« 西暦2010年のパートナー。(その4:能率手帳ゴールド小型・3年生) | Main | ぶどう、オリーブ、ストライプ。 »

Saturday, 24 October 2009

海の向こうへ思いをはせて。

20091024 こないだの欧州旅行では、日本にない文房具との出会いも楽しみのひとつでした。

が、お店で出会うものは意外に日本メーカーの海外仕様のものが多く、思わず「営業がんばってるなあ」と、仕事ちっくなことを考えてしまうぐらい、店頭での勢力を誇っていました。

ヨーロッパメイドのものを買うぞ!と意気込みすぎていたため、海外仕様の商品をひとつも買わずに帰ってきました。あとになってから、「記念にいくつか買っておいてもよかったのにあ」とちょびっと後悔していたところへ。

タイミングよく、LOFTの筆記具コーナーで「日本メーカーの海外仕様ペン特集」というフェアを開催しているところを通りかがりました。

「プラマン」のパールカラーやマットカラーの外装多色展開とか、フリクションシリーズ派手色唐草模様風デザインなど、いろんなデザイン違いの商品がディスプレイされていました。その中で、爽やかさにひかれたのがこちら。

ペットボトルのようなデザインの「B2P(Bottle to Pen)」というジェルインキボールペンです。
これは、こないだ通ったどの国でも売っているのを見かけなかった!
ちなみにMade in Franceって書いてあるので、フランス工場で生産されているようです。立派にヨーロッパメイドだわ!

Pilot Corporation of Europeのサイトでは、いろいろな海外仕様商品やCMも見られるのでたのしいです。しゃべり重視のCMは、日本ではあんまり最近取らない手法のように思いますが、海外へ行くと、洗剤でも車でも食品でも、製品がいかに優れているかやその特徴を、CMじゅうずっとしゃべっている、というパターンが結構多い気がします。ポスターにも「そのデザインは?」と思ってしまうようなのもあり、お国柄の違いだなあ、と思ったりして、企業サイトを見るのも結構好きなんです。

ペンのまんなかあたりには、ミネラルウォーター風のラベルが貼ってあるのがいかにもペットボトルらしい。
手にとって試し書きしてみると、あまりの書きやすさに「おおっ!」と感激。
書きやすい、というよりも、なぜかとっても握りやすいのです。

ペットボトルの再生材をボディ本体の原料に使用したという、環境に配慮した商品シリーズのようです。こういうコンセプトは、日本よりも海外のほうが支持されるのかなあ?

日本のサイト内にはこの商品を紹介したページは見当たらないのですが、PILOTのIR情報のページに、海外戦略商品としての説明と写真がありました。
そのページにある写真の、ミニペットボトルに実際の入ったペンのディスプレイは、LOFTの売り場にも飾ってありました。透明感があっておしゃれだった!

ペットボトルを模したデザインの凹凸が、うまい具合に滑り止めの役目を果たしていて、そのため、指に絶妙に固定されるのが感動的でした。やや太めなデザインであることも、ちょうどにぎりやすくていいバランスを作り出しているのかも。

滑り止めにゴムのグリップなどを使わずとも、こんなにデザインと機能が一体化した商品があったなんて。日本で販売していないのが惜しすぎる!そのうち日本でも定番化されないだろうかと淡い願望を抱かずにはおれません。

とりあえず、日本での取り扱い品目にエントリーされるまでの在庫をストックしておくため、0.5mmのブルーを3本、赤・黒を各一本、入手してきました。レフィルは日本で販売されているもので合うようなので、ボディを壊さない限り、ずっと使っていくことができるのが嬉しい。

LOFTでの販売価格は150円でしたが、イギリスの通販サイトでは、£2.02で販売されていましたので、これは輸入価格ではなくて日本価格で販売してくれたということなんですね。
(そういうことなら、もっと買っておけば良かったかな?)

ひさびさに、エコノミークラスに放たれた爽快な特大ヒット(自分の中で)!
全国のLOFTで同じフェアを開催しているのかは定かではないですが、ジェルペンがお好きでグリップゴムがどうしても・・・という方には、強力におすすめしたい商品です。
そしてPILOTさん、日本での販売、楽しみに待っています。

|

« 西暦2010年のパートナー。(その4:能率手帳ゴールド小型・3年生) | Main | ぶどう、オリーブ、ストライプ。 »

Comments

これ、パリの文具屋では売ってたんですよー。
なんとなくスルーして帰ってきてしまい、でも伊東屋で見かけたら急に欲しくなってきて...ロフトで売ってるなら今度こそ買って来ようと思います。

Posted by: ほしの | Saturday, 24 October 2009 at 10:52 PM

やっぱり、フランスだと売ってたんですね。
ヨーロッパの人がどう使ってるのか見てみたい!
そして、伊東屋さんでもおいてあったの?
じゃあそのうち日本でも定番化されるかなあ、楽しみだ !

Posted by: はるる | Sunday, 25 October 2009 at 08:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24687/46570555

Listed below are links to weblogs that reference 海の向こうへ思いをはせて。:

« 西暦2010年のパートナー。(その4:能率手帳ゴールド小型・3年生) | Main | ぶどう、オリーブ、ストライプ。 »