« ついにやってきた現代っこ。 | Main | たのしさも倍になる多色ペン遊び。 »

Thursday, 28 February 2008

エコだけじゃなくて。

マトリョーシカ柄のエコバックです。最近うちにやってきた、お気に入りです。

P2270125 しかし家中を見回すと、よくもまあこんなにエコバッグがあるもんだなあと我ながら感心してしまいます。

なぜこんなにエコバッグに心ひかれてしまうのか?理由を無理やり考えると、きっとこんなことではないでしょうか?

その1。ロゴ好きだから。
その2。繰り返し柄が好きだから。
その3。模型やミニチュアが好きだから。

エコバッグには、お店やブランドのロゴが効果的に配されていたり、ほぼ日の永久紙ぶくろROO-shopperのように、「実在のお店の袋」風なデザインや「包装紙」風の繰り返し柄のデザインも多いので、ついついツボにはまります。そして、伊勢丹のタータンチェックや、bloomingdale'sのBrownBagのように、実際の紙袋がエコバッグになったデザインも好き。(これは、模型好きが作用していると思われる。)

というわけで、ついつい、出先で荷物が増えたりしたら、これ幸いと買ってしまい、気がつけばエコバッグありすぎで全然エコじゃない、という情けない状態になっているのです。 

こんなかわいいエコバッグ達には、日常生活でも大活躍してもらいましょう!ということで、できるだけいろんなシーンで使うようにしています。
ミニサイズのものならば、かばんの中身の仕分けにとっても便利。あと、カメラを入れたりお菓子を入れたり・・・。
大きめのものは、買い物という正統派用途以外にも、旅行でのおみやげ収納用、そしてスーツケースの衣類分類用と、これまた何枚あっても使い道はたくさんあります。よく行く生協さんも、ついにレジ袋有料になったことですし、いつも、かばんの中にはエコバッグを必ず入れて出かけるようにしています。

そして最近、その素晴らしさを改めて再認識しているのが、ふろしきです。思い起こせば子供の頃、修学旅行やスキー合宿に、「服はふろしきに包みなさい」と母にもたされたふろしき、友達に「おばあちゃんみたい・・・」と言われ「みんなは使わないのか~」としょげた思い出が。

でも今あらためて考えると、どんな形状の中身でも、変幻自在に対応可能。ワインボトルだろうがホールのケーキだろうが、どんなものでも包み込むふろしきは、めちゃくちゃ万能じゃないの!
くろちくとかかまわぬなんかに、和柄のかわいいのがたくさんあるので、見かけるとついつい欲しくなります。軽いしかさばらないので、旅行のときは本当に便利。乗り物で寒いときなんかは、ショールやひざ掛けにも・・・(ほんとに役立ったことが何度もありました!)

余談ですが「かまわぬ」のてぬぐいには、万年筆柄もあって、とても気になります。

いつかは、絹のふろしきの片隅に名前を染めてもらい、しっとりと着物を着て、お歳暮に先様へ海苔を届けに行く・・・そんな場面をぜひとも演じてみたいものです。

|

« ついにやってきた現代っこ。 | Main | たのしさも倍になる多色ペン遊び。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ついにやってきた現代っこ。 | Main | たのしさも倍になる多色ペン遊び。 »