« May 2009 | Main | July 2009 »

June 2009

Saturday, 13 June 2009

すみれ色キャップレスを迎えて。

20090613便利なノック式万年筆、キャップレス・デシモ。
ノックボールペンのように気軽に使えるところと、携帯に便利なところは当然お気に入りですが、なんといってもペン先の具合がたまらなく好き。特に、Fの細字のつくりが、なんというかとっても好みです。

どのへんが素敵かというと、ペン先全体はとても小型なものなのに、強めの筆圧でも安心して使える強靱なところが頼もしいのです。
デシモでこれまでに持っているのはアイスブルーのFとパールホワイトのMですが、携帯性と速記シーンから考えてもだんぜん、Fの出番が多く、Fでもう1本ぐらい持っていてもいいなあ・・・と考えていたところへ、「阪急百貨店限定・すみれ色」が出たというので、早速見に行ってきました。

(と、この編のことを書いていたのは少し前のお話なのですが、強引に続けます。)

関西以外の皆さまへ勝手にご説明申し上げますと、すみれ色というのは、阪急百貨店のコーポレートカラーでして、紙袋やパンフなどは、この色を基調にしていることが多く、長らく沿線住民をやっている者としては「阪急といえば」な、おなじみカラーなんです。

宝塚歌劇界にも「すみれ」は頻出基礎用語。あまりにも、じもてぃな感じに包まれてしまいそうな商品ですが、とってもきれいな色で、ぶつよくに手錠をがっちりはめられてしまいました。

余談ですが阪急電車のほうは、車体はさつまいも色です。正式にはその車体色は「マルーン」と呼ばなくてはならないそうですが、・・・どうみてもさつまいもがつながって走っているように見えてしかたがない。

このすみれ色キャップレスの発売を知った時は正直、「なるほど、ついにそうきたのか!」と思いました。
最近、百貨店や文具店のオリジナル万年筆やインクの発売のニュースが多くて、おだやかではいられませんでしたが、ついにその波が阪急にも・・・。

さて、売り場でご対面した実物のすみれ色キャップレスは、ボディ全体にあっさりめな微粒子ラメ配合。すみれの花の種類もいろいろあるのでしょうが、とっても淡い花びらの印象です。
女性には文句なしに似合う色ですし、おしゃれな殿方が持っていたとしてもおかしくはない色だと思います。
(周囲の女性に奪われていきそうですけどね)

そしてペン先は、迷いもなくFを選びました。
試し書きされますか?と勧められましたが、運命の出会いを信じ、出された1本をそのまま連れて帰りました。

帰宅して、エルバンのインクを入れてみました。ヴィオレ・パンセがあればすみれ色コンビが結成できたのですが、なかったので、忘れな草ブルーを。

いろいろいろいろ書いてみる。
やっぱり、デシモのこのペン先は、好きな形です。とっても快適。ただ今回のペン先のめぐり合わせは、Fでもすこし太めに感じます。エルバンの流れが良すぎるのかなあ?
それにしても柔らかさとそこそこの固さを併せ持つ、筆記圧力への気遣い無用な懐の深いペン先は今回も安心して使えそうです。

まぁ、唯一、難があるとすると、塗装のつるつる仕上げ、握るあたりの部分の凹凸のない形状、指が汗ばんでいるのか(いやん)、書いているとなんとなく滑り気味になってベストキープポイントがずるずるとずれてくるところ・・・私だけでしょうか?

クリップを効果的にはさんで正しく持てればベストポイントのままでいられるのでしょうが、そこはおとなしくこまめに握りなおしながら、つきあっております。

日当たりのよいところですみれ色の微細ラメを見ていると、飽きもせず目にたのしくて、次はこれにiroshizukuの"つゆくさ"をいれたらかわいいだろうなあ、なんて思って、つゆくさインクを仕入れてきました。でもまだスタンバイ中です。

あっ。
阪急さん、どうせならオリジナルすみれ色インクも作って一緒に売り出すべきだったよね!!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Sunday, 07 June 2009

韓国・済州島へ旅してきました。

2009060702 ことし90歳になる祖母とは、海外旅行仲間です。これまでも”ボディーガード兼ガイド”という名目で、一緒にいろんなところへ行きました。

そんな祖母も最近では、もう海外はいいかな~と言っていたのですが、今年の秋でパスポートの有効期間が満了になるのを知って、その前にやっぱりどこかへ出かけたい!と思ったようで、それなら勢いで行ってしまおう!と、韓国の済州(チェジュ)島に行きました。

済州島へは、関空から直行便で1時間40分という驚きの近さです。
飛行機に乗るのが大好きで、以前ならヨーロッパへの長時間フライトの機内でも涼しい顔でくつろいでいた祖母ですが、さすがに、最近はフライトのことを考えると、旅に出ることが重たくなっていたみたいでした。

しかし、乗り換え不要で所要時間たったの1時間40分と聞くと、それなら北海道に行くより手軽!と、安心して出かける気になったようでした。

今回は2泊3日の日程です。以前、ソウルで泊まったロッテホテルがとても気にいったらしく、ホテルはロッテにしてね、と祖母からリクエストがあったので、今回もロッテホテルチェジュを予約しました。2日めのみ、オプショナルツアーで世界自然遺産などを回るコースをつけました。

関空からの直行便というのは大韓航空です。利用するのは初めてでしたが、よく噂で聞くように、機内がキムチの香りで満たされていることもなく、機内食が激辛だということもなく、至って普通のフライトでした。
そうそう、CAさんは揃いも揃って、美人さんばかりでした!

済州島までの短いフライトの間、異常にぶ厚い機内販売誌を迅速にめくり、愛用のビオテルムの保水ジェルクリームとオリジンズのスキンケアセットのお手軽な価格設定にうれし涙しながら購入していたりしているうちに、もう、済州島に到着していました。
ち、近い!これなら週末で通えるぞ。

しかし、空港での入国審査はちょっとドキドキものでした。
なぜなら、時節柄、「入国時体温検査」があったからなのです!

実は出発の朝から、熱はないのに何故かのぼせ気味だったので、これで体温が高くて、日本へ帰りなさいといわれたらどーしよう!と検査の列に並びながら考えていると、余計に悪い汗をかきそうでした。
結果は、まったく問題なく、あっさり入国を許されました。

さて、済州空港はとってもこじんまりしたかわいい空港でした。ロビーには現地のガイドさんがお迎えに来てくれて、ロッテホテルまで車で案内してくれました。

道中、なんだか、道路際がすごくきれいに花で飾られていたり、いろんな国旗があるなあと思ってガイドさんに尋ねてみると、3日後にロッテホテルの隣のコンベンションセンターでASEANの会議があり、要人がロッテホテルにも宿泊するので、警備が厳しくなっているということでした。

確かに、途中では検問があったり、私たち宿泊客もホテルを出入りするときは毎回ボディーチェックを受けなければならないなど、非日常の様子がありましたが、でも、お蔭で安全な中で旅行ができるしちょうどいいわ、と祖母も喜んでいました。
(非日常的なことを異常にたのしむ性格は、きっと祖母ゆずりだ・・・。)

この会議の関係で、ホテルでは、2泊め、支配人が急にお願いに来て、自分たちの部屋が急にヴィラスイートに引越しすることになったり、なんだかよくわからないがアクシデント満載で、おもしろい旅になりました。

ところで今回楽しみにしていたのは、いくつかの自然遺産を観光で回ること。
そして、食の部門では、何と言っても、四方を海に囲まれた島なので、魅惑的な海鮮料理の数々!
特に、「海鮮鍋」はぜったいに食べたい!とガイドブックにふせん貼りまくりで挑みました。

3日間、限られた食事機会の中、ホテルのレストラン、町中の食堂とレストラン、そして帰り際の空港の中華レストラン、といろいろなところで海鮮ものをいただいたのですが、どれもこれも海鮮だしがきいた辛めのスープに海鮮類がもったいないほどふんだんに。
どれもこれも、めちゃくちゃ美味しかったです!!

大好きなあわびが普通に、まるでしじみのようにごろごろごろごろと、ひとり用鍋に入っているのは、もう、涙が出そうな光景でした。
食べ物の話では際限なく長くなりそうなので、詳細については、あらためて旅日記と写真アルバムにまとめようと思います。

20090607 ところで今回は、トラベラーズノートのパスポートサイズをはじめて旅へ連れ出しました。中にセットして行ったのは、方眼罫ノートを1冊、そしてファスナー付きクリアファイルです。

じつは旅に出る前の1週間、「キクタントラベル韓国語―聞いて覚える旅行韓国語単語・表現集」で付け焼き刃ハングル強化学習をしていたのですが、この「キクタントラベル」の中にあるフレーズの、カタカナ発音付きハングルと日本語訳をミニトラベラーズノートにどんどん書き出していきました。

ミニトラベラーズノートは旅行中ミニバッグに入れていたので、食堂や買い物の際に、チラリと参照するのにとっても便利でした。それから、旅の間にちょこちょこっとメモするのにはこのサイズは便利でした。

ノートのページにはミシン目がついているので、夜に大きいほうのトラベラーズノートに貼り付けたりして編集しようと思っていましたが、結局、ホテルではのんびりしすぎて、何も手をつけられませんでした。結局、レシートや見学先の入場券、現地でもらってきたパンフや箸ぶくろ、お砂糖の袋など紙系のものと、写真を小さくプリントしたものを貼り付けて、帰国後にちまちま編集をしています。

ところで定評あるキクタンシリーズですが、このキクタントラベルはおそらく新刊。まだ、韓国語版しか出ていないようです。

この本、とってもいいです。私はハングルはとうぜんできなくて、ハングル文字も記号にしか見えないような超・初心者でした。
付属のCDをiPodに録音し、旅の超基礎会話から単語、やや長めの例文までリズムに乗って聞きながら1週間通勤した結果、買い物やレストランでの会話ぐらいはできるようになりましたし、現地で、ガイドさんが電話で話していることや、テレビドラマの中の会話でも、「あっ、いま○○って言ったな」とかが聞き取れるようになっていたのが、我ながら、なんだなんだ?と驚きですよ!

そして、記号にしか見えていなかったハングルも、本の説明をくり返し見ていたら、なーんとなく、つくりがわかってきました。
なんだかすごい進化だと思いませんか?おそるべし、キクタン効果。
この種火を消さないように、引き続き勉強しようと「韓国語のスタートライン 」という本を買ってきましたが、さて、どこまでいけるか?

しかし海鮮鍋はまだまだ何度でも食べたかったし、済州島はこんなに気軽に行ける魅惑的な島だということがわかったので、それを支えに、ハングル勉強してまた行こう、と、のりやすい私はそんなことを考えていたりしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2009 | Main | July 2009 »