« いきおいあまって作ってみました。 | Main | 2009年の手帳:その1 Lettsのバーガンディ。 »

Tuesday, 02 September 2008

ふわふわ赤い、ほぼ日手帳。

Frame9929792 ほぼ日手帳がついに発売になりました!
紹介サイトがオープンしてから発売日まで、少しづつ明らかになる情報を見ながら、そわそわわくわくするのは、ここ数年、夏の終わりの年中行事。

恥ずかしながら、私の2008年は手帳バブルでした。周りから白いお目々で見られつつ、手帳屋さんが開けるぐらいいろんな手帳を買ってしまった私。

だって、どれも使いやすそうで、そしてそれぞれに個性があって紙質も違って素敵だったから・・・

もちろん、全て使うつもりで買ってきたのでしたが。
それはやっぱり無理でした。

もう、手帳の神様からお叱りが飛んできそうなぐらいで、今はとっても反省しています。
(杉浦さやかさんの著書の中にあったのを見習って、いつの日か、日付を書き直してでも全て使いきりますっ)

でも、今年いろいろ買ってみたおかげで、自分にあっている手帳とそうでないかもしれない手帳の傾向と対策(?)がわかってきました。

まず、細長い形状のものが、どうもあんまり得意じゃないような気がします。
中身の文字の感じと紙質がとっても気に入っていた能率手帳のシリーズの細長い手帳、使ってみたらなんだかしっくりこない。逆に安心なのが文庫本サイズ。

文庫本サイズといえば・・・
3年目になる今年のほぼ日手帳。はじめの年は、何でもかんでも貼り付けて、スタンプ押して、万年筆のインクの試し書きして、と、とにかく嬉しくて使いまくっていたのに、徐々に使い方が大人になってきました。
今年なんてもう、空いてるページの多いこと・・・(いや、今からでも埋めるもんね。)

2009年のほぼ日手帳は、方眼のマス目がちいさくなったり、大掛かりなチェンジがいろいろあったようなので、カバーも気になるけど中身がどう変わったのか見てみたい~!と、10月の発送開始をとても待ちきれる自信がなくて、ロフトに行ってしまいました。

変更点については、各所で賛否両論・熱い論議が交わされていましたが、実物は、とってもすっきりしたなあ!というのが私の第一印象。方眼のマス目が小さくなったことや、フォントがはかなげ(?)になったことで、ちょっとおとなっぽくなったかも。中身の印刷の色使いもやさしい色合いになり、目をさすような色の月は、なくなりました。
これなら万年筆のインクともけんかしないでしょう。
(たまに、激しいバトルになりそうな色使いの月があった気が・・・)Frame2734468

それから、ある意味、ベタなほぼ日らしさだった、おまけのページがほとんどなくなってしまいました。

”「この手帳についていないもの」は、この手帳にはついていません。” ってわざわざ書いてある・・・

おまけのページの中で、「この手帳についていないもの」だけは、結構好きだったんだけどなあ。つっこみ甲斐があったので。
ちょっと、さみしいです。

だけど!今年のいちばんの喜びは、待望の赤革カバーが帰ってきたこと。欲しいと思った年にはラインナップになかった赤い革。
なので今年は積年の思いがようやく届き、”やった!”と思いました。

梅田ロフトの売り場では、革カバー全色がサンプルとして出ていました。
手に取ってみると、革が、ふわふわ!なんです。落ち着いたいい赤色だし、もう、一瞬で決めてました。

他の革カバーのなかでは、茶色もお仕事に使えそうな素敵な色でした。こちらも負けずに、ふわふわ。
(お着替え用にカバーだけ買ってしまうかも・・・)
ヌメ革ホワイトは、確かに白かったです。肌色という感じ。
これがどんな風に育っていくのかを見届けたい気になります。だけど、2008年のカバーがヌメ革なので、こちらを引き続き育てるつもりです。

箱が全て外装ビニールにくるまれていて、中身は見られそうになかったので、一番上にいた箱をめぐりあわせと信じて買ってきました。家に帰って、早速本体をセットして、革をなでなでして遊んでいるところです。

他には、週間手帳と下敷きを買ってきました。週間手帳も、フォントがすっきりしたし、月の表示場所も引っ越したのでとても見やすくなりました。ここが変わってる!、と今年のと比べてみるのが楽しいです。
下敷きは図画工作風な色と風合い、昔っぽくてなんかいい感じです。

これで、いろいろ書くための手帳は決定。いまのところ家においてなんでも帖として使うつもりですが、予想以上にすっきりした紙面なので、これなら仕事のノート代わりに、もう一冊あってもいいかもと思っている自分がちょっとこわい。(大きいサイズ初登場のカズンも仕事用の有力候補。実物見られないから悩むなあ。)

あとは、仕事スケジュール手帳を、次回の東京行きの際に伊東屋でじっくり悩もうと思います。

|

« いきおいあまって作ってみました。 | Main | 2009年の手帳:その1 Lettsのバーガンディ。 »

Comments

ロフトで見ましたが、今年の赤革はベリー風味でとっても可愛い色だと思います。
私が以前買ったバージョン(2005)は少しレンガ色がかってるかも。
で、結局....あとさき全く考えずカズンをポチってしまいました....

Posted by: ほしの | Tuesday, 02 September 2008 at 11:51 PM

ベリー風味!
なんとかわいいネーミング!1年間ひたらせてもらいます。
確かに苺の赤ですね。

カズンのカバーは何色にされたのでしょうか?
私は、買うならマロンにしようかなと思ってます。

ベリーにマロン。
食いしん坊ばんざいコンビだ(*^^*)

Posted by: はるる | Wednesday, 03 September 2008 at 10:28 AM

もちろん(笑)マロンを買いましたよ。

Posted by: ほしの | Wednesday, 03 September 2008 at 08:22 PM

うわーい!

昼間、お着替えカバーとともに、私もマロンを注文しました…

届くの楽しみですね!

Posted by: はるる | Wednesday, 03 September 2008 at 10:07 PM

あー、はるるさんもほしのさんもカズン買ってるー!
私もほぼ日は…とか言いながら気になります。
2006年のマリンブルーの革カバー気に入ってるしなぁ。
でもやはり気になるのはどちらかと言うとカズンの方。
ほんっと、実物を見たいです。

大分すっきりしたデザインになったようですが(色も含めて)、
実物を見た時の第一印象でどうするか決まりそうです。
とりあえず押さえておきたい、みたいな気もするんですよね、ほぼ日って。

Posted by: tenn* | Wednesday, 03 September 2008 at 10:19 PM

うふふふっ。
私も2006年はマリンブルーです~。
確か、ほしのさんも・・・

私たちって三つ子だったんですね。
こうなったら今年はマロンで三つ子になりましょう!

Posted by: はるる | Thursday, 04 September 2008 at 10:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« いきおいあまって作ってみました。 | Main | 2009年の手帳:その1 Lettsのバーガンディ。 »