« なぜかふでばこがたまる。 | Main | あたらしいカメラケース。 »

Sunday, 08 February 2009

北欧へ帰るあなた。

20090209少し前ですが、パッケージデザインの特集だったので、Real Design (リアル・デザイン) 2009年3月号 を買ってきました。

年に1回ぐらいあるこの特集は、毎回とても楽しいんです。
世界各国の雑貨や牛乳パッケージのかわいさにひれ伏したり、とらやの黒地に金の虎プリント、ややもすると”極な道”の様相でもあるのに、デザインコンセプトなどを読んでいるうちになぜかはんなり見えてくるなぁ、なんて堪能していたらいきなりノキア携帯のさよなら特集が16ページも。

あ、そうだったんだ!日本からノキアは去っていってしまうのだった~!忘れてたよ~!

昔、ノキアのNM502iというスライド式のブルーの携帯を使ってました。周りの人からは「使いにくそう」とか「メニュー画面がかわいくない」とか「メロディーがいまいち」(当時は、和音数の多さが勝負だったもんね!)などなど、いろいろコメントもらいました。

私は小さくて軽いところが気に入っていたのと、なんといっても、「フィンランドの携帯」という、北欧願望を満たしてくれる嬉しさで機嫌良く使っていたのですが、恐ろしくちっこいPreminiが出たときに機種変更してしまいました。今ではどちらも大事に保管しています。

私はふたつ折り携帯は好きじゃない派なので、携帯選びの条件はスライド式かストレートであること、そして軽くて小さく薄いこと!

最近はその条件にぴったりなP704iを使っていて、いまだにこれを越える携帯がなくて、ワンセグがついてたらなぁ、とたまーに思う位で、それでも特段不満はなく使っていたのです。

しかしノキアが日本をおいて北欧に帰ってしまうということになれば、黙って帰国を見送るわけにはいきません。FOMAになってから、カードを差し替えれば複数の携帯を併用できるようになったし、P704iにも長生きしてもらうためにも、さいごのノキアを1台手に入れておいたほうが・・・?

と考えているといてもたってもいられなくなり、あわてて街へ行き、新シリーズ携帯の売出しムードまんまんのドコモショップや家電量販店で尋ねてみるものの、「もうありませんよぅ」と冷たくあしらわれる始末。
遅かった!としょぼくれていたら、何のことはない、NTTドコモサイトのオンラインショッピングでNM706iをあっさり買えました。なあんだ・・・。

ウェブで(まっとうに)ドコモの携帯が買えるなんて、いつからこんなサービスが??とにかくすべり込みセーフ。
本当は北欧の雪にちなんで白がよかったのですが、NM706iはあいにく白が出てないので、クラウディシルバーという色にしました。
この際、思い切って赤でもよかったんだけどな~。ウェブでは赤を一押ししている様子。

見た目、なんのひねりもないデザインですが、このシンプルすぎるところがたまらなく素敵。
ブルーに光るボタンもフィンランドカラー(←こじつけすぎ?)でいいじゃない!ウェブサイトで「後ろ姿に惹かれる」とうたっているだけあって、究極にそっけない裏側も好き!

一方で日本製携帯の細やかさに慣れた身には、「こまかいこと言うなよォ」と言わんばかりののんびりしたソフトのラインナップや大らかな操作感は新鮮でもありますが、あー本当に日本からいなくなっちゃったの?と寂しさ倍増。

それにしてもこれが最後のノキアだと思うと緊張します。これはぜったい壊せないぞ!
まだしばらくノキア・ジャパンの会社は残ると思うのですが、それもいつまで続くのやら?
これって壊したら誰が修理の相談に乗ってくれるんでしょうか?(まさか修理はフィンランド送りとか??まあそれも素敵だけど・・・)

赤外線機能がついていないかわりにBluetooth。USB接続可能で、CD-ROMでついてきたNOKIA PC Suiteというソフトを使ってOutlookとの連携可能な上に、PCに入ってる音楽をコピーしてきて、そのまま着メロやアラームメロディとして使用可能!

この機能に私は感動してしまいました。普段はiPodtouchがあるのでミュージックプレイヤーとして携帯を使うことはなく、別に着目してない機能でしたが、好みの曲を簡単にメロディに使うことができるのは意外な喜びです。

なんだか奥が深い、この携帯・・・。
まだこのPC Suiteの機能を知り尽くせていませんが、なかなか頼もしいソフトのようです。PC連携が気軽にできることで、モバイル機器として実はいろんな使いみちがありそう。

あ、そうそう。FMラジオや海外利用可能という便利な機能もついてます。

知れば知るほど、真剣に「もう1台ストックしておかなくていいんだろうか」という気になってきて、困っています。そうこうしているうちにノキアが日本に戻ってくるかな??

|

« なぜかふでばこがたまる。 | Main | あたらしいカメラケース。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北欧へ帰るあなた。:

« なぜかふでばこがたまる。 | Main | あたらしいカメラケース。 »