« チーム・バチスタの発見。 | Main | 赤くて短い万年筆。 »

Sunday, 16 March 2008

きらきらガラスペン。

P3020150東京に行くチャンスがあるときは、なんとかして時間を捻出し、伊東屋に行きます。
本当はそのために1日あけたいくらいですが、なかなかそうもできないので、限られた時間でのお買い物となります。

今回は、あれとあれとあれを必ず買うぞ!といちおう算段して行きますが、各階で盛大に脱線しているうち、気がつけば時間切れ直前、あわてて退散!というパターンを毎回繰り返しています。

最初に名前入れをお願いしたいものを買い、出来上がりを待ちながら他のフロアをゆっくりじっくり見るのが効率的。というのはわかっているのですが、伊東屋に足を踏み入れた瞬間、そのような冷静さはどこかへ消えてしまいます。

そして、毎回毎回、買い忘れてくるものがあります。それは、ガラスペン。
いつも、「早く買って持ち歩いてるうちに割れたらどうしよう」とか変に心配しすぎて、最後に買おうと後回しにするから、いっつも忘れるのです。

ガラスペンというと、全身ひねりガラスの美しいものや、クラシカルなインクとセットになっているもの(箱に作曲家の顔がついてる)など、上を見るとキリがない世界ですが、私は、まずは竹軸のガラスペンを入門用として欲しいなと思っていました。

(余談ですが、吉祥寺のジョバンニさんにお邪魔したときに、素敵な棚にガラスペンがズラリ並んでいたのが壮観でした。よっぽど高尚な手紙を書けるようにならないと自分が持つのはまだまだ似合わないなぁと思った記憶が。ジョバンニさんは、店から外に出たときに「あっ、そういえば日本だった」と思ってしまうほど、異国体験できる楽しいお店です。わーきゃー言って、スタンプやシーリングワックスを選んでしまいました。また行きたいなあ。もう少し近ければっ。)

このペンは、お習字の小筆を思い出すような、細い竹軸、旧い字体の漢字ラベル。そしてペン先は光を受けてきれいなぷっくりしたガラス。これが500円やそこらで買えるのは、とても魅力的! と以前から欲しがっていたのに、毎回買い忘れてくるなんて。家に帰ってから、いつも、「また忘れた!」とがっくりしていたものです。

他の高価なガラスペンなら、いろんなところで売っているのを発見するけれど、竹軸のはなかなかお目にかかれなくて、困ったな~。また東京行かなくちゃなあ。(えへ。)と思っていたのですが。

それが先日、梅田ロフトでばったり遭遇!しかも画材売り場です。
画材売り場にあるとは、思いもよりませんでした。
さっそく、一本一本違うガラスのペン先の中から、好みのぷっくりした姿の一本を選んできました。

大正元年創業という、ガラスペン界の老舗、佐瀬工業所さんのものです。この竹軸のペン先は、店頭には他に透明、白、あめ色がありました。ホームページを見ると太さの違う3本セットとして色違いの組み合わせになっているので、字の太さによって色が決まっているのかな?私のところにある青いのは、ラベルに「細字用」と書いてあります。

”青いガラスがきれい!”と、完全に見た目優先で選んだので、字の太さは気にしていませんでした。今度あらためて他の太さも見てみることにしよう。

これがあれば、憧れていろいろ買っては来たものの十分に使いこなせていない、いろんなインクをとっかえひっかえしてお手紙やいろんな書き物にと、気軽に使うことができそう。
ガラスペンって、一度インク瓶につけたあと、けっこうたくさんの字が書けるんですね。ガラスの筋の間にたまるインクが少しずつ消えていくのを見ながら書くのって楽しい! (学生のジェルペンと同じで、”これだけ書いたな!”という実感が見えるからでしょうか。)

ヤンセンのワインインクを昨年、買ってみたのですが、とある万年筆に入れて使っていたら、なんだか少し心配な現象になってきたので、これは、つけペンで使うほうが安心だな!と、ガラスペンが欲しくなったのがそもそもの発端です。
ちなみに私が買ったのはシュペートブルグンダーです。このワインインクシリーズ、本当に飲めるのでは?というぐらい、書いていると紙面からワインのいい香りがしてくるんですよ~。
インクを選ぶときにお店でいろいろ嗅がせてもらいましたが、酔いそうになりました。

日本古来の竹軸ガラスペンと、ドイツワインのインク。この異文化交流な組み合わせ、なかなかに楽しいです。本当はこういうインクこそ、素敵にひねったゴージャスな全身ガラスペンとか、羽ペンが似合うんだろうけど。そこがまたおつなのよ、と自分に言い聞かせ、今日もほろ酔い気分で書きます。
この竹軸、ラベルが漢字なので、海外の方へのおみやげにしたらうけそうだなあ。

|

« チーム・バチスタの発見。 | Main | 赤くて短い万年筆。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« チーム・バチスタの発見。 | Main | 赤くて短い万年筆。 »