« STATIONERY magazine No.006 | Main | Pelikan griffix »

Sunday, 25 April 2010

包み込む手帳でスクラップノート作り

2010042602 今度行きたいお店や場所のスクラップを、そのまま外出に持ち出せるような仕立てで気軽に作れないかなとずっと考えていて、システム手帳にストックしてみることにしました。

システム手帳にしたのは、エリアごとに並び替えたり、場合によっては中身だけ連れて行ったりできるのが便利かなあと思ったためです。

雑誌に載っていた行きたい所がいろいろありすぎて整理に困り、いざ時間が取れたときには「あのお店、どの本に載ってたっけ?」と情報に到達するのも一苦労、という整理下手をなんとかすべく、お気に入りの手帳にその任務を担ってもらうことにしました。

選んだのはknoxbrain(ノックスブレイン)「包み込む」シリーズのオーガナイザー、バイブルサイズです。

このシリーズ、以前に店頭で手にとってみて、あまりのベルベットな手触りに結構びっくりしたのですが、なんというか、非常にウェッティな革なんです。水分量多めといいますか、なんとも吸着感のある表面をした革で、”手に吸いつく~!"とちょっと怖い感じの手触り感ですが、なでなでしているとそれがとっても心地良くなってきたりする不思議な革なのです。

素材感としては、土屋鞄のオイルヌメシリーズに似ているかも。でも、こちらの方がしっとり感はさらに高めな感じです。

色はデザートというベージュグレーなお色を選びました。最近、knoxbrainの革小物はベージュ、アイスグレーやこのデザートなど、乾いた控えめの色が豊富に揃っているので、色おさえ目気分で小物を持ちたい心境のときには、ここの棚をよく見てしまいます。普段は、革小物は断然ボルドー系が多い私ですが、時折こうやって無彩色にそこはかとなく惹かれるときがあります。

中身の金具は、16mmのやや小さめリングで、密かにうれしいKRAUSEのパーツが使用されています。三つ折りのカバーに巻かれた革紐は、くるっと金具に巻きつけて留めるという”事務封筒スタイル”です。このレトロ感あふれるスタイルも、実はこの手帳にひかれてしまった理由です。

三つ折を開いた内側には、切れ込みが二段あり、上段の背の高い方には万年筆や定規などをしっかり収納することができます。下段の背の低いほうにはミニはさみや付箋などを入れておくと、切り貼りにも便利かも。

紐で巻くスタイルのお蔭で、多少、内容物がふくれ上がってきたとしても、それはそれで味があっておかしくないかもしれません。もしもそうなってきたならば、ポーチと割り切って、どんどんいろんなものを詰め込んで使うのもいいなあと思っています。

革がしなやかでかっちりした感じはなく、手帳を持っているというよりもノートがそばにあるような気分なので、構えずに楽に使えそうで、そのあたりはトラベラーズノートの気楽な存在感に通じるものがあると思います。トラベラーズノートは、長めの旅の時には持ち出して、現地で貼り付けたり、旅日記を宿で書いたりするという使い方ですが、それまでの予習を主に担当してくれるのがこの「包み込む手帳」、といったチームワークになりそうです。

このオーガナイザーのちょっとうれしかったおまけの出来事は、付属品として同素材のカードケースがついていたことです。本体の内側の切れ込みに収納して使うことも、取り外して単体で使うこともできます。付属品と呼ぶにはとても豪華なしろもので、これはさっそく独立させて、通勤の定期入れとして使ってみることにします。

日頃、綴じ手帳を使っているので、システム手帳用の素敵なレフィルの数々を使うチャンスがなくて残念だったりするのですが、家にいろんなレフィルの在庫があるので、それを今回使うことができるのも、わくわくしているところです。
今、この手帳にセットしてみたのは、Bindexのホワイト無地レフィル。このレフィル、「経済的な100枚パック」ではありますが、そこは能率手帳が誇る「オリジナル能率手帳用紙」を使用、と謳われるだけあって、万年筆のインクが本当にきれいに発色するありがたい紙なんです。お店の情報などを極細の万年筆を使って書き込んで行くのが楽しくて楽しくて、スクラップがいますごい速さで進んでいます。
連休には、これをもっていろんなところへ出かけるのだ!

|

« STATIONERY magazine No.006 | Main | Pelikan griffix »

Comments

はるる様

毎回、はるる様の書かれたものを読むと、欲しくなってしまいます~~~。

これも欲しい!(LOL)

めちゃくちゃ、書類の整理が下手なんです。捨てられないのが、まずいんですねぇ。

knoxbrainの製品は素敵ですよね。私は柔らかなパープルの筆入れを持っているのですが、大のお気に入りです。ザクザク大切なペンを入れています。

葉っぱのインクと桜餅のインク、阪急に出かけたときに聞いてみます。ありがとうございました。

Posted by: TAMAMI | Tuesday, 27 April 2010 02:02 PM

TAMAMI様

パープルのペンケース、カロスシリーズのものでしょうか?
じつはこの手帳といっしょにノートカバーも注文したのですが、そのときピンクとパープルとで最後まで悩みました。
結局ピンクにしたのですが、パープルにもものすごく後ろ髪をひかれています。

私もめちゃくちゃ整理下手で、捨てるの大の苦手なんです。
だから、用具をそろえて楽しもうと・・・まったくもって、不純な動機です。

Posted by: はるる | Tuesday, 27 April 2010 11:03 PM

はい、
ペンケース、カロスです。
一目惚れでした。
さわり心地もよいです。色も萌えですよん。

Posted by: TAMAMI | Wednesday, 28 April 2010 01:30 AM

それは、毎日おそばに置きつつ、なでなでしたい存在ですね!
ペンケースって手に取る機会がとても多いので、さわり心地は重要なポイントですよね!

Posted by: はるる | Thursday, 29 April 2010 08:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 包み込む手帳でスクラップノート作り:

« STATIONERY magazine No.006 | Main | Pelikan griffix »