« April 2009 | Main | June 2009 »

May 2009

Saturday, 16 May 2009

多忙な人に学ぶ、3年手帳の正しい使いかた。

20090516 とある人に、ささやかなお礼の品を贈ることになりました。何を選ぼうかなあ・・・と思案していたとき、当の本人がこんなことを。

「ずっと先の予定が入りだして、予定を管理するのが大変。手帳が1年分じゃ短すぎる」とつぶやいたのをキャッチ!「これだ!」

その帰り道、すかさず、手帳売り場へ。
能率ダイアリー ニューメモリー3年日誌を買ってきました。

もう5月も半ばを過ぎましたが、手帳売り場には、カジュアル系を中心にまだまだたくさんの手帳が。

ビジネス用途のものも、能率手帳、高橋書店などの4月はじまり版のいわゆる「年度版」の手帳がずらり。1年ものとともに、3年手帳や5年手帳の連用版も数種類、並んでいました。

3年ものと5年ものでも、なぜか1日あたりの記入スペースはそう変わらないのが不思議だなぁ・・・などと思いながらあらためていろいろ見比べた結果、欄外に「今日は○○があった日」という"豆知識"がついている能率ダイアリーを選びました。
きっと、”そういう小ネタが好きだろうなぁ”という相手だったので。

紙はさすがの能率手帳専用用紙。しっかりと厚みのある淡いクリーム色の紙面上に、日付や罫線は落ち着いたブラウンで印刷されていて、事務用手帳のカテゴリに間違いなく入るんだろうけど、なかなか大人っぽくて素敵な印象です。(ちなみに現物は本人さんに渡してしまったので、写真は能率手帳さんのサイトからお借りしました。そのうち記念撮影しておきます。)

さて、翌日、本人に渡したら、とっても喜んでもらえました。

早速、4月からの予定をさかのぼってせっせと書き写しておられました!
ちなみに、欄外の小ネタについて、「こういうの好きだよね?」と聞くと、「好き。」と言ったので、やっぱり~、と笑ってしまいました。

ちなみに、この贈り相手は音楽活動をしている人なので、演奏会や式典など、翌年や翌々年まで、えらい先の予定が入ってしまうそうなのです。(かっこいいなあ)
まさに、複数年手帳を本気で必要とする、「正統派忙しい人」なのだわ。憧れる・・・。

そういった”先過ぎる予定の管理”はもちろん、仕事面でも、複数年度連用手帳が役立つことを教えてくれました。

前もって書いていた予定とともに、当日、こなした仕事や作業の項目を記録しておくと、「何月何日頃、これをしておかなくちゃいけないな」とか、「もっと早めに取り組んでおけばよかったかな」、などというように、次年度、同種の仕事に取り組むときに、振り返りと仕事の見直しにも役立つのだ、とのご意見に、ふむふむと関心。
ちなみにお天気欄もあったりするので、予定管理だけじゃなくて、おしごと記録帳的に使うと、3年分振り返ると楽しそう。

複数年連用手帳は、10年日記を今年から導入中ですが、このように仕事の現場で活用するのもいいなあぁぁ~!猛烈に真似してみたくなりました。能率ダイアリー、自分用にも買ってこよっかな?

ところで、この相手の方なのですが、いつぞやは、「なんか、いい感じの紙だと思ったから」という理由でたまたま買ってきたという、ノーブルメモをさらりと持っていたりしたので(しかも方眼!)、「この人・・・、手書き好きに違いない!」と常々にらんでいたのです。

で、今回はその確信とともに手帳を送ってみたわけですが、こんなに喜んでもらえてよかったな、と思ったのと同時に、なんだか同志を発見したようで、こちらもうれしかったりしたのでした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Saturday, 09 May 2009

ウォーターマンとパイロットの透明軸。

20090509 ステーショナリーマガジンのNo.005が発売になりましたね~。本は職場を通じて発注しているので(割引があるので)、早く見たいけど届くのは週明け。
でも、あとで本屋さんで中味を拝見して来ようっと。

目次を見ていると、今回はかなり「鉛筆」がクローズアップされているような・・・
いとしのうにえんぴつ様(←ついに箱買いしちゃったのだ)も登場なさるみたいだし、楽しみ!!

さて、連休は日帰りでいろいろ出かけました。
とある1日には、大渋滞をものともせず、仕事仲間と四国・高松へさぬきうどんツアーを敢行しました。

うどん後、高松の商店街を見物しながら歩いていたら、以前、ネットショッピングでお世話になった万年筆やさんの実店舗を偶然、発見!!

老舗の風格のある店内に吸い込まれると、もう、それはそれは新旧ありとあらゆる万年筆が織り成すミラクルワールド。興奮でよろよろしました。

なかでも感動したのは、私がはじめて本格的な万年筆を手にした思い出の品、入学祝いに親戚のおねえさんからプレゼントされたのと同じものが、デッドストック状態で並んでいたこと。いまもその万年筆は大切に大切に使っていますが、もう、同じものには出会えないと思っていたので、なんだかじーんと来てしまいました。傍らにいた同僚は、何をそんなに食い入って見つめているのか?と不審に思っていたはず。

”控え”としてその1本を買って帰ろうかなあとも考えたのですが、お店の場所もわかったし、ショーケースにわんさかといる貴重なデッドストックたちもゆっくりと見てみたいので、これは、あらためてもう一度おじゃましましょう!と決意し、とりあえずはお店を後にしました。Re:さぬきうどんと万年筆の旅、という新たな目標ができました。

さてさて、前置きが長くなりましたが、連休前にレクスタイルさんで、ウォーターマンのクルトゥール・クリスタルクリアという透明軸の万年筆を買いました。ここんとこマイブーム(←ってまだ言ってもいいんですか?)再燃の透明軸。大好きな細字のみ在庫があり、わーいと飛びつきました。

ウォーターマンの万年筆ははじめてだったので、ペン先が自分の持ち癖に合うかどうか不明。しかしとっても親しみやすいお値段だったので思い切って注文してみたのですが・・・。
・・・これは、いける!

細字といっても海外ものなので、やや太め。中字的に使うことになりそうです。丸っこいペン先はとても書きやすくて、使い始めから、もう長らく使っているかのようなまろやかさのある紙当たり。アウロラにも似ているような、でもいままでにない感触のような、不思議な感じがします。

今回のレクスタイルさんでのお買い物では、買いそびれていたカランダッシュのエーデルワイス柄や板チョコ柄のボールペンも発見することができて、ほっくほくでした。それに、ドイツで買ってきたひと瓶がもうなくなっちゃったので、LAMYのターコイス色のボトルインクも一緒に。このウォーターマンには、さっそくこの美しいターコイス色を入れて使っています。

はじめてのウォーターマンにしてはえらくカジュアルなとこから入ってしまいましたが、お値段以上に気分が高まってくるのは、フランスデザインのなせるわざ、なのでしょうか。書きやすさと同時に、スタイルだって、とってもエレガントな姿をしています。透き通るピンクみたいなインクを入れて使うのにもう1本欲しいなぁ、なんて本気で思っていますよ!

2009050902 でも、日本の透明軸だって負けてはいないと思います。カスタム74は言うに及ばず。今回見つけたのはもっともっとお手頃な、パイロットペン習字ペン、定価500円です。きっと昔からある定番ペンだと思います。

コンバーターでセーラーのイエローインクを入れてみました。軸の中できれいに透き通ります。コンバーターを入れてもずいぶん身長があまるので、もっと短くしたらかわいいシリーズができるのでは?とも思いますが、この長さはやっぱり正しい持ち方のためには必要なんでしょうか。

ペン習字ペン(なんでこんな名前)というだけあって、指をここに当てるべし、な”くぼみ”がついています。

ただしペン先はEFのみ。これが、めちゃくちゃ極細なんですよ~!極細Loverな私はこの細さがもう、たまりませんのですが、ペン習字ってこんなに細字で練習するものなんでしょうか?筆圧でペン先壊してしまいそうです。

でも、これはこれで、削りたての鉛筆のような、カリリッとした書き味で結構気持ちいいです。
ほぼ日手帳の4方眼を一文字として、ペン習字っぽく書いてみると、なんだか字が美しく書ける気がする~!おもしろいですよ。実書版・美文字トレーニングにいかがでしょうか?

藍色っぽい落ち着いた色のインクを入れて、写経か写小説(?)でもしてみたくなります。勉強用にも使えそうです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, 04 May 2009

なぜ、はんこになったの?

20090504 周囲の反応もなかなかよくて、欲しいと言ってた方も多かったので、ご紹介します。今さらなのですが。

シャチハタのXstamper型USBメモリーです。シャチハタの定番の、あのお名前スタンプとまったく同じ外装を使用していて、おまけに、はんこと同じスモーキーグレーなプラスチックケースにおさまっています。
キャップを外すと、中身は2GBのUSBメモリーです。

この子がパソコンに刺さっている時の姿が、なんともあほらしくて愛らしいです。そこはかとなく、ほっこりするのです。

USBメモリーって失くしそうで怖くて、あんまり常用していなかったのですが、シャチハタはんこの姿だと、なぜか失くしそうな気がしない。

社会人になってから久しいですが、はんこはまだ一度も失くしたことがないので、根拠のない安心感をこのUSBメモリーにも感じます。

この商品の唯一の困りごとといえば、今使っているお名前はんことと全く同じ外装のため、外から見分けがつかず、はんこ押そうとしてキャップを取って”がくっ”となるところ。でもそうやって引っかかる自分が、またあほらし過ぎて楽しかったりする・・・。

もともと模型やミニチュア・箱庭(持ってないけど)などといった類のものが好きな私ですが、これは、かなりの大ヒットです。それに2GBもあれば、データもいろいろ入れて、人にあげたいかもしれない写真をストックしておいたりするのにも充分な容量ですよね。

USBメモリって、いまやおしゃれなものから食品サンプル合体型まで、いろいろなものがあって楽しいです。しかしさすがに、にぎり寿司は職場では目立つでしょう、と思っていたがシャチハタ型とはよく思いついたものですよね。身近なものとの合体は、意外に思いつきそうで見落としがちな着眼点だ!と感動しました。
ふでばこの本を読んだときも、無印けしごむにUSBを埋め込んでしまった人の工作に、なぜか心惹かれてしまったのでしたが、それに通じるものがあるな・・・。

私はこの商品を楽天のお店で買ったのですが、そこではもう売り切れているようです。が、本家シャチハタのサイトの中の「アンテナショップ」でまだ取り扱いがありました。こちらもいつか売り切れてしまうかもしれないから、ストック用にもうひとつ買っておこうかなぁ、と悪だくみしている私です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »