« ちょっと大人のみつばちトート | Main | 真鍮のペンケース »

Sunday, 14 March 2010

さくらもちインクの季節

20100314

四国に続き、九州でもさくらの開花宣言が。春が速度を上げてこっちへ向かっている今日この頃。

今年はまだ雪を見ていないし、バンクーバーの熱戦の感動もまだ続いているので、冬を送り出す気になれず、後ろ髪は引かれたままです。といいながら、春への期待も日に日に高まるところ。とりあえず、いつ春宣言されてもいいように、万年筆は春支度をすすめておきます。

この季節になると取り出すのは、インク工房で作っていただいた「櫻餅」。

このインクのお供の万年筆は、ナガサワさんオリジナルのPenStyle2006 "MINE WHITE"です。もう長らくこのコンビでやっています。(去年の記事はこちら。) 

このMINE WHITEは、白い陶磁器のような本体、ショートサイズなのに書きやすいところ、金具部分の柔らかなピンクゴールド、そして、ナガサワさんオリジナルのしるし、風見鶏が刻まれたペン先と、私の好みの要素がぎっしり詰まったお気に入りペンなのです。買っておいて本当によかったなあ、といつも思える大好きな一本です。

さて、このインク、表向きには、濃い目の桜の花をイメージして作っていただいた色です。なのに名前はなぜか「櫻餅」・・・。

インクをブレンドして作っていただいている間に、さくらの花の事を考えていたはずが、どんどん「さくらもちの色にしようかなあ」と邪念が働いていき、「ちょっとだけ白っぽくしてください」などと、お願いが脱線していきました。

白っぽくしてもらったのは、さくらもちのお米がさくら色に染まったところの色を想像して。どんだけ食いしん坊なんだ!

本当はもっときびきびと、ひと瓶を迅速に使い切って、同じレシピでオーダーするほうが望ましいのでしょうが、こういう系統の色は、そんなに日常に使えるシーンも限られます。季節をいくつか越え、インク工房で作ってもらった時よりも、少し色は濃くなりました。でもそれはそれで熟成の賜物ともいえる良い色だと思えます。
手帳やノートに華やかさを添えたいときや、親しい友達へのカジュアルなお手紙などに活用しています。

ちょうど、今年のほぼ日手帳の3月のページの印刷色は、このインクにとてもよく似た色です。その偶然も面白くて、ページをさくらもち色でどんどん埋めていきたくなります。

これからの季節、いろんな種類のさくらもちを食べられるので、楽しみです。(そっちなのか・・・)

|

« ちょっと大人のみつばちトート | Main | 真鍮のペンケース »

Comments

パイロットの蒔絵シリーズの「桜吹雪」を手に入れたたのに合わせて、セーラーの春の新色「桜森」を購入し使っています^^

Posted by: norick | Saturday, 20 March 2010 10:56 AM

それは素敵な共演です。桜の満開の時期が待ち遠しくなりますね。蒔絵の万年筆、綺麗でしょうね〜!

Posted by: はるる | Saturday, 20 March 2010 10:17 PM

こんにちは!
ナガサワさんの白い万年筆、上品な色と
短くて可愛いサイズですね♪
今の季節にぴったりです。
桜餅いろのインクで文字を書くと、春到来の嬉しさもこみ上げてきそうです。

今年の桜餅も楽しみですね(^-^)/

Posted by: ここあ* | Monday, 22 March 2010 02:08 PM

ついに、我らが地域も開花宣言、出ましたもんね~。
このコンビは、私のなかでも最も「乙女な領域」に入るセットです。
桜餅、おいしいお店あったら教えてください。うふふ。

Posted by: はるる | Monday, 22 March 2010 05:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference さくらもちインクの季節:

« ちょっと大人のみつばちトート | Main | 真鍮のペンケース »