« 紺色の、漆塗りの万年筆。 | Main | 紺色の、ちっちゃい革の辞書。 »

Thursday, 10 April 2008

紺色の、うるし専用ペンケース。

P4050540_2 期せずして紺色シリーズ3部作になっていましたが、漆の万年筆にあわせるペンケースのことを考えていたら、パイロットの革小物シリーズの中に紺色の展開があったことを思い出しました。
トレンダーレザーというシリーズです。

普通に、街の文具屋さんでも扱っているこのシリーズ、けっこう硬めでしっかりとした革を使っているのに、すごくかわいいお値段設定なのです。 え、いいんですか?という感じのプライスに、はじめは一瞬、これって革じゃなくって合皮かなあ?と思ったぐらい。

ペンケースのほかにも名刺入れ、パスケース、財布やシステム手帳まであって、色も黒、ワイン、紺、グリーン、ブラウンなどがそろっています。

馬蹄型の小銭入れなんて、かなりいいつくりなので、そのうちひとつ仲間に加えちゃおうかなあなどと狙っています。

紺色の漆用ペンケースには、一本差シースを選びました。実はこの同じ形のものを、去年、レガンス89sを買ったときに、ワイン色のをサービスでつけてくれたのですが、そのしっかりした革と、ちょっと短めという扱いやすいサイズで、これ使いやすい!とすっかり気に入ったものだったのです。そして、わりに細いので、小さいバッグの中でもちょこっとした隙間にうまく収まってくれます。(流線型だからかな?)

使いやすさは実証済みだったので、今回も色違いで紺色を仲間にお迎えすることにしました。一本差シースで1050円。これはとってもお買い得だと思う!黒にとっても近いような紺色に、それよりも少し明るい紺色糸のステッチが入っていて、清楚な感じ、昔のお勉強用具風なイメージだと思っています。

漆の万年筆は、とても細身のペンなので、一本差シースといっても、入れてみたらまだかなり空間があまります。細身で突起のないペンならあと一本、ぴったりと入ってくれます。鉛筆とか入れとくのもいいかもしれない!(パーフェクトペンシル、ほしいなあ・・・)

パイロットのトレンダーレザーの紹介ページの、黒色のシースだけが少しそっぽ向いた写真になっているのが、なんだかとてもかわいくて、気になってしまいます。他の子はみんなお行儀良く並んでいるというのに、ひとりだけどうしたんだ!笑える~!

|

« 紺色の、漆塗りの万年筆。 | Main | 紺色の、ちっちゃい革の辞書。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 紺色の、漆塗りの万年筆。 | Main | 紺色の、ちっちゃい革の辞書。 »