« November 2008 | Main | January 2009 »

December 2008

Saturday, 27 December 2008

次なる憧れ万年筆。

2008122706 クリスマスも過ぎて、一気に迎春モードになりつつある今日この頃。去年の今日あたりは極黒インクと長刀万年筆で年賀状を書いていたなあ。なのに今年はまだ年賀状の印刷ができていない!あせって作業を進めています。

 「趣味の文具箱 vol.12」が出た日に本屋さんの前を通ったので買いに入りましたが、いつも行く店じゃなかったので探すのに一苦労。
うろうろしたあげく、結局、車やバイク本などと一緒に男性の趣味のコーナーで対面となりました。
(これだから、店員さんに聞くのがはばかられるのよね~)

軸とインク、紙とインクのベストマッチ記事をとっても興味深く読みました。
読みながら、私も、家にあるインクをちゃんと使いこなさなきゃ!とぐっと気合が入ります。

最近はこの手の本を買っても、非常に冷静に楽しんでいられます。
わー、あのペンもこのペンも欲しいよう!と初期の頃は大変でしたが、近頃では大人になったのか、そこまで危険な状態ではなく、優雅に読み物として楽しめるようになりました。

おそらく、「たくさん持っていても使う手が追いつかない」ことを学習したのだと思います(ようやく)。
大量に所有している皆様は、どうやってそのあたりの課題をクリアされているのでしょうか?個人的にはそこが非常に気になります。

とかいいながら、趣味の文具箱に先立って発売になった「PEN BRAND 世界の万年筆ブランド」は、これまたあぶない本でした。この本が出ることは知らなかったのですが、職場の購買部の雑誌コーナーに、はかったように一冊入荷していたので、つい反射的に買ってしまい、家でじっくり見ました。

表紙写真、暗闇に浮かぶペリカンのペン先ドアップ写真、う、うつくしすぎる・・・・(しかも3B!!)

中身は、各社ごとの主要モデルや歴代モデルの紹介記事と写真がメイン。付録にインクカラーチャートの表(これ、きれいで楽しいから大好き!)が折りたたみでついています。
カートリッジの実物大写真つき一覧表まで!

これまでに趣味の文具箱に掲載された内容に最新の情報を加えたものを掲載しているということで、見覚えのある記事もあるのですが、こうやって再編集されたものをみると、またあらためて目に新鮮~。

1600円もする高価な一冊ですが、ブランドごとに一覧できるのはなかなか便利で、写真も豊富なので、これは、辞書か百科事典のような使いでがありそう。

じっくり見ていると「ああ、これ欲しかったけどもうなかったんだったなあ」とか「当時はなんとも思わなかったのに、今見るとこれ素敵じゃない?」とか、自分の変遷も(←オーバー)たどれる気がしてそれもまた面白い。

そんなこんなで、この2冊の本を見ていると、次にやってきて欲しい万年筆がほんわり浮かび上がってきました。

この表紙写真の効用か、ペリカンがまた気になってしまっています。
赤い軸、M400あたりでEFを。
ペリカンはホワイトトートイスでM400を持っていますが、Mなので自分の気に入った字がなかなか書けないのが課題でして、EFだとどんな感じになるのかをぜひ試してみたいのです。

他に我が家にいるペリカンは、ミニペンのM300緑縞と限定だったM320のオレンジ。それから、M600のコンコルド。このうちM300はEFですが、ミニペンと400や600のEFだとまだ違う感じなんだろうなあ、とまだ見ぬ赤いペリカンに思いをはせています。

お正月休みがあけたら、見に行けるといいな。調整をしてもらいながら買えたら嬉しいので、神戸のあのお店におじゃましようかな。年末の営業はあと数日間あるようですが、常連さん千客万来でお忙しいでしょうから、また折を見て・・・

こうやって一呼吸おくことができるようになったのも、素晴らしい成長だわ!と自画自賛。
(家にたくさんの万年筆たちがいて、こちらをじっと見つめているからというのもあるが・・・)

| | Comments (0)

Friday, 26 December 2008

お仕事用手帳 1か月の感想。(カバーも完成!)

2008122601_2 オフィス置き手帳に、2009年版から新発売になったパイロットのニュースタンダードダイアリー”ORDINAL"というシリーズのバーチカル版を12月から使い始めました。

1か月がすぎましたが、なかなか良いです。まずなんといってもフラットに開いてくれるところがとってもべんり!

着席中は自分とノートパソコンとの間に開いて置きっぱなしにしているので、電話で話していてとっさにメモを取りたいときにも、右側のメモ欄に書いたりします。

じつはこれがとても便利で、ここに書くことで臨場感あふれるメモになり、割り込み案件として管理するのに意外に役立っているのがわかりました。メモのように失くさないで済むし。

左側のページが月曜から金曜、右側のページは土日とメモ欄なので、土日が完全に休みの方ならば右側ページをまるまるメモ欄として使えます。
週間ページはバーチカルが好みで、でもメモ欄はレフト式のように豊富に欲しい!というニーズに応えてくれると思います。

このダイアリーは日付がとても小さくさりげなく印刷されています。しかも、ミクロな文字で「本日-残り日数」の表記もあります。あんまり仕事上、この表記を役立てたことはありませんが、ふとしたときにこれを見て感慨にふけるのが楽しみ。(とくに年末は、これを見るとなんとなく盛り上がる。)
2ページ1年の2009年と2010年年間予定表、月間ブロックページ、コーナーカットにスピンと、ついていて欲しい機能は全て備えてる感じです。

なぜか六曜の説明ページはあるのに年号早見表がない事にいま気がついたので、これはどこかから探してきて貼り付けておくことにします。

各日の時間軸下にチェックボックスつきメモ欄が5件分あり、これも便利です。5件で足りなくなっても上や合間に書き足すことができます。完了したものにチェックを入れる作業はたのしいものです。

ところで紙質ですが、クリーム色のやや厚めの紙。普段はハイテックCコレト0.3mmかユニボールシグノ0.28mmでちまちま書き込んでいます。
これはまったく問題がないのですが、ひとつだけ・・・

万年筆の場合、パイロットのプルーインクでEFで書き込んでみたら、裏にうつってる・・・・
え~まずくないかしらー、これって。サイトには「文字が裏抜けしにくい!」って高らかに・・・(しかも自社どうしなのに) まあいいや。気づかなかったことにしようっと。ちなみにプラチナの黒だと、裏抜けは少しましでした。でも書き出しと終わりは裏から見てもわかる感じだな~。
普段はやっぱりコレトかシグノを使うことになるだろうからあまり気にしないことにします。

2008122602_2 1か月、仕事を一緒にやってみた感想は、扱いやすく書きやすい、クリーム色の紙も好みにストライクなので、1年間使いぬいて行きたいと思っています。

で、その意気込みも込めまして、オーダーカバーを作ってしまいました!

今回作ってもらったのはHERZの商品を扱っている福岡のポルコロッソというお店のサイトのオーダー手帳カバーで、お着替え用も含めて赤とチョコの革を選びました。

待ちに待ったカバーが先日ようやく届いたので、さっそく着せてみました。
(ちなみに、標準でついているカバーもなかなかの出来なので、とくに不満ではなかったのですが、持病の革カバーを着せたい病がおさえきれず・・・)

ちょっとゆとりのある作りで、これは”たるみ手帳”として、いろいろはさんだり、手帳が肥大していくのにも対応したゆとりだと思います。
ただ、手帳との間に少しのゆとりがあることと、手帳本体の表紙がけっこう薄めなため、手帳を開くとへなっとなるのが気になったので、クリアファイルをカットして、表紙と革カバーの間にブックカバーのように見えないようにかけてみました。
これでカバーとの一体感が増しました。

こないだの金沢の旅で買ってきた赤い革の手帳カバーと大小サイズのおそろいになりました。
かなりしっかりした厚みの革なので、このカバーを着せると手帳がひとまわり大きくなった気がしますが、ますます愛着が湧いてきました。

赤は仕事場ではちょっと派手かな?と思ってチョコもオーダーしましたが、まったく赤でも問題なくいける感じです。

チョコのカバーは、家で家計簿として使う予定のラコニックのダイアリーに着せて使うことにしました。また気分に合わせて着替えてみようと思います。

このHERZのオーダーカバー、5mm単位でサイズが選べるので、ほぼ日手帳カズンのカバーのオーダーもひそかに画策中。ただし、規定のサイズからはみ出しているので別注になって少しお値段があがるそうなのです。
これは、カズンの活用状況に見合うようになるまでおあずけ!です。

| | Comments (2)

Wednesday, 17 December 2008

あさごはんとおやつ。

20081206

amazonのカートはべんりです。気になるけど急がないものを、とりあえずカートに保存しておいて、注文完了せずにいると値段が変動したりします。

カートに入れたときよりも値段が上がった時は、とうぜん、様子を見ます。
そうなると、ほんとに欲しいものなのか、真意をためされている気がします。

ああ、やっぱりサッサと買っておけば良かった・・・次に値段が下がったら、迷わず買おう!
でももしこれ以上値上がりしたら?それでも買うのか??
うーん。。。

と、ひとりでもんもんとするのは、けっこう楽しいです。
(為替や株の取引って、こんな気分なのかな?)

で、ながーいことカートに保存していて、価格の乱高下ののち、ようやく沈静化したので(すみません、大げさで)ついに購入ボタンを押したのがバラエティサンドベーカーです。

これ、写真のようなワッフルとホットサンド用のプレートと、なんとたい焼きプレートがついてるのがポイント!すんごいミニたい焼きですけどかわいくて笑えます!マロンクリームとか抹茶クリームとかはさんで焼くとおいしそう!

実際はまだワッフルしかトライしていませんが、ちゃんとそれっぽく焼けました!
あつあつのワッフルはあさごはんにもおやつにもぴったり。粉とたまごなど基本の材料さえあれば、いくらでも量産できるのが便利です。難点としては、いちどに2枚焼けますが、焼きあがりに時間がかかるので、大家族の方には家族全員揃って食べにくそうです。(焼きためておくのが良さそう。)

ホットサンドもこのパーティーシーズンに、ぜひともトライしてみたいと思います!お弁当にも使えそうだな~。(職場にこれがあると昼休み盛り上がるだろうなあ。でも順番待ちが・・・)

別売りでタルトやパニーニプレートもありますが、このプレートがけっこうずっしりしていて、しかも重ねにくく、収納に困るのでこれ以上プレートを買うのはやめとこうと思っています。
ささやかな収納スペースしかない家なので、できるだけ電化製品は買わないようにしているのですが、おいしそうな誘惑にはつい甘くなってしまいました。
いまのところ、この子をしまうスペースが見つからないので、どうせ出しっぱなしならと、むきになってじゃんじゃんワッフルを焼いています。

| | Comments (4)

Sunday, 14 December 2008

ミネルバボックスのブックカバー。(博多にて)

2008121401 秋以降、名古屋、福井、金沢と、都市部への訪問機会が続いていましたが、先週は博多に行きました。
博多に行くのは3年ぶり以上ぐらいのことで、いろいろ回りたいところもあったのですが、今回は日帰りだったので、仕事の前後に少しだけ寄り道しました。

といいつつも、市内は地下鉄もあるし100円でバスに乗れちゃうしという便利さに助けられ、キャナルシティや天神をおそるべき効率で見て回りました。

天神ではついつい丸善ビルで長居・・・

このビルには丸善とともに1階にはとうじも入っていて、「なんで1泊コースにしなかったのか」と後悔。
webでパターンオーダーできる手帳のサンプルもあって、ああもっとゆっくり店内をくまなくみたかった~!

気がついたらもう、仕事先に向かわないといけない時間になってて大慌て!
でもリサーチしていたラーメンはしっかりいただきました。

さて、今回も旅の記念となるいいお買い物ができました。
最近、ミネルバボックスの革がまた私の中でブームなのですが、その中でもピンクのブックカバーを前から検討中だったのです。ピンクといっても、限りなく赤に近くて、華やかな感じで大好きな色なので、「いつかは」リストのかなり上位にランクインしていたものてす。

そろそろスリップオンの通販でオーダーしようかなあと思っていたところでしたが、今回、博多で現物に出会ってしまいました。

じつは今回、アクロス福岡というところでお仕事があったのですが、そこの1階にJULIET'S LETTERSというお店がありました。洋風のレターセットとかカードが壁一面にずらっと並んでいるのが外から見えたので、「おおっ!」と吸い込まれていきました。

そしたらここは、とうじの洋風姉妹店だったのです。クレインのカードや一枚売りの紙などもたくさんありました。紙はいろんな種類のものがあり、使うあてがなくてもいろいろ欲しくなってしまいましたが、ぐっと我慢しました。
アクロス福岡にはコンサートホールがあるので、お手紙やカードの需要も多いのかも。

さて、ミネルバボックスは、ひとつひとつの革の表情や発色に個性があるような気がしているんですが、ブックカバーは革の面積が広いので、できれば現物を見て選びたかったんです。

今回、このお店にいたピンクのカバーは、革のつぶ(?)も揃っていてピンクもきれいな色で、ひと目見た瞬間にもう「うん、これにしよう!これください!」と即断。これを運命が引き寄せた出会いと言わずして何と言いましょうか!

2008121402 天神の地下街の中のイルミネーションは、屋内なのに屋根一面がブルーの光に覆われて、とっても幻想的でした。(あまりの綺麗さに目を奪われてたら写真を撮りそびれた~!)

キャナルシティのクリスマスデコレーションの白いトナカイさんが可愛かったです。夜は運河に光が映えて一段ときれいなんだろうな。

博多はまだまだ見たいところがたくさんあります。行きたいお店、食べてみたいもの、あらためてゆっくりと訪れたいと思います。

| | Comments (0)

Tuesday, 09 December 2008

12月の写真。

081207_mainimg_2

なかなかPCを開く機会が取れなかったので、ほぼ日手帳2009サイトの12月7日の写真に掲載していただいたのを、たったいま知りました~!!

こないだ、梅田ロフトで開催された糸井さん(&くいだおれ太郎さん)の販売見習いの時に、(←行っちゃったのだ!)11月6日の写真に掲載していただいてありがとうございました!と言ったら、糸井さんに12月もどうぞと励ましていただき、すっかりその気になってしまいました。

前回のドイツ旅行でのひとこまです。

チェックイン機がクリスマスモードにさせられているのを見て、「ドイツ人て、おちゃめね。。。」とひとりうけした空港での思い出です。
またドイツに行きたいです。

| | Comments (0)

Thursday, 04 December 2008

オリジナルインク 2びんめと3びんめ。

20081204 近くにオープンした百貨店でインク工房が催されると聞いて、わーい!と跳びあがった先週末。

インク工房は、以前、さくらもち色のインクを作ってもらった時以来、久々の参加。
それから、いろんな色を作って欲しいと思いをはせつつ、予定が合わなくて何度チャンスを逃したことか!

今回のお目当ての色は、「IROJITEN」色鉛筆の、色の一覧表でかわいいなあと思っていた「子鹿色」という色。

「子鹿色」なんて色名があるのは知りませんでしたが、「18世紀頃から使われた色名で、子鹿の毛皮のような少し灰みがかった明るい茶色」ということらしいです。

チョコレートみたいな茶色やぶどう色も有力候補だったのですが、「子鹿色」がとっても愛らしい気がしたので、今回はこれを作ってもらうぞー!と意気込んで出かけました。

当日はIROJITENの色一覧表を持参しました。
相変わらず、ジェントルな石丸さんに、「この色なんですけど・・・」と子鹿色を見せると、「これは難しいぞ~。」とひとこと。

それから石丸さんは、真剣な表情で調合を考えて、何度か試した末に、これでちょっと書いてみてください、とふでDEまんねんにインクをつけて手渡してくれました。

その色は、まさに子鹿色でした。書いた直後は、”ちょっと濃いかな?”と思うのに、乾くと、目指す子鹿色になるんです。わーなんでなんで?すごい!!

「このインクに、お名前をお付けになりませんか?」と石丸さんの甘い殺し文句(?)が。

やっぱり、かの有名な子鹿の名前をつけてしまいました。なんてひねりのない!
でも、それ以外にどうしても浮かばなかったよ~。

どうぞお楽しみください。の言葉とともにインクを受け取り、支払いを済ませ、るんるんと隣の売り場へ洋服を見に行きました。そのあとまたインク工房の前を通りがかったら、お客さんがひととおり回転したらしく、席があいていました。も、もったいない!
それで、またお願いして、今度は「おいしそうなぶどう色」を作ってもらいました。今度は完全に石丸さんにおまかせで色を作ってもらいました。最初にできあがった色がまさにおいしそうだったので、これでお願いします!と即決。

名前はどうしますか?と聞かれ、「うーん。そのまま行こっかなあ。」「あはは。そのまま行きますか?」で、またひねりもなく、「おいしそうなぶどう色」になりました。

家に帰って、おやすみ中のエルメスの手帳の空きページにふたつのインクで書いてみました。

そうしたら、子鹿色のインクが、なんとエルメスの手帳の日付の印刷の色と偶然にも同じ色だったのです!
いやだなあ。これは2009年版はエルメスで行けという、子鹿のお告げなのかしら・・・

しっしかし、高いんですよね~、レフィル・・・。

いろんな手帳に盛大に浮気しているここ数年は、さすがにバチが当たりそうなのでエルメス手帳は自粛していたんですが、久しぶりに復帰させたくなりました!うわー。まずい。
紙はつやのあるしっとりしたクリーム色で、万年筆のインクもぜったい裏写りしない、幸せな書き心地なんです。そりゃ高いだけあるってもんです。1ページいくらだ??

クリスマスプレゼント(自分への)にしようかなあ。あっ、その前に誕生日がやってくる!
円高で少しは安くなってたり?しないか・・・。
確かめに行こうかなあ。いや、我慢しようかなあ。(←葛藤)

| | Comments (2)

Monday, 01 December 2008

北陸・文具な旅。(金沢編)

2008113003_4

2008113004_4

久しぶりに金沢に来ました。前回来たのはもうかなり前で、そのときは駅付近が大工事中でしたが、今回はもうすっかり新しい駅の表情になっていました。

出口を出てびっくり。駅前のバスターミナルをすっぽり覆う巨大な骨組の屋根、その名も「もてなしドーム」と木製の門は大きすぎて、写真に入りきらないほどの迫力!駅前にはショッピングモールも新しくできていて、1階に和洋菓子やパンの店があって、買ったものをそのままイートインできるテーブルコーナーがあり、電車に乗る前の待ち時間の休憩に大活用してしまいました。こういうスペース、いいなあ。神戸にもこういうのがあるといいなあと思いました。

さて、金沢で目指したお店は、benlly's & jobという、新竪町にある雑貨屋さんです。ふたつの手帳カバーを買いに行くのが目的。

ひとつは、ateliers PENELOPE別注のカバー。持っているエメラルドグリーンのノートカバーとトートバッグのお揃いカラーです。メールオーダーでも良かったのですが、せっかくなのでお店に行ってみたかったのです。

それからもうひとつは、HERZ別注のカバー。こちらも、渋谷のHERZで買ってきた赤い封筒型カードケースと、先日メールオーダーでやって来たがま口ポーチとお揃いにしたくて、仲間に迎えたかったのです。

この、「お揃いにしたい!」という気持ちは、とてもやっかいです。きりがないのはわかっているのですが、”いっしょに使ったらかわいいだろうなあ。”とうっかり思ってしまうと、もう抑えがきかなくって、だめです。

そうと決心したら、こういうときはアクションが早くて、電話でお取り置きをお願いしておきました。楽しみに待つこと2週間、今回、福井から金沢に着いた日の夜にお店に取りにいきました。

このお店がある新竪町は、小さな通りに古いお店と新しいお店が仲良く立ち並ぶ、ちょっとおもしろいエリアでした。外国にある通りのような感じだね、と仲間と話しながら歩きました。

お店には、他にも、服にバッグ、スタンプや文具そして食器など、とにかく気になるものがたっくさんありました。
お店にいる間にすごい雷が鳴ったり、小石みたいなひょうがざぁーっと降ってきたりして、お店の人ときゃーきゃー言ってしまいました。

さて今回のふたつの手帳カバー。どちらも、A6サイズです。封筒型とベルトつき、手帳カバーとしては忙しい仕事の中で使うより、のんびりゆったり使うのが似合うスタイルだと思います。
セットで付いてきたデルフォニックスのダイアリーは、しゃんとしたホワイト用紙に月見出しインデックスがついていて使いやすそう。はるばる北陸からやってきてくれた子たちなので、用途をひねり出してしっかり使ってあげようと思います。

2008112904_22008113002

| | Comments (2)

« November 2008 | Main | January 2009 »