« ちっさいツバメノートと超ちっさいツバメノート。 | Main | いとしのうにえんぴつ。 »

Sunday, 12 April 2009

逃げたペリカン、京都でつかまえた!

2009041202お花見に訪れた京都で、たまたま歩いた通りに一軒のお店がありました。
万年筆・筆記具・贈答品等、と看板が出ていてちょっとだけ不思議なお店・・・。

しかしほのかな運命を感じ、お店の中へと入りました。
ショーケースにはいろんなメーカーの万年筆やボールペン、そして家電製品やゴルフボール、タオルセットなど、確かに「贈答品」の品目がずらり。むふ。なんだか、掘り出し物がありそうな・・・

そしたら、一番奥のガラスケースの中に、ずっと探していた透明のペリカンちゃん、M205デモンストレータが1本、いるではありませんか!

即刻、お店のおじ様に、こっこれっ、ペン先の太さはなんですか?とガラスケースにしがみついて(て感じで)尋ねると、まあまあ落ち着きなさいて。(て感じで)とゆったり鍵をあけ、中のペンを取り出し確認してくれた。「Fですね。」
「やった~!買います!」
心の中では、おじ様と握手をがっちり交わしているような気分でした。

発売された時はちょうど万年筆が好調に増えすぎていた時期で、さすがにちょっとだけ心にブレーキがかかっていた頃だったのと、18金や21金のペン先の書き心地に心つかまれていたというおませな時期だったので、スチールペン先だしねぇ、と購入を見送ってしまっていたのです。

最近になって、たのしいインクがいろいろ増えてきたこともあって、やっぱり透明軸、欲しかったなぁ・・・と今さら悔やんでみたりしてもあとの祭り。
もうどのお店もオンラインショップも完売状態で、自らの浅はかさをただ悔やむ日々をここしばらく送っていたのでした。

それなのに、こんなに偶然に、しかも1本だけあったその子は理想の細字だなんて、これはペリカンのおみちびき(?)に違いない。
しかも、とっても割引してくださいました。いいんですか?という感じだったけどその店のきまりだそうで。
重ね重ね、うれしさ爆発!
大事にするよ~!

20090412で、この軸に入れるインクは、やっぱり透明度の高いきれいなインクがいいよね~、と後日、街へ出たついでにインクを探しにナガサワ文具センターへ。
エルバンのブルーアズールなんかいいかも。なんて思いながら売り場に行ったのに、Kobe Ink 物語の布引エメラルド にひかれてしまい、そちらを買ってきてしまいました。

このインク、すごくきれいなエメラルド色なんですよ!
M205の透明軸にさっそく吸入してみました。
色が濃いので、”透明軸からインクが透ける感じ”にはなりませんが、すこし空間ができたところからは、きれいなみどり色が内部を染めている様子が見えて、美しいです。
このインクで紙に書くと、ボトルのふちについたエメラルド色とほぼ同じ色が出ます。

そして、M205のほうは、スチールペン先と思えないぐらい、紙面へのあたりがとっても柔らかく、するすると書きやすいんです。

今回はこんな偶然に、遅すぎた出会いを果たすことはできましたが、あらためて、透明軸と吸入式というこのマッチングがこの価格帯で満喫できるのは、楽しすぎます。
(もっと高価なものも出ているけど、あそこまではたどり着けません。)
このペンが復活して、定番になってくれるとほんとうによいなぁ。
っていうのは、ドイツに手紙を書けばいいんでしょうか?

|

« ちっさいツバメノートと超ちっさいツバメノート。 | Main | いとしのうにえんぴつ。 »

Comments

ペリカンくんに出会えて良かったですね~。
きっと、赤縞のペリカンくんの代わりに出会えたんですよっ!

それにしても、綺麗なエメラルド色ですね。
Kobe Ink 物語ってどれもいい色ですね。
実際に試せないのが残念です。

ペリカンくんの下にある便箋もなんだか素敵な感じで気になるのですが…。
拡大して凝視してしまいました。

Posted by: tenn* | Sunday, 12 April 2009 10:19 PM

ああ、赤縞のペリカンも捕り逃したまんまだけれど・・・
羽色が多少変わったと思えば!

このインクシリーズ、ベーシックなのにかなりいいとこついた色が多くて、実際に試せなくて賭けかもしれないけれど、はずれはないかも!です。

このびんせん(さすが、お目が高い!)は、エヌビー社というところから出ている、その名も「万年筆のための便箋/封筒」というバンクペーパー使用のシリーズです。安価なのに、ペン先の滑りはよく、そしてにじまないという、超・優秀なびんせんですよ~。

Posted by: はるる | Monday, 13 April 2009 11:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 逃げたペリカン、京都でつかまえた!:

« ちっさいツバメノートと超ちっさいツバメノート。 | Main | いとしのうにえんぴつ。 »