びっくり&ショックです。。。)

|

« クリーム色の素敵な世界。 | Main | エコだけじゃなくて。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« クリーム色の素敵な世界。 | Main | エコだけじゃなくて。 »