« April 2008 | Main | June 2008 »

May 2008

Saturday, 31 May 2008

ペンクリニックにて。

Frame36151 センター街のナガサワ文具センターの閉店より少し前、(ちなみに跡地は既になにやら工事をしている模様。)、ジュンク堂の3階にある文具センターのお隣には万年筆や手帳、お手紙用品そして革小物などを集めた、ちょっと大人なスペースができていました。

その”PenStyle DEN"ではじめてのペンクリニック開催をしますよと葉書が届いていました。
(手紙が届くのって、やっぱりうれしい!)

今回の担当ペンドクターは、セーラーの長原幸夫氏です。長原さんのクリニックは初めてなので、緊張するなあと思ったけれど、パーカーの調子が良くないことに以前から心を痛めていたので、決心して診てもらいに行きました。

そのパーカーとは、シルバーの格子柄のと、何周年記念モデルだったか忘れたけれど(こういうのを忘れているあたり、完全に見た目で選んだことが明白・・・) ピンクゴールドが気に入って買ったものです。
なぜか2本とも、最初は普通に使えていたはずなのに、そのうちインクがうまく出なくなってきて、そうなると力任せになってきて・・・と、ああこのまま使うとこわしちゃうなあ、と、びびってお休みさせていた子たちだったのです。

ペンクリニック受付用紙には、名前や連絡先と共に、”症状”を書く欄がありました。クリップボードにはさまれて、まるで初めて来た病院の問診票を書いているみたいな気になってきた。
「インクの書き出しがうまく出ません。自分の持ち方に癖があるのだと思うのであわせてください。」のようなことを書いて、前の順番の方々の診察を横で楽しく聞きながら待っていました。

そうして、自分の順番が来ました。先生は問診票、いや、受付用紙を見て、その次にペン先を見ると即「これは、あなたのせいじゃないですよ」とニッコリ。
うわ〜、私の、自責の念にかられている様子をキャッチされているとは、さすがお医者さん、いや、ペンドクター!
そして、「この子たちは、いい子になりますよ〜。」とさらにニッコリ。
このあたりの励まし方、なんだか本当に、お医者さんみたいだなあ。(そしてきっと小児科だ。)

ものをつい「この子」と呼んでしまう自分には、長原さんがペンを「この子たち」と呼んだところに、ひとりつぼ。
とってもシンパシーを感じたのでした。

機械にかけたり?ぐりぐりしたりと調整している間、「ペンを試し書きする時は、垂直に立てて、はなまるを書いてみて、問題なく書けるようだったら”その子”はいいペンですよ〜」などといろいろお話をしてくれました。

海外にまでペンクリニックに行かれたりもするそうです。日本のお客さんは調整のあいだ静かに見ているけれど、外国じゃあ、顔の横までピッタリくっついて来て、”今、何をやっているんだ?”とかわいのわいのと質問が飛び交ったりして、”もう少し離れてくれ〜”って言わなきゃならないそうです。(なんかその現場、想像するとおかしい〜。)

試し書きのことですが、店頭では、はいどうぞと紙を出されても、名前は恥ずかしいし何を書いたら良いのか思いつかなくて、(かと言って”永”だの”裁”とは、恐れ多くて書けない小心者。)つい、ちまちました文字とか書いてしまうけど、垂直はなまる試し書きは知らなかった。今度やってみよう。

そうこうしている間に診察を終えた2本のパーカーは、前とぜんぜん違う書き味に!ふかっと握って書いてもインクは出るし(この当たり前がじつに感動的。)、私のせいじゃないよと励ましてもらえたし(ううっ)、すっかり上機嫌になって、クリニック会場を後にしました。

本当は、ナガサワオリジナルの風見鶏万年筆がセーラー製なので、(プロフィット21です)買うときに調整もしてもらえるしちょうどいいチャンスなのでは?と、今日のために1本取り置きしてもらっていたのです。
試し書きしたらなーんも問題がなさそうだったので、それはそのままの状態で買って帰りました。
完治の記念にとついつい、ナガサワオリジナルのインクも2色買ってしまいました。

| | Comments (0)

Wednesday, 28 May 2008

憧れのレターセット。

Frame101572

先日、お手紙ハンドブックという本を買いました。発行は、プチグラパブリッシング。切手や雑貨の本、世界のドリンクのレシピ本など、世界を旅している気分になれる本や、雑貨を出しているところで、気がついたらここの本は何冊か私の本棚にも並んでいたりします。

・・・と思ってあらためてサイトを見ていたら、こないだうちにきたROVAのペンケース、これもここの子だったんだ!(伊東屋コラボのお手紙ケースもそうでしたか。)

今回出たこの本は、帯を外してしまうと水色と白のさっぱりした装丁が非常に涼しげな、新書サイズのお手紙教本。

手紙のマナーや文例など、日常から仕事まで応用できそうなお手紙指南と、お手紙グッズやアイデアが満載の、とても読みごたえのある一冊です。

特におかしいのが文例で、設定されたシチュエイションが、「こういうことってよくあるよねー、うんうん。」とか、「うわー、この内容を手紙で伝えるのはきびしいっす!」とか、けっこう感情移入できるものが多くて、意外に楽しめたりします。

また、文豪の手紙文を取りあげた章もあって、読み物としても味わえるので楽しいです。やっぱり文章のプロは、たった三行でも読ませる年賀状を書くなあ、と生意気にも感心したりして。

この本の内容でいちばん気になっていたのが、POSTALCOの主であるエーブルソン氏のインタビューだったのですが、じっさいに記事を読んでみると、世界をつなぐ郵便物への思い入れがひしひしと伝わってきて楽しかったです。違う国から届いた手紙は、その国の一部が削れて出来ているなんて発想が記してあって、この人本当に手紙に愛着がある人なんだなあと思うと同時に、私も海外にいる知り合いに宛てて、日本の一部を削って作る手紙を出したくなりました。(というかエーブルソン氏にも手紙を書きたい。)

そして、やっぱりというか想像通り、POSTALCOのレターライティングセットへの想いまでが再燃してきました。革とファブリックの組み合わせでできた、便箋と封筒をセットしてお手紙用品を持ち運べるケースです。事務用封筒のように、紐をかけて留めるのがすごく雰囲気あっていい感じなんです。
前から気になっていた商品だったけれど、なかなか思い切りがつかないお値段だったので、憧れリストにのっけてかなり経過したものなのですが、いよいよその時が来てしまいました。

だけど、関西で実物を取り扱っていた心斎橋そごうの丸善は早々に撤退しちゃったし、京都にPOSTALCOを置いている店があるというのでのぞきに行ったけれど、レターライティングセットは置いてありませんでした。

インターネットでもオーダー出来るけれど、実物なしに色を決められそうにありません。
赤もかわいいけど二種類あるし、この書類封筒らしいデザインを活かすなら、ライトグリーンやブラウンがやはり似合っているような気がするし、書籍で紹介されているエーブルソン氏ご愛用のグリーンも、使い込むにつれていい感じの味わい深さになっていて、こういう深まり方にも憧れるし。

今度、東京に行くチャンスがあったら、POSTALCOのお店に行って、そして実物を見て決めることにしよう。
(でも週の半分くらいしかお店が開いてないんですよね~。ちゃんと調べてから行かないと泣きを見そう・・・)

| | Comments (2)

Sunday, 25 May 2008

ステーショナリーマガジンに誘われて。

P5230874 発売日に早速買いに走った「ステーショナリーマガジン004」。何度も何度も読み返し満喫中です。この手のムックは、欲しい熱に強力引火するので、気を引き締めてめくってはいるものの、今回もいろんな文具達に呼ばれている~、大変!!

文房具のしくみを図解入りで丁寧に説明している冒頭から既にわくわく。「ボールペンのインクが出るしくみ」とかはとても技術的で、ほほーう、と思うけれども、「消しゴムが消えるしくみ」をこんなにも正面切って説明されたのは初めてだ!なんだか心あたたまるな~。(発明家は偉大だ。)

各ページを見ていて、欲しいなあという気分が高まってきたのは、シャーボXプレミアムかな。

これまで店頭で見かけても、だいたい「シャーボックス」(←レフィルとか収納している什器のアレ)に殿方が悩みながら張り付いていることが多く、邪魔しても申し訳ないので「まあいつかゆっくり見よう。」とのんびりしているうちに、プレミアムバージョンが出たんですな。しかも、セットできる芯の数がひとつ増えているではありませんか。うーん、あぶない~。

まあ、もし、もしですよ。選ぶとしたら、最近の自分的紺色ブームでいくと、「プルシャンブルー」という青色を選ぶのが流れでしょうが、「ブロンズオーカー」の銅色もきれいだなあ。あるようで、なさそうな色のような・・・。
従来モデルのペンキ風な白とか革調のもかわいいんですけどね。これは引き続き、購入までに相当の検討時間を要しそう。(でもこういう悩む時間も楽しいのだ。)

そしていざ買う段になったら次はなに色の芯を選ぶかでまた悩みそう。
あ、でも、一本ぐらいは反則してハイテックCの4Cサイズの芯を入れちゃうかも。

ステーショナリーマガジンはいつもたくさんの文房具たちが並んでいる表紙がかわいくて好き。そして表紙を見て「いいなあ」と思ってしまうこともよくあることで。

今回も表紙にお行儀よくならんだ文具たちの中にGRAPH1000 LIMITED EDITIONのかわいい赤い姿が~。
これまた店頭で見た時に、そのかわいさと限定の文字にぐいぐい呼ばれてはいたものの、「さすがにシャープペンは一生使う分、家にあるぞ!」と自制していたのだけど、やっぱり気になるなあ。

で、また見に行ってしまったのですが、全色並んでいるのを見たら、赤に負けないくらいメタリックブルーというのがその名の通りメタリックに輝いていてきれいでした。プラスチック(だと思う)なのに金属ぽい塗装。(先日のクルトガもそうですが、最近のプラスチックって金属風に見せる着色がお上手。)

結局、メタリックブルーを仲間に迎え入れることになりました。仕事用に順調活躍中の青いシステム手帳にも合うから、いいことにしましょう。

ステーショナリーマガジンとか趣味の文具箱は、私にとっては、「文房具カタログ」兼「持っているものの記憶刺激」の役割を果たしてくれています。
舞い上がって買ってきたのにまだ使い始められていない文房具とかが載っていると、持ってるものはちゃんと使ってあげなくちゃ。と気持ちが引き締まるので、とてもありがたい存在です。
まだまだ何度も読み返して楽しめそうなので、また何かに着火してしまうかもしれないけれど・・・。

| | Comments (0)

Saturday, 17 May 2008

その一瞬に想いをこめて。

P5140821 中学生ぐらいまでは、友達に宛てて年賀状だけでなく暑中見舞いもしっかり出すお手紙好きな子供だった。

小学校のとき、担任の女性の先生に夏休みの途中報告を暑中見舞い葉書に綴って送ったら、封書でお返事をくださった。
文字は万年筆、インクはブルーブラック。達筆でしたためられた白い縦書きの便せんには白紙の二枚目がついていて、封筒は二重になったもの。
なぜ白紙の二枚目がくっついているのかも、封筒が二重になっているのかもわからなくて親に聞いたっけ。

大人になって、それが正しい手紙の礼儀なのだと知ったときに、小学生に対してもきっちりとした手紙を送って下さった先生のことを思い出して、今の自分にはそんな風格も礼儀も備わっていないことを反省し、そんな大人を目指したいなあと、ますますあこがれたものでした。

中・高生時代、手紙と言って思い出すのはやっぱり授業中の回し手紙。回送ルートに気になる男子が含まれていたりすると、中を見られないかとどきどきしたりして。セーラー服やかぶとなど、いろんな折り方技術を駆使していたなあ。もう忘れちゃったけど。

そして、今日も明日も会うのに、親友と毎夜毎夜手紙を書いては交換していた。よくも連日、あんなに話題があったものだなあと我ながら不思議。

そんな思い出とともに、今でもお手紙を書くのが大好きだし、最近は、シーリングスタンプや鳩居堂で扱っている和風もののような、大人なお手紙用品にも興味は広がりつつあります。

そんな中でも一時期とりつかれたようになって集めたのはシーリングスタンプ。外国の物語に出てくるように、封蝋を落とし、自分のイニシャルを手紙の封緘として・・・

とかっこよく決めたいのですが、美しく封蝋を落として上手にシーリングするのがなかなか難しい!しかも、封筒に中身を入れた後だから、失敗したら封筒からやり直しだもんね。我が家にはライターというものがなく、わざわざシーリングスタンプ用にライターを買ってきて、火の扱いもこわごわと、(溶けたロウが封筒に落ちて焼けこげたことも・・・)練習に練習を重ね、ようやく人様への手紙に施しても許されそうなものを作られるようになってきました。

腕を磨くのは難しいですが、シーリングスタンプの数は確実に増えました。基本のイニシャルはまずいくつかおさえ、大好きな雪の結晶柄、そして住む町にちなんでイカリのマーク、四角い形がめずらしくてなぜか馬、気品あふれる紋章風のフレアーデリスなどなど・・・

意外にも東急ハンズやロフトに、伊東屋並にたくさん置いてあることに驚いたのは遠い記憶で、それ以来、雑貨屋さんや文具屋さんではシーリングスタンプを置いていないか必ずチェック。吉祥寺の「ジョバンニ」さんでは、珍しいゴムスタンプとともに、初めて見るシーリングスタンプと変わった色の封蝋がたくさんあったので、帰れなくなるくらい、あれこれと迷ってしまいました。

P5140835 ひとつ、またひとつと増えてうれしいシーリングスタンプは、たまたま通りがかった小さな町の文具屋さんでもうお店をたたむから、と安くしてもらった、深い色がお気に入りの「役員用印章箱」に保管。役員には程遠い小娘のところに納入されて印章箱には申し訳ないけれど、シーリングスタンプは木のハンドルの物が多いので、お似合いのセットだ!とひとりで悦に入っています。

万年筆のインクと同じで、こだわり始めると際限がなくて、季節感のある絵柄を選ぶのは基本中の基本で、(といいつつ季節にかかわらず雪の結晶柄は使っている)、このスタンプにこの色の封蝋を合わせたらかわいいだろうなあとか、封筒の紙色と、あて先を記すインクの色とのハーモニーを考え出すと、気が遠くなりそう。

また、かわいい色の封蝋を見つけたら、それに合うシーリングスタンプを買いたくなるという誘惑もあって、ほんとうに奥の深いあぶない世界です。

白っぽいピンクのエルバンの封蝋は、花の絵柄に使うときわめて可憐に出来あがります。
乙女な手紙に絶対似合う!(なかなかそのような用件がないのが困りものですが・・・)

これから夏に向けて、純白か目の覚めるような彩やかなブルーの封筒にイカリのマークを水色の封蝋で、という組み合わせが多くなりそうです。

今度海外に出かけたら、まだ見ぬシーリングスタンプを探してみたいな。
国内でも、伊東屋をはじめとして何軒かのお店でオリジナルシーリングスタンプをオーダーできるようですが、かなり高嶺の花なので、考えに考え抜いたデザインでいつかオーダーしてもらおうと目論んでいます。

| | Comments (0)

Thursday, 08 May 2008

紺色ロバのペンケース。

ステーショナリーマガジン004がもうすぐ発売だな~。
楽しみだけど、またいろんな病気にかかってしまうんだろうなあ。と考えると怖い。でも買うに決まっている。
12日が待ち遠しい!

P5080756 さて、連休も終わりました。
長い休みではなかったので、ばーんと遠くまでお出かけはできませんでしたが、ひさびさに行きたかったお店に行くことができました。

京都に本店のあるアンジェ、支店が大阪と伊丹にあります。この連休中に、たまたま大阪と伊丹に行ったので、両方のお店をはしごしました。

アンジェは、和洋食器に革小物、服や文具雑貨に書籍そして外国切手まであって、私の好みのゾーンがかなり当たるお店で大好きなので、京都に出かけたら必ず寄ることにしていたお店です。さすがに京都の本店には規模は負けていますが、伊丹の店も大阪の店も、それぞれにいい味わいがあります。

伊丹の店では、その鮮やかなエメラルドグリーンに一瞬で惹かれateliers PENELOPEのトートバッグを買ってしまいました。
あとは、文房具柄というだけで、手ぬぐいを・・・。
その時も、他に欲しいものはいくつもいくつもあって、また今度!と振り切って帰ってきたはずだったのですが・・・

帰ってからもいつまでも気になっていたのが、ロバの刻印がしてある革のペンケース。
なんだかとてもそのとぼけた様子が忘れられない~!
しかもあの革は、きっとブッテーロに違いない。
今使っている、仕事用能率手帳に着せているスリップオンの紺色カバーとおそろいのはず!!

で数日後、今度は大学友人会で大阪に行った帰りに、またアンジェに行ってしまいました。
そこにもロバの紺色ペンケースが待っていて、うわーどうしよう、と思ったのですが、友人の「お揃いなら買ったほうがいいわよ」という言葉に「やっぱりそう思うよね?」と気も軽くなり、伊丹で捕まえそこねた紺色ロバをついに連れて帰ってきました。

紺色なので見た目大人っぽいのに、ロバがささやかなボケを提供してくれている感じが、笑えます。
いくつもペンケースを買うのはさすがにどうなんだ!と悩んだけど、手帳にお揃いのいい仲間ができたのでよかった事にしよう。

その日会った友人も、たまたまateliers PENELOPEのバッグを持って来ていて、その偶然がなんだかおかしかったのでした。

| | Comments (0)

Friday, 02 May 2008

能率手帳に草色インク。

P4100564 電車の中での「こっそり書き」用に黄色のハイテックCを使ってみましたが、書いている自分も何を書いているのかがよく見えなくて×。

現在、なんでも書きノートには、文庫本サイズの能率手帳メモリーポケット3(No.7231)を使っています。ブロックカレンダーが15か月分と、能率手帳用紙のフリーメモが160ページもついているのが気に入って買ったものです。1月をだいぶ過ぎていたので、かなりお安くなっていたものうれしかった思い出。

このノート、というか手帳、あまりの書き味の良さにすいすいと消費が進むので、早くも3分の1ぐらいを残すまでになってしまいました。
能率手帳用紙は、システム手帳レフィルか能率手帳補充ノートなら売っているけれど、綴じ手帳形式でぜいたくに160ページも能率手帳用紙で味わえるなら、もう一冊くらい買っておけば良かったな~。といまさら後悔しているほどお気に入りの手帳です。

大好きなクリーム色用紙だし、さらさらと万年筆で書きたいけど、電車の中では「何書いてるのかな?」と人目が気になるし。(←誰も見てませんって!)

そうだ、お手頃なひみつインクがあったじゃないの。

で、セーラージェントルインクのイエローオレンジを買ってきました。
ジュースみたいなクリアオレンジだから、透明軸に入れたらきれいだろうと思ったけど、カスタムの透明軸には紺碧が入っている。

と思って探してみたら、サファリの透明軸があいていたので、コンバーターでイエローオレンジインクを入れることにしました。
実はこれまで、サファリのコンバーターは赤が強すぎるようなイメージがあって、あんまり好きじゃない~と思い込み、これまで使わずに眠らせていたのですが、今回はじめて装着してみたら、なんてかわいい赤!! 
あっさり寝返りました。

クリアなオレンジインクと赤のコンバーターの陽気なコントラストにすっかり気をよくして、ぐるぐる落書きして遊んでました。

そして数日後。サファリの透明軸を見てびっくり。
あんなにきれいだったクリアなオレンジインクが、草色になっている~!

そうか。こないだは、空っぽだと思って洗浄もせずにオレンジインクを入れてしまいましたが、ブレンドされて草色インクになったのね・・・

どんな色になったんだろう。

書いてみたら、それは、まさに「能率手帳の色」の草色でした。ゴールド小型版の日付の色とそっくりおんなじ色だよ~。うわー。楽しい。これなら自分でブレンドしても作れるね!

でもどんなブレンド比率にするべきなんでしょうね?偶然に出来上がったものだから、まったく見当がつかないわ。
そうだこれは、次回のインク工房で作ってもらうことにしよう。
でもとても説明できそうにないから、ちゃんと能率手帳を携えて行こう。

| | Comments (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »