« きらきらガラスペン。 | Main | 鍵型のボールペン。 »

Thursday, 20 March 2008

赤くて短い万年筆。

P3160378

普段、山と海と坂道の位置関係で方向がわかる神戸に暮らしているせいか、大阪や京都に行くと、すぐ迷子になります。
平面でなおかつ碁盤の目だと、どっちが北なのか南なのかが見当がつかなくなるのです。

まさに平面で碁盤の目の中、大阪のビジネス街にその万年筆屋さんはあります。
これまでに2度お店に行ったことがありますが、2度とも、その近辺に住んでいるはずの知人の家を探しているうちに迷子になり(・・・1回行けば覚えろよな)、あっちかな?いやこっちだろう?と修正を試みているつもりがまたさらに逆行、なんてことをしているうちに、あれれ?とその万年筆屋さんの前に出てしまった、という運命的な出会い。

偶然なんだから通り過ぎればいいようなもんですが、こんなうれしいめぐり合い、これは何かしら記念品を携えないでは帰れないでしょう!というよくわからない理由に大きく呼び込まれ、店内へ。
そのちっちゃなちっちゃな店の壁一面のガラスケースの中、山のように展示された万年筆たちの中から、「いつか欲しいなあと思っていたもの」との出会いを現実にするのがとても楽しいのです!

そこで買ったもの。一度目の時は、ちょうどボールペンでちいさくて素敵なのが欲しかった頃だったのですが、アウロラのソーレ・ミニマがまだあるのを発見して、オレンジゼリーみたいでおいしそうだなあと、ボールペンを買いました。それと、その店のオリジナルカラーという、みずいろのセーラープロフェッショナルギアミニを。(2007年のみずいろ手帳セットで使っていたこれです)

そして二度目は、昨年の年末。ちょうど、趣味の文具箱Vol.9に掲載された、アウロラへの思いがたっぷり詰まったコラムを読んだあとだったというタイミングで、いつか欲しいな~と思いつつ長らく我慢していたアウロラ願望がむくむくと再燃していたこともあり、これはきっと今日買うしかないんだ!と、ミニ・オプティマ バーガンディを見せてもらいました。

実はそのとき、これもありますよ、とフォーコを見せていただいたのですが、とても見覚えのある”紅”な赤色。
これは、あれだ。
秋にロフトでばったり出会い、おいしそうな赤色にひとめぼれ買いしたパイロットのレガンス89Sにとってもイメージ重なるなぁ・・・
パーツもお互いシルバー、そして身長もほとんど同じだし。

あんまり似ている子を買うと愛情がややこしくなりそうなので、ここは当初の予定を貫くことにして、レガンスとも印象が違うバーガンディのほうにしました。
フォーコもとってもきれいな紅色だったんですけどね。(そして限定ということで我慢するのは勇気がいりましたが・・・)

で、写真は、左がミニ・オプティマ バーガンディで、右がレガンス89Sですが、こうやって並べて写真にしてみると、バーガンディの黒まじりさがよくわかる感じですが、フォーコだったら、レガンスともっとそっくりに写るのかな?と、試してみたかった気が今頃していたりします。(でももうさすがに買えない!我慢だ!)

お店では両方試し書きさせてもらいましたが、フォーコのFのほうがバーガンディのEFより数段細く書けたのは、いったいなんだったんでしょう? フォーコのFでは、まるでハイテックC並みの極細に書けて、細字大好きの私でもちょっと怖くなる書き味でした。(なかなかそういうのには万年筆では出会えそうにないから惜しかったかな?)
ほんと、個体差ってあるんですねぇ。

さて、それから手帳にノートにメモにと積極的に使っていますが、このボディサイズなのに吸引式というところ、使っていてやはりとっても楽しいです。
また、アウロラの万年筆はこれが初めてですが、なんというのか、細字でも”まるっとすべすべ、やさしい字”が書ける感じで、このペン先の書き味は、とてもお気に入りです。これは、同じように海外ものでも、ペリカンやモンブランとはまたぜんぜん違う印象なんだなあ。

まだアウロラのインクを持っていないので、今はセーラーのブルーブラックで使っていますが、次はぜひアウロラ純正のインクで使ってみたいな。

|

« きらきらガラスペン。 | Main | 鍵型のボールペン。 »

Comments

こんにちは、はじめまして。
今まさしくレガンス89s赤を買おうかと考えているところです。
最初、ボルドーのインクを使いたくて、現物を見ると美味しそうな色なところも気に入ってしまいました。

ところが、今ある万年筆に買ったボルドーで手帳に書いてみると、落ち着いてはいるものの存在感があるなぁ~と迷いが芽生えてきました。

インクはボルドーより水色にしようか?と迷っているんだけど、
赤いボディに濃い青は合っても、水色っておかしいですよね~。センス疑われますよね~。
なんだか、まよってしまいます。

Posted by: fumika | Sunday, 19 October 2008 at 05:39 PM

fumikaさん、はじめまして。コメントありがとうございました。
ボルドーも大人っぽくて大好きなインクです。ドクター・ヤンセンのワインインクで、きれいなぶどう色のを持っているのですが、香りに酔っぱらいそうです。

ところでレガンスのこの赤は、みずみずしい透明感のある、いちごゼリー風なかわいい赤だと私は思います!短くてスリムな姿もとってもお嬢さま風で、とっても好きな万年筆です。
この明るいいちご色に、軽やかな水色、いいじゃないですか!
センス疑うどころか、早速真似してみたくなりました。

こういう、意外な色遊びができるのが万年筆の楽しみだと思います。fumikaさんもぜひ、レガンス手に入れて、おそろいで楽しみましょう!

Posted by: はるる | Tuesday, 21 October 2008 at 11:54 AM

こんばんは。
今日、レガンス89sの赤を手に入れました(*^.^*)。
やっぱり赤にして良かったです。フフフ


ところが、私が使いたかったインクが廃盤らしくてショックを受けています゚゚(´O`)°゚。
(モンブランのターコイズブルーです)
明日文具店を見て回ろうかと思います。

Posted by: fumika | Thursday, 23 October 2008 at 10:56 PM

手に入れられたのですね。おめでとうございます~。
可愛がってあげてくださいね。
モンブランのターコイズブルー、廃盤なんですか?
はかない水色で、きれいな色なのになんでなくしちゃうんだー!
どこかの文具屋さんで待ってくれているといいですね。

Posted by: はるる | Saturday, 25 October 2008 at 05:57 PM

こんばんは、はるるさん。
happy01なんと、電話で地元の文具店に確認してもらったところ、在庫があるとのことです。
取り寄せに1週間ほどかかると言われましたが、それくらい待たせていただきます。
よかったです~lovelyheart04

派手に見えたボルドーも、見慣れたからか良くなって来ました。
っていうか、なんだか使い始めてラッキーな事が重なったんですよね~。
ラッキーカラーかもしれません。

はやくターコイズブルーを使いたいですpen

Posted by: fumika | Sunday, 26 October 2008 at 01:08 AM

見つかったんですね!
よかった!到着が楽しみですね。

みずいろインクは夏色のイメージですが、
雪大好き(だからこのサイトの背景も
万年雪景色なんです)の私としては、
雪のイメージで冬でもじゃんじゃん
みずいろインク使っちゃいます。

お互い、冬でもいっぱい使いましょうね。
(でも貴重なひと瓶、大切に使わないとね・・・)

Posted by: はるる | Wednesday, 29 October 2008 at 06:17 PM

こんにちは。

こちらのサイト、写真も奇麗ですけど、管理人さんの言葉が好きです。
>オレンジゼリーみたいでおいしそうだなあ、とか。

レガンスは、普通の長さの赤を持っています。
デザインで一目ぼれ・・・・
ただ、Fなんですが、私にはちょっと細すぎるし、あんまり使いこんでいないせいか、まだ固いのです。。。。

うえのはるる様がおっしゃるように、これはいちごゼリーのような赤ですよね。

私は、いろいろお金もないくせに、万年筆道楽をやっちゃってる気がするのですが、
今のところ、一番実用的なのは、私にとってはセーラーのプロフィット21(銀)です。
その次に、意外や意外、モリタ万年筆さんの水色限定のミニです。とっても書きやすくないですか?

(あのお店のお父様とお母様のファンなんです・・・)
それでは、またお邪魔します。

Posted by: TAMAMI | Wednesday, 14 April 2010 at 10:20 PM

TAMAMIさん、こんにちは。
(そういえば記事に名前欄がなくて、ちゃんと自己紹介ができていませんでしたが、管理人ことはるるです。)
言葉が好きだなんて、ありがとうございます!基本食いしん坊なので、食べることに置き換えてしまうことが多くって・・・

国産の万年筆が活躍中とのこと、私も国産の万年筆も大好きなんですよ。
アウロラやモンブラン、ペリカンなど、外国チームとはまた違った使い勝手があり、手帳やノートへの書き込みは国産の細字を使うことが多いです。
モリタ万年筆さん、あのほっこり感がいいですよね~。お父様と息子さんにはお会いしたのですが、お母様にはまだお会いしたことがなかったかも。
水色のオリジナル、いつかは長い軸でもう一本・・・なんて思っているので、その時にお目にかかれたらたらいいなあと思います。

Posted by: はるる | Friday, 16 April 2010 at 12:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« きらきらガラスペン。 | Main | 鍵型のボールペン。 »