« 重いけど太らないんです。 | Main | ちっさいツバメノートと超ちっさいツバメノート。 »

Wednesday, 08 April 2009

さくら色インクでお花見きぶん。

20090329週末はまだ冷たい空気の中、ちらほら咲きだったそこかしこの桜は、この土日の間にいっきに満開に!
いまや日本中で惜しげもなく桜が咲き誇っていることでしょう!

足をのばして京都の桜の名所、円山公園に行ってみました。
いや~、桜も見ごろでしたが、なんと言っても、人が多かった!
近所の人・旅人・外国人に老若男女。ありとあらゆる人たちがお花見に集まって来てごった返しているけどなぜかのんびりとした雰囲気の中、シャッター押したり押してもらったり。
春のぽかぽか陽気の中、公園のどこを歩いても満開の桜!

本当に気持ちが良かったです。

さて、こんなさくらの季節の感想を書き留めるのには、インク工房でブレンドしてもらった「櫻餅」インクを使います。このインクはいまの季節の4番バッター(?)。手帳に手紙にと、春の到来を存分に楽しみます。

この色は、白みの多めな桜色を、とお願いして、かんひざくらまではいかないものの、濃い花色の桜をお手本に作ってもらった色です。
そんなインクだから、やっぱり春に使ってなんぼのものでありましょう!とコンバーターから満タンに吸い上げて、紙に桜色を咲かす勢いで意気込んであれやこれや書き。

このインクのパートナー万年筆は、セーラー×ナガサワオリジナルのmine whiteと決めています。ピンクゴールドのペン先とクリップ、陶器みたいな白い姿は、春に活躍するのにとってもお似合いだ、と思っています。

この万年筆は、しっかりと堅いペン先でして、とっても細ーい字が書けちゃうのです。Fなのですが、EFでは?と思うくらい、方眼ひとますに4文字は余裕で書けてしまう。なので、手帳用にも旺盛に使っているのですが、手帳に極小文字でさくら色インクでいろいろ書き込むともう、紙面が超・華やかになります。

本来、ほぼ日手帳以外の手帳への書き込みには、なんとなく、原則的にブルーかブルーブラックのインクを使用!と決めてきていたのです。真夏に、iroshizukuの紺碧や朝顔に変えてみたりする感じで、手帳はオーソドックスにまとめようとしていたのですが。

こういう風に、季節を感じるインク使いもおもしろいなあ。1ページがさくら色で彩られていくのは、心が浮き立ってくるので、いいもんですね。
来月は、若葉色のインクを探してみようかな。

|

« 重いけど太らないんです。 | Main | ちっさいツバメノートと超ちっさいツバメノート。 »

Comments

こんばんは。
たしかにぴったりの組み合わせですね。
桜餅インクも、きっと柔らかくて可愛い色なんでしょうね。

私も桜に誘われてか、最近は手帳に赤系のインクを使っています。
あと、はるるさんに教えて頂いた加藤製作所のセルロイドのワインレッドに
エルバンのアンティークブーケを。
やっぱり季節に合わせても楽しいですよね。
緑系は持っていませんが、夏にターコイズを使うのも楽しみです。

Posted by: tenn* | Thursday, 09 April 2009 at 11:10 PM

そちらでも桜はまだ見頃ですか?
うきうきする、たのしい季節ですよね!
セルロイドさん、すくすく育っていますか?
いろんなインクを季節に合わせて、使うのってほんとに楽しいですね。
ほんと、行き着くところのない旅でこわいです。

ちなみに私のさくらもちと一緒に作った友人のインクは、かしわもち色なんですよ。来月にぴったりですよね。

Posted by: はるる | Friday, 10 April 2009 at 08:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24687/44590315

Listed below are links to weblogs that reference さくら色インクでお花見きぶん。:

« 重いけど太らないんです。 | Main | ちっさいツバメノートと超ちっさいツバメノート。 »