« 語学学習に文明の利器。 | Main | ペンクリニックに行ってきました。 »

Thursday, 07 February 2008

2年目のフランクリン・プランナー。

Dsc01941

数年前、前の職場でのこと。才女な同僚が、新しい手帳を使い始めたのをめざとく発見。
聞けば、1日2ページの手帳とのこと。1日2ページ!!とただびっくりした記憶が。
それが、フランクリン・プランナーとの記念すべき初めての出会いのシーン。

それからしばらく、その驚きの出会いの事もすっかり忘れていたのですが(そしてその人もたぶん途中で完走せず挫折)、東急ハンズや紀伊國屋で、紹介DVDとともに、しっかりと専売コーナーを仕立てて販売されている場面に出くわすたびに再び気になって、(しかも、DVDの音楽が脳に焼きついて困った。)パンフレットをもらって帰ってじっくり読んでいたら、「ブルーム」の花柄がとっても好みだったので。(別にサイトの説明にあるように”女性としての好感度アップ”なんて狙ってないからね!)
昨年、ついに1月はじまりのブルームのコンパクトサイズに手を出してしまいました。
純正バインダーのサイズはボリューム感がありすぎるように感じたので、手持ちの赤いファイロファクスを使うことにしました。(赤いバインダーとブルームの花柄を合わせてみたかった、という欲望も、フランクリン購入の決め手のひとつ。)

特に、1月からの優しいピンクのバラ(だと思うのですが)がお気に入り。
それと、「毎日の格言」みたいなのはちょい苦手なので、英語版しかないブルームなら、お言葉も模様にしか見えなくて、まったく気にならないのも都合がよかった!

で、うきうき使い始めましたが・・・
1年間、使いこなすことができませんでした。
きっと、バインダーを含めた重さが敗因だと思います。(そうでなくても水筒や何やら持って歩く大荷物病なので・・・)

それと、時間軸が19時で終わってしまうため、(←それは買う前からわかっていたので理由にはならないけど。)1日のスケジュール管理をすべて君にまかせるぞ!というわけにもいかず、主に家置きにして、やることリストとそのチェック用途に最初は使っていました。

フランクリン・プランナーといえば、ミッション・ステートメントや価値観シートがその特徴なので、私も初めは、キットの説明に従って、ミッション・ステートメントに挑戦してみよう!と足を踏み出してはみたのですが。
真剣に考えすぎて前に進めなくなってしまい、本末転倒だなこりゃ、と早々にあきらめて普通の手帳並みにゆるく使う事にしました。

その、「お気に入りのバラ柄」が月替わりで終わってしまったあたりから、使用のテンションが・・・

そんなことじゃあだめなんでしょうが、気軽に持ち歩けないのがやっぱり問題だったんだ!と思い直し、今年、再度、最小サイズである「ポケットサイズ」に階級替えして、再度入門しました。

去年、サイズ的にはポケットサイズを選択したくてもコンパクトサイズを選択したのは、スケジュールの時間軸レイアウトが、クオバディスで慣れ親しんだ縦一列バーチカルの方が断然好き!と思ったのと、コンパクトサイズが独自サイズのレフィルなので、フランクリン純正バインダーを選ばなくてはならなかったのに、ラインナップの中に気に入ったものがなかったので、というふたつの理由で、市販のバイブルサイズと穴の配置が同じコンパクトサイズを選んだのです。

今回、ポケットサイズで出直すにあたり、純正バインダーが必要になりましたが、楽天のフランクリン公式販売サイトでアウトレット販売があり、やわらかそうなナッパレザーという革(そういえば、ロエベもナッパレザーじゃなかったかしらん)のバインダーが半値近くになっているのを見つけました。革も良さそうだし、色もきれい。見た目楽しげなのはピンクだけど、仕事にも使うならネイビーか・・・

で、結局、両方買ってました。

Dsc01939

オーダー後、驚くべき速さで箱が到着しました!

ピンクのほうは、正式には「ポピー」という色でしたが、本来の色より少し濃くなっている色の変化があったのがわかりましたが、アウトレットなので、まあ許せる範囲。(本来の色が見える部分と現在の見た目の色を比べると、今の色のほうが好みに近いというのも、寛大な反応の理由。)
そしてネイビーはというと、これまたブルーグリーンに近い色。ステッチの色もエメラルドグリーンです。これは、どっちもいいお買い物だったなぁ。

まずは、ブルームの花柄とぜひとも合わせたかった、ポピー色のバインダーに1・2月(しか入りません)をセットしました。(ちょっと残念なのは、去年のお気に入りのバラの花のページデザインが今年は見当たらないこと。)そしてネイビーのバインダーには、3・4月をセット。あとは、とりあえず箱の中に保管。(やっぱり、別売の保管バインターもいるねぇ・・・)
ピンクとネイビー、季節ごとにどちらかを使うのは楽しそうです。サイズも、大きめバッグの時は気軽に連れて出られそうなサイズになりました。これは使えるかも!という自信が。

さてレフィルのほうは、時間軸が左右に分かれたデザインなのが慣れるまで少々目に不思議ですが、(そして相変わらず時間は夜7時までしかない)いつか気にならなくなるでしょう。ポケットサイズでコンパクトサイズの標準レイアウトが守られているのは、オリジナル<日本語版>とユニバーサル<日本語版>、つまり、日本仕様しか存在していないようです。時間軸も本国仕様より長いみたいですし、やっぱり日本人は勤勉すぎるのでしょうか??
まあ、もしも来年、継続購入することになれば(と望みたい・・・)デイリーページは日本語版を導入することも検討してもいいな。本当は、英語版で出して欲しいところですが。
月見出しは色のグラデーションがとても素敵だから、ブルームで別途買っちゃうかもしれないけど。

朝、少しだけ早起きして、一日の計画を立てるのが理想の使い方。そして、日中も気が付いたことをなんでもメモ!今回のポケットサイズなら、それは実現可能かもしれない。
相変わらず、価値観シートやミッション・ステートメントは手付かずで、このプランナーの正統派な使い方はとてもできていませんが、気軽に活用して行こうと思っています。

本国サイトには、デザインや始まり月、レイアウトを数パターンから選んで、自分の記念日や名前のプレプリントができるオーダーページがあるのを発見。画面でシュミレーションできるので、途中までやってみたらすごく楽しかった!思わずオーダーしてしまいそうになったけど、送料(や不運な場合、関税も?)いくらかかるんだろう、と思いとどまりました。日本サイトでもやってほしいよ~。

|

« 語学学習に文明の利器。 | Main | ペンクリニックに行ってきました。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 語学学習に文明の利器。 | Main | ペンクリニックに行ってきました。 »