« タイムスタンパーなるもの | Main | 包み込む手帳でスクラップノート作り »

Saturday, 24 April 2010

STATIONERY magazine No.006

20100424

ついに6号となった、ステーショナリーマガジン No.006を買ってまいりました。

最近は、発売日に職場に届けてもらうよう予約をしています。それは便利で良いのですが、他の人の注文した本と一緒に、職場にまとめて届くことに加え、袋に入らずそのままやって来てしまうので、何を読んでいるかがいつもバレバレなのが困りもの。
(上司も鉄道ファンと鉄道ジャーナルを両方購読していたりしますが・・・。2冊の違いを熱く説明されたけど、忘れました。)

席まで運んできてくれる同僚は、「また文房具の本?」と思っているに違いない。

しかも今回は表紙に、「文房具が大好き」とでかでかと明示されているではありませぬか。もう、言い訳のしようもありません。だって、本当に文房具が大好きなんだもん!

さて、途中、こらえきれず電車の中でも広げ、家に持ち帰り、ようやく何周目かを読み終わりました。

読後の(食後の?)感想はというと、満腹感と飢餓感が同居する、不思議な感覚に包まれています。

いつもと同じく、最新文具からちょっとコアな業務用商品まで、筆記具・各種お道具・紙製品・机上用品などをまんべんなく網羅した内容とともに、日本各地を代表する奥深い文房具屋さんの紹介もあり、それはそれは果てしない文房具世界を一冊に凝縮した感じ。

次々とページをめくりながら、「わあ、これ欲しい」だの「見に行きたい!」だの、はやる心を抑えることは難しい作業ではありましたが、それと同時に「文房具、家にいっぱいあるな・・・」ということもあわせて思い知らされました。

”文房具好き”たる者、次々と新しい品物を導入して、その新たな使い心地に酔いしれるのも至福の歓びかとは思いますが、それと同時に、やはり、持っているものをしっかりと活用してなんぼ。ということを自省を込めて胸に刻みました。
そういう意味合いにおいては、文房具屋さんに駆け出す前に、この本をじっくりとめくり、「ほんとーにいるんだな?ちゃんと使うんだな?」と意思確認をしつつ、時間をかけて文房具選びが出来る、そんな使い道をすることもでき、安心・安全な一冊かと思います。

とかいいつつも、気になる商品がたっくさんあったので、紹介します~。(←全然こりてない!?)
まずは、究極シンプルな板チョコ風お姿がかっこいい、キヤノンの黒い電卓「X-Mark I」。仕事ができそうで迫力有り!ナガサワ文具センターさんにて取り扱っているそうなので、今度、面会に行くことにします。それにしてもオープン価格って、いったいおいくら程度なのかしら?

そうそう、ナガサワさんといえば、「文具基地」として誌面で紹介されていますが、ショーケースの写真に写っているピンクのiPhoneケースは、このあとうちにやって来ました・・・

そして、11本の白いペンばかりを集めた特集も、斬新な企画でとっても気に入ったページです。長い間、シャーボXが欲しくて、でも本体の色を決められなくてずっと迷ったままでいたのですが、このページを見たら「スパークリングホワイト」にしよう!と心が決まりました。
他にも、このページではペリカンのボールペン「K205ホワイト」や、アウロラのボールペン「ホワイトクリーム」あたりの白の美しさに、きゅんきゅんしているところです。

他には、このムックの何気ない得意領域かと私は思っているのですが、意外な攻撃が今回も面白かったです。気を許してページを進めていたら、「砂時計」とか、「梱包用文具(文具って言うの?)」など、いつぞやの「パイプスタンド」に似た衝撃が・・・道具好きには、こういう変化球がたまらなかったりします。
何に使うのか私の生活の中では思いつかないのが寂しいですが、「プロトラクター」(角度計)などは、分度器と定規がドッキングしたようなフォルムが愛らしすぎて、こればっかりはすぐにでも買いに走りたい気分です。

などなど、思いはつきませんが、最後のほうまで読んで、表紙の謎が解けたことがひとつ。
なぜ、ロンドンの地下鉄の案内板が表紙に?と思ったら、「世界の鉄道文具」のコーナーがありました。ドイツの駅で売られている鉄道グッズも載っていたりして、冊子の最後に旅気分をお見舞いしてくれたのが最高でした。
そして、また旅に出かけたならば、世界の鉄道文具、連れて帰って来よう!と決意も新たにしました。

実は私、いろいろと鉄道文具を隠れ買っていまして・・・(関西の私鉄も、面白グッズを次々と出してくるものですから・・・)

今回も、まるごと一冊、楽しませていただきました。気が早いけど次号も楽しみにしています!

|

« タイムスタンパーなるもの | Main | 包み込む手帳でスクラップノート作り »

Comments

こんにちは♪
文房具って、お手ごろ価格なものが多いので、
清水の舞台から飛び降りるほどの勢いがなくても、
ついつい、買ってしまいますよね~。

関西の私鉄グッズって、もしや、イコちゃんですか?!
(鉄道ファンは、主人が毎月買ってます(^-^))

ドイツの鉄道、DBのサイトには、イギリスに行くときの
列車時刻調べでとてもお世話になりました~。
「世界の鉄道グッズ」、いいですね♪

Posted by: ここあ* | Thursday, 29 April 2010 04:29 PM

ほほーう、ご主人、「鉄分多め」な方なのですね!
他人とは思えません。

私の持っている関西私鉄グッズは、地元・阪急電車のものが多いです。
文房具系が充実してるのでついつい・・・。
イコちゃんも、かわいいんだかにくたらしいんだか奥深くて、なかなか気になる存在ですね。駅の売店では、新しいグッズが並んでいないか、ついチェックしてしまいます。

Posted by: はるる | Thursday, 29 April 2010 08:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference STATIONERY magazine No.006:

« タイムスタンパーなるもの | Main | 包み込む手帳でスクラップノート作り »