« 西暦2010年のパートナー。(その3:ロンドンで出会うスマイソン) | Main | 海の向こうへ思いをはせて。 »

Thursday, 22 October 2009

西暦2010年のパートナー。(その4:能率手帳ゴールド小型・3年生)

2009102202_2 思いがけずやってきた桐製手帳保存箱が、使い終えた毎年の手帳でぎっしり・・・を目指して、来たる2010年も能率手帳ゴールドを使います。

1年目の2008年は小型版、2年目の今年は通常サイズをそれぞれ使ってみました。
両タイプを使ってみた感想ですが、自分には小型版のほうがしっくり来るとわかりました。

国産の細字で濃い色のインクで、予定や文字をこまかくこまかく書き込む楽しさは、万年筆で書いて愉しい能率手帳専用用紙ならでは。
紙の面積が狭いので、文字でぎっしり埋まったときはいいようもない達成感があります。

ということで、2010年はまた小型版を選びました。
サイズは違うのにお値段は同じで、小型版のほうがちょっと損してる気分なんですけどー。ぶー。

2010年版から、表紙に刻まれた年号の一文字目が「0」から「1」に変わったのが関係あるかどうかわからないけど、なんだか表紙がとてもすっきりして見える気がする。
この年号の数字、どこまで増やしていくことができるのか、自分のこれからの人生を考えるととっても楽しみになります。ロマンだなあ。年を重ねてもきっと、ずっとこの手帳は変わらずそのままなんだろうな。

現実に、2010年版から週番号がついた以外、他はこれまでといっさい変わっていませんでした。この頑固さ、あっぱれです。もともと能率協会の社内でも、役員になったら配給されたというこのゴールド手帳に対して、小娘の分際で、ここを変えてほしいとか、がたがた言うのはまだ数十年早いわい!と怒られそう。

高橋書店や、この能率協会の手帳はISBNがついていて「本」扱いなので、(だから本屋さんにおいてあるのか!)これまでは職場の書籍割引注文制度を利用して取り寄せていました。(お値段張るので・・・)
今年は、伊東屋さんの9月の手帳フェアのときにちょうど東京にいたので、ここぞとばかりに売り場で名入れをしてもらいました。書体はいつもの大好きな筆記体、そしてやっぱり金文字で!
これぞゴールド手帳という風情に仕上がりました。

2010年版の羊革は、2009年のものよりも革表面の「格子状の表情」が明確で、それ自体が模様のようにも見えるぐらい、独特な固体があたった感じです。今年の革はみんなそうなのかなあ?でもきっと、一冊一冊違う表情なんだと思います。でも手触りはいつもと同じ、やわやわしとしとふわふわな感触。来年1年かけてこの革がどう成長していくのか、とっても楽しみです。

最初は、「革が素敵なのはいいとして、ちょっとおじ様的すぎじゃない?」と心の中で思っていたこのゴールド手帳。3年目ともなると黒と金というこのたたずまいが、”ちょっとブリティッシュかも?”とかわいく思えてきたから不思議。自分の名前も入れてもらったから、ますますいとおしくなりました。

さて、これまでにご紹介したほかの手帳メンバーと、いったいどのように組み合わせるのかという課題について。これはとっても大きな問題だったんです。自分のまいた種とはいえ。
で、最近決めたルールはこのようになりました。
仕事用の手帳(クレスト)プライベート用手帳(スマイソン) 、それから、その他のノートに分散して記載している、スケジュールや日々の記録(買った、読んだ、行った、食べた、思った、調べたいこと、行きたいところ、などなど)をのちのちこのゴールドに集約する、という使い方にしています。そしてそれらをさらに10年日記に記録します。

以前は、紙やデザインにひかれ、いろんな手帳を使いたくて、全部を同時に使い(あほだ。)、予定や記録があっちこっちで混在するわ分散するわで、最終的に何を見ればいいのかわからなくしていた時期がありまして。
こんなことじゃだめだ!でもいろんな手帳が魅力的だからひとつになんて決められないよぅと弱音を吐いていたら、「用途だけでなく、使用するタイミングを分ければいいんだ!」という超・基礎的な鉄則にはっと気がつきました。

こうやってそれぞれの役割分担を決めてから、ゴールド氏を見れば予定やスケジュール、そのときあったことの大筋がつかめ、もっと詳しく知りたいときはそれぞれの別の手帳をさかのぼるというようになりました。
そしてゴールドは手帳チームを代表して桐製手帳保存箱に入り、人生の記録となるのだわ!(うーん、壮大!)

一種類の手帳に集約している旦那は、この複数手帳使いを見て、いつもあきれているようですが、この方法で交通整理ができれば、他の魅惑的な手帳もあきらめず併用することもできて、私としては、あーすっきり!

帰るところが明確なので、安心して浮気できるというところでしょうか。
あくまでも、断じて手帳のはなしです。

|

« 西暦2010年のパートナー。(その3:ロンドンで出会うスマイソン) | Main | 海の向こうへ思いをはせて。 »

Comments

こんばんは~。

はるるさんの手帳ばなし、いつも楽しみにしています。
数々の手帳たち、どうやって使い分けているのか知りたいなぁと思っていたので興味深く読みました。
これからも途中経過など教えてくださいね。
楽しみにしています♪

Posted by: tenn* | Saturday, 24 October 2009 at 09:51 PM

使い分け、というには程遠くて、あれもこれも好き、だから全部使いたい!というわがまま先行型の試行錯誤です。。。
その後どうなってるか、またツッコミ入れてくださいね!
tenn*さんのように、自作する腕があればな〜!

Posted by: はるる | Sunday, 25 October 2009 at 08:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24687/46554031

Listed below are links to weblogs that reference 西暦2010年のパートナー。(その4:能率手帳ゴールド小型・3年生):

« 西暦2010年のパートナー。(その3:ロンドンで出会うスマイソン) | Main | 海の向こうへ思いをはせて。 »