« 西暦2010年のパートナー。(その1:ほぼ日手帳研究) | Main | 欧州の旅より、帰国しました。 »

Saturday, 12 September 2009

ほぼ日カバー見学ついでに、くまをいっぴき。

(ん?くまの単位は1”匹”でなく1”頭”だろうか??)

20090909 ほぼ日ストアにて、2010年版ほぼ日手帳とカバーのオーダーを済ませました。
先日のファーストインプレッション以後、いろんなカバーへの”いいなぁ”が二転三転した末に、来年のチーム構成はこんな感じになりました。

■ほぼ日手帳オリジナル(文庫サイズ)
・オリーブ(pigskin)月曜始まり版セット
・グレープ(OHTO)革カバー
・ボタンステッチ(ストライプ)ファブリックカバー

■ほぼ日手帳cousin
・サファリ×スカイブルーセット
・ブラウンドットカバー

ちょっと買いすぎたかな?
他には、Multi8海外仕様。日本仕様も持っているけど、あのポップな感じがたまらなくて、買ってしまいました。

2009年は、赤い革のカバーで使ったほぼ日手帳。いまは、夏の水玉にお着替え中です。

だけど、そろそろ秋風が吹き渡るようになってきたので、また赤革に戻そうかな・・・
この2009年の赤革カバーは、こらえきれずに予備をもうひとつ買ってしまったほど、お気に入りど真ん中な色で、きっとこの先、年が変わっても、しつこく取り出して使うだろうなと思います。
ちなみに、これまでの歴代ほぼ日カバーは、仲良く箱にまとめていて、たまに箱を覗いては、季節に合わせて着替え案を練ったり、他のノートに着せたりして遊んでみたり。

なんていう風に、ほぼ日手帳を買い始めた2005年から、際限なく増えていくカバー。
はじめはおとなしく一年一冊でとどまっていたものの、最近は、季節や気分に応じて着替えさせたい、という誘惑に勝てず・・・
我慢は体に悪いので、(うん、上手い言い訳だ。)例年、革カバーを通年メイン用に、そして、ナイロンカバーやプリント・ファブリックカバーをお着替え用にと揃えるのが、ここ数年のほぼ日手帳のお買い物の楽しみなんです。

オリーブのピッグスキンの革は、2010年のカバーラインナップ動画の中で、まず初めに心惹かれたカバーでした。
なんともいえない味わいありげなオリーブグリーンが興味深くて、ほぼ日ストアでのオーダーは早々にしてしまいましたが、現物を見るのを楽しみにしていたのです。

そしてようやく対面した現物は、想像以上に素敵でした。
思っていたよりも1.5段ほど明るいグリーンで、オリーブグリーンに草色を配合したような、シックだけども明るい印象の色だったので、「現物が想像と違っていて、心が揺らいだらどうしよう!」
という不安は一瞬にして吹き飛びました。
サンプルはビニール袋に包まれたままで、実際になでなでしてみることはできませんでしたが、ビニール越しに観察した限りでは、革のきめも美しくそろっていて、ああ、きっと、これは手触りも極上に違いないわ、と期待を増大させて帰ってきました。

そして、同じぐらい気に入っていたグレープの革。オリーブ革と迷い、どちらかに絞りきれず、「2010年も頑張って働きますからお許しください。、そして、来年こそ節制しますから!」と”お楽しみを1年分前借りする気分”で、思い切ってOHTO型押しバージョンをストアで一緒にオーダーしてしまいました。

こちらの店頭現物も、がっちりとビニールにくるまれたままで、手触りはよくわかりませんでしたが、色味はwebの紹介写真で見るあずきっぽい色よりも、もっともっと、むらさき色でした。
某大学さんのスクールカラー「紫紺」 (こんな色)に非常に近い色かも。
(大学生協とタイアップしたら、在学生さんに飛ぶように売れそう。自分が生協の白石さんだったら、店頭に絶対POPつくるな~。)
まあそんな、100%グレープジュース(ウェルチあたりの)的なぶどう色です。ああ、ぶどう狩りに行きたいな。深くて綺麗な紫色でした。
こんなランドセルがあったら高貴で素敵だろうなあ。
まさにこれからの、秋が深まる季節に早速使いたい。そんな気分にさせられる、素敵な素敵な色のカバーでした。
ロフトでそのまま買ってしまいたいのをぐっとこらえ、OHTOぐまの型押し付きの到着を気長に待つことにします。

そしてもうひとつ、MORIKAGE SHIRTシリーズのボタン・ステッチ(ストライプ)。
これは、来年の初夏から夏の衣替え用に。実物ボタンが縫い付けられていると思っていたら、ボタン風ステッチだったのですね。
細かい芸だなあ。ここの部分の、「袖とボタン」みたいな表情がいかにもシャツらしくて気に入ったのと、ラベンダーのストライプが大好きなので、決めました!
このシリーズはロフトにはおいていないので、ストアからの荷物がとどくまで、楽しみはおあずけです。

それから、カズンのカバーは、サファリ×スカイブルーと、ブラウンドットにしました。でもカズンのカバーは、かなり縦方向にかなりのゆとりがあったのが、ぴっちりサイズのカバーが好きな自分としては、ちょっと気になっています。そのうち、キツキツの革カバーをオーダーしちゃっているかもしれません。

それにしてもカバーでここまで人を舞い上がらせるなんて、おそるべしほぼ日手帳。しっかりのっかっている自分もこわいけど、楽しみがたくさんだからいいや!

ロフトでの現物チェックの記念に、ほぼ日ペーパー(ズ)とカズン用OHTOクリアファイルだけ買ってきました。
この「ペーパー(ズ)」、のりで接着している仕様で、ノートと言うよりはメモ帳か、薄手のスケッチブックみたいな物体でした。長期保存用に何かを書くというよりは、どんどん書いてじゃんじゃん切り離して!みたいな使い方がいいんだろうなぁ。
しかしそのわりには、かなりしっかりとした紙なので、あんまり粗雑な使い方はしづらいわ・・・
ちなみに万年筆で書いてみましたが、まったく裏うつりなどなく、素敵に筆記できる頼もしい紙です。この紙で、この容量だと思うと、とってもバリューなプライスかも!

中身の一枚一枚に入ったくまのシルエットが、控えめでかわいいです。表紙バリエーション3色の中の、黄色×ネイビーのルフトハンザ配色を一冊買って来ました。そう、もうすぐこのルフトハンザに乗って旅に出るので、メモ帖(あんど筆談用に)このルフトハンザぐまを持って行こうかなと思っています。

あーしかし、準備が何もできてない!やっと、旅の宿が揃ったところ・・・・荷物なんかはこれから作るのだ!
今日は、向こうで使うポジフィルムの買出しに行きます。

|

« 西暦2010年のパートナー。(その1:ほぼ日手帳研究) | Main | 欧州の旅より、帰国しました。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24687/46168644

Listed below are links to weblogs that reference ほぼ日カバー見学ついでに、くまをいっぴき。:

« 西暦2010年のパートナー。(その1:ほぼ日手帳研究) | Main | 欧州の旅より、帰国しました。 »