« 逃げたペリカン、京都でつかまえた! | Main | なぜ、はんこになったの? »

Sunday, 19 April 2009

いとしのうにえんぴつ。

20090418 最近、仕事中の筆記具としてえんぴつをよく使います。
考え事をしたり思い付きをノートに気楽に書いたりするのには、なんとなくえんぴつのほうが仕事が進みそう!という、まったくもって根拠のないイメージ先行によるものです。

それに、パソコンを打ちながらとか、電話がかかってきて中断したり、という使い方も多いので、その都度キャップを締めたりとかの細やかな気遣いをしなくていいのも好都合、というのもあります。

学生の頃は、家に転がってるものや、ケース単位でもらったえんぴつを使っていたぐらいで、特にメーカーや種類にこだわって使ったという記憶も全然ありません。

そして中学生の頃にはシャープペンや、ノート取りに至ってはボールペンにまで移行していたので、えんぴつの印象ってあんまり特別なものがないんですよね、ちいさな頃からあんなに身近にいたはずなのに。入試のときは大宰府や北野天満宮の合格鉛筆と一緒にがんばってたなあ。

そこで、大人になったいま、使うならばハイエンドモデルで贅沢してみたいじゃない!と、ばら売りのハイユニを1本買ってきました。えんぴつを買うなんて久しぶりの行動にちょっとわくわく。

買ってきたのは、えび茶の姿に金文字がクラシカルで素敵な、三菱のうにえんぴつ。
じゃなくってユニ。
・・・どう読んでも「うに」ですよね。

1本数十円から買えるえんぴつ界にあって、ハイユニは定価で147円もするんです。自社をして「鉛筆の最高傑作」を名乗る、敷居の高いえんぴつですからね!心して使ってみましょう。

まずは芯先を削ることから。昔は家にも電気えんぴつ削り機がありましたが、今となってはもうないので、ちいさな鉛筆削りでぐるぐるまわして削ります。削りかすからほのかな木の匂い、なんだかとっても懐かしい気分。

かりっと削った芯先で、キャンパスノートにいろいろ書いてみました。そしたらあまりに書きやすいのでびっくり。このイメージをなんと表現すれば良いかは難しいですが、えんぴつって、こんなにベルベットな感触だったっけ?と軽いショック(大げさすぎ?)がありました。

ハイユニの場合、かなり書き進んでも、なかなか芯が減らないんです。
昔から超・筆圧強い子だったために、気がつけば書き終わったノートのページにこすれた手が真っ黒になってしまっていたという記憶がありますが、そんなことも全くありません。やっぱり、お値段なりのものはあるのだなあ。と妙に納得してしまいました。

こうやって、あらためてえんぴつの偉大さを実感してみると、”ユニ発売50周年記念・ペンシルホルダー”のことがどうしても思い出されてしまいました。
昨年の発売時は、鉛筆補助軸に8000円とは!と驚き、そのお姿も「ちょっとおじさんぽくない?」と通過していた品だったのに。
木製の太軸ホルダーをつけたえんぴつって、ものすごく握りやすそうだし、うにえんぴつに合わせたスタイルもクラシカルでかわいいかもしれないなあ、と、もはや忘れたままでいられなくなってしまったのです。

店頭にはもう置いてない店も多いですが、ネットではまだ扱いがあるようです。(さすがに完売とまではまだ行っていないらしい。)
送料込みでさらに割引しまっせ、というお店があったのが背中を押しました。

アニバーサリー商品とあって、うやうやしく化粧箱におさめられてご到着。
ホルダーの長さにあわせた通常よりやや短めのえんぴつが2本セットになってついてきました。こちらはハイユニではなく、スタンダードなうにえんぴつ。
早速、仕事場へ持って行って、毎日使っています。

ホルダーは、かなりずっしりと重量感があるので、安定したえんぴつ筆記ができます。それに、打ち合わせ部屋などへ持ち歩く時には、クリップ付きキャップをノートに差したりして持ち出せるので便利です。キャップを外したときの「ん、えんぴつ?」という視線もほのかにたのしい。

いくら芯が減りにくいとはいってもいつか削らないといけないし、ドイツ製の素敵な「ケースつき真鍮えんぴつ削り」やファーバーカステルのパーフェクトペンシルなど、えんぴつにはまると、次は削りモノ系の誘惑の世界も待ってる気がしてこわい。
とりあえずは、スタビロのスワンシャープナーぐらいは連れて来ても許されるかなあ?

|

« 逃げたペリカン、京都でつかまえた! | Main | なぜ、はんこになったの? »

Comments

こんにちは。

何と購入されたんですね!
私もいいなと思いつつこの値段‥で躊躇してます。
五十音さんのミミックも気になるしで。
今はカトウセイサクショの補助軸を使っています。

はるるさんのうに鉛筆レポで試したくなったので
ハイユニ買って来ましたw肥後守で削ってみようかな

ではでは。

Posted by: piku | Saturday, 25 April 2009 06:41 PM

カトウセイサクショさんの補助軸、ちびた鉛筆がおしゃれな筆記具になりますよね!私も大好きです。
赤いミミックも、とってもかわいいですね~。
肥後守で削られるのですね、渋い!
私はナイフ使うのへたくそなんで、憧れます。
Hiうにの書き心地、堪能してくださいね!

Posted by: はるる | Saturday, 25 April 2009 09:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference いとしのうにえんぴつ。:

« 逃げたペリカン、京都でつかまえた! | Main | なぜ、はんこになったの? »