« 旅と雑貨の本とカメラの悩み。 | Main | 伊東屋お買い物日記・2009夏(事務用品篇) »

Wednesday, 22 July 2009

レトロが素敵な万年筆。

200907225月に訪れた旅先の商店街で、万年筆を置いているお店をみつけました。そのときは、時間の都合でゆっくり見られなかったのですが、店の奥までショーケースがあり、少し見ただけでも、時が止まったような、素敵に古い万年筆たちがいるのを確認!

これはぜったい、もう一度見に来ようと心に決めました。
そして先月、再びそのお店にお邪魔する機会に恵まれたのです。

日曜ののんびりした時間の中、あれもそれも見せてほしい、という私に、お店の素敵な老夫婦がのんびりつきあってくださって。

見れば見るほど素敵な昔の万年筆が出てきて、いくつも気になる万年筆がいたけれど、苦渋の選択で選び抜き、2本だけ連れて帰って来ました。あとは、また行く時のお楽しみに。

選んだうち1本は、短いクリップとキャップをぐるっと一周するレリーフのたたずまいが妙に気に入ってしまった、シェーファーです。シールもついたままだったのですが、620 XGと書かれています。ペン先は14KのFINE。
つや消しなのにきらんと光るシルバーボディにゴールドの部分使いが、そこはかとなくレトロなお嬢様~。

ペン先がかなりの角度でくりんと上に反り返っているので、最初びっくらこいたのですが、それがこの子の通常形だそうでして。
不幸にも落として曲がったのかと思ったよ~。(←不勉強。)

他にも、どう考えてもヴィンテージな様子の古いペリカンなど、いろいろ気になるデッドストック状態の万年筆があったのですが、今回、このシェーファーに決めたのは、お店のおばちゃんのおすすめトークに、何かとっても惹かれるものがあったからです。

この反り返ったペン先は、とっても柔らかくいい字が書けますよ、とか、大人になっても(おばちゃーん、わたし、既にいい大人ですが、きっと、艶が足りん、ということだよねぇ~。)年取って力が入らないようになっても、きれいな字が書けるよ、と、妙に説得力のあるお話に、そうだ、きっとそうに違いないわ、という気持ちになりました。

年老いた自分がこのペンを使って孫やひ孫(いるか?)に入学のお祝い手紙を書いているようなのも素敵だな~、と、果てしなく先の想像をして、なんだかおかしくなりました。

パイロットのCON-20のような、ゴムチューブ式コンバータも当時のそのままついていました。見た目はそれほど朽ちている感じはなかったのですが、ゴムの劣化はありえるかも、カートリッジで使い始めました。

シェーファーのブルーって、すごく、落ち着いているけど決して地味でない、透明感のある濃淡が美しい色だと思いました。
万年筆のほうは細すぎず太すぎず、すらすら書けていて、インクの出も、とくに問題はなそさうなのですが、ごくたまーに、書き出しのインクがやや出にくいときがあるような気がします。
今度、ペンクリニックでまた診察してもらおうと思います。

って思っていたのに、7月に近所であったペンクリニックの2連発、どっちもすこーんと忘れてました。あほだわ・・・

また、お店のおばちゃんと話しに行きたいな。夫婦で支えあっている感じがほのぼのな旦那さんも、口数少なな息子さんも、みんなしてのんびりと相手してくれる、素敵なお店なんです。
いつまでも元気でいてほしいな。夏の間に、また電車に乗ってのんびりと旅に行こうかな。

|

« 旅と雑貨の本とカメラの悩み。 | Main | 伊東屋お買い物日記・2009夏(事務用品篇) »

Comments

こんばんは!
これまた素敵なペンですね~
これはレディシェーファーですか?
外観は違うのですが、わたしが持ってるのとクリップやペン先が似ています。(違っていたらごめんなさい)

ペンクリニック残念でしたね。
知っていれば、前日にコールしたのに~(笑)


Posted by: USA | Friday, 24 July 2009 at 11:46 PM

こんにちは。
シールに”L.SHEAFFER”って書いてあります。このLってLADYのLなんでしょうか??
だとしたら、姉妹ですねきっと!!!

お店のショーケースの中にも、この姉妹らしい子がわんさといました。
みんな軸の色とか、彫り物、じゃなくって、レリーフがちょこっとずつ違うので、どの子も愛らしく見えて後ろ髪ひかれました。
店ごと持って帰りたい気分でしたよ、ほんとに。。。。

Posted by: はるる | Saturday, 25 July 2009 at 04:36 PM

こん○○は、USAさんの所からびゅーんと飛んでまいりました。三国一のレディーシェーファー馬鹿ことどーむと申します。

推測通りレディシェーファー620XGで正解です。
年代によってはただ620と呼ばれていた時期もあります。
http://blogs.yahoo.co.jp/ttokondo/52431438.html

レディーシェーファーは反っていてナンボです。この書き味が変態ペン好きにはたまりません(笑)もしよろしければ我がブログにレディーシェーファーが並べてありますので御覧下さいませ。
http://blogs.yahoo.co.jp/ttokondo/59295803.html
http://blogs.yahoo.co.jp/ttokondo/57915936.html

Posted by: どーむ | Monday, 27 July 2009 at 01:20 AM

どーむさま

はじめまして。正式名、教えていただいてありがとうございました。
そしてブログの記事も拝見しました!
なんだか、神々しいお写真で、同じ子と思えない・・・

この反り具合のせいなのか、とってもふわふわして不思議な書き味で、ちょっと未体験ゾーンな感じがします。
今のとこ、この子にあわせて強すぎる筆圧の方を押さえるのに気を使いますが、そのうち手が慣れてくれると思います。

またブログにもお邪魔します&勉強させてもらいます。これからもよろしくお願いします。

Posted by: はるる | Monday, 27 July 2009 at 08:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24687/45712280

Listed below are links to weblogs that reference レトロが素敵な万年筆。:

« 旅と雑貨の本とカメラの悩み。 | Main | 伊東屋お買い物日記・2009夏(事務用品篇) »