« パリジェンヌのノートのつくり方 | Main | 日々を書き留めるスマイソン »

Saturday, 05 June 2010

能率手帳 ローズピンク革カバー

20100605

去年までのあんまり好きくなかったデザインが今年から大幅変更されたのを記念して、仕事用手帳として採用してみた能率手帳「キャレルA6バーチカル2」。

仕事のスケジュール管理には、バーチカルでないと調子が出ない身体になってしまったので、色づかいや時間軸の仕様など、今回のリニューアルはうれしいポイント満載で、理想に限りなく近づきました!

月ごとのインデックス仕様になっているのがとっても便利です。
インデックスになっているページを開くとブロックマンスリーのページで、その後にバーチカルのページが続く、という構成になっているます。
1月始まりですがブロックマンスリーだけ、来年の3月までついてて便利だし。

販売時に付属していたカバーは、ファブリックのような織り目感のあるブルーの合成素材のカバーでしたが、純正カバーとして発売されているローズピンクの革カバーに着せ替えて使っています。

はじめはこのカバー、色がちょっと可愛すぎるかしらんと思っていたのですが、なんとかいけるようです。

机の上にいるだけで、空間がちょっとだけ華やかになります。席を通りがかった仲間からは、「かわいい色だね!」(←ほめ上手)とお言葉をかけてもらったりして、そ、そう?といい気分にひたることができ、機嫌良く仕事をしております。

このカバーには、スワロフスキーとシルバーパーツがそれぞれ付いた2本のしおりチェーンが付属していました。スワロフスキーのパーツも綺麗なんですが、かなり濃い色で大きめのチャームだったので、さすがにちょいとキラキラ過ぎるだろうと思い、今のところは外して使っています。
もともと手帳の方にはスピンがついているので、そちらで機能的にはじゅうぶんかもしれませんが・・・

でも、いわゆるひとつの”女子力高そうなアイテム”で、装着すればカバーの華やかさが増すことは間違いありませんな。そんな気分になったら、今度使ってみることにしましょう。

5か月使ってみて、このカバーでいちばん評価したいところは、柔らかい革なのに、傷がつきにくいところです。
普通にがしがし使っていますし、かばんの中でそれなりに他の物品とも衝突しているはずなのに、目立ったへこみやひっかき傷もなく、これは、長く綺麗に使えるかもな~と期待しています。

だって、お値段、それなりにしたんですもん。売り場でさんざん長居して悩んだ末に、えいっと思い切って買ったのです。

これまでキャレルの付属カバーって、レフィルのタイプによってカラーバリエーションが限られていて、好みの中身の様式とカバー、あちらが立てばこちらが立たず、な組み合わせであることが多かったりして、クオバディス用の革カバーに着替えたりしていました。但し、それだとちょっとだけ、中身がはみ出してすっきりしなかっんたですよね~。

そういう意味でも、純正サイズのこの革カバーはとてもありがたいアイテムです。

それにしても・・・キャレルがこのように順調だと、同じサイズの最大のライバルであるクオバディスを使うチャンスがない!
(今年の分も買ってあるのに・・・下半期はクオバディスを使うとか!?)

|

« パリジェンヌのノートのつくり方 | Main | 日々を書き留めるスマイソン »

Comments

はるる様
楽しく読ませていただきました!とってもきれいな優しいローズピンク
ですね♪
美味しそうなピンク!…と思ってしまったのは私だけかしら?^^;
その昔(むか〜しむか〜しです)私、こんな色のクレージュの革カバーの手帳を使っていたことを思い出しました。
後ろのバッグとも良いコンビですね♪

Posted by: kikumaru | Saturday, 05 June 2010 at 10:59 PM

ああー やっぱりピンクって可愛いですよね。
いくつになってもピンクは好きでいられる自信があります。わたし^^

今年から少しずつノートの整理をしてきて「買わない!」宣言をしたのですが、そしたら便箋が・・・増えてました。
これは一体どうしたことでしょう。おかしいなあ。。。と首をひねるばかりです(笑)
とにかく今年はノートの在庫整理にいそしんでいます。
この調子だと、来年は便箋の在庫整理になるのでしょうかね・・。

Posted by: USA | Sunday, 06 June 2010 at 12:36 AM

kikumaruさま

クレージュのピンク!そうそうそう、まさにそういうトーンのピンクですね、これは。。。
クレージュのテニスウェアとか憧れたものです(でもバドミントン部で可愛さ無縁のウェアでしたが・・・)
後ろのバッグは、数年前から使っているものですが、とってもおそろいのようなピンク色だったので、ペアみたい!と悦に入っています。

ところで・・・twitter、フォローさせていただきました。またそちらでもよろしくお願いします。

Posted by: はるる | Sunday, 06 June 2010 at 03:04 PM

USAさま

ええ、きっとUSA様には似合うと思いますよ!(女子力の師匠みたいな方ですからね!)
便箋が増えてますか・・・?おかしいですねぇ。誰かが部屋に置いていったんでしょうか?
でも便箋なら、お手紙書けば確実に消費できますもんね♪
私も、部屋の紙類に押しつぶされないうちに、きびきびと在庫活用に勤しみたいと思います・。

Posted by: はるる | Sunday, 06 June 2010 at 03:08 PM

こんにちは。はじめてコメントいたします。
お写真も文章もとてもお上手で、いつも楽しく拝見しております。
このカバー、以前より興味があったので、いつにも増して熱心に読ませて頂きました。

以下は、差し支えない範囲でお答え頂ければと思うのですが、、、

はるる様は「ほぼ日手帳」もお使いだと記憶しておりますが、
このカバーにはほぼ日手帳は入りますか?
文庫サイズだと思うのですが、厚み的にやはり無理でしょうか?
ほぼ日と能率カバーの両方をお使いの方が他にいらっしゃらないので、
厚かましいと思いつつ、質問させて頂きました。
また、お写真の背景にあるバッグも素敵だなぁ!と思っているのですが、
こちらはどこの商品でしょうか?
質問ばかりで申し訳ありませんdespair

それでは、これからも更新楽しみにしておりますhappy01

Posted by: 梶谷 | Thursday, 01 July 2010 at 07:29 AM

梶谷さま

こんにちは。コメントいただいていたのにお返事遅くなってすみませんでした。

ご質問をいただいてはじめて、「そうか!ほぼ日手帳にも使えるかも、なのか!」と、うきうきで早速実験しました。

確かに厚みが心配ですね~。

で、結果は、、、
身長は、まさにジャストサイズ、ぴったりすぎて怖いぐらいでした。
そして、厚みの方も、意外といけます!

少々貼りこんでいる私のほぼ日手帳ですが、閉じている状態でもサイドのページが表紙の革から少しだけ飛び出して見えているような(あ~、うまく説明できません)、ちょっときつそうな服を着せている感じですが、意外とおかしくはないかも。でも、ふんだんに貼りものをしている状態のほぼ日では、ちょっとしんどいかもですね。

私は、きつきつのカバーをかけるのが好きなので、充分、「あり」だと思いました。今後、ほぼ日に着せて使うことも検討しようと思います。
いいことを教えていただきました。ありがとうございます!

それから、いっしょに写っているバッグは、FENDIのセレリアです。数年前に沖縄のDFSで買ったもので、軽くて便利なので夏冬問わず、愛用しています。手帳と色がよく合っていたので、一緒に記念撮影してみました。

Posted by: はるる | Saturday, 03 July 2010 at 07:05 PM

はるる様

丁寧なお返事、ありがとうございました!
私はあまり貼り込みはしないので、ほぼ日でもいけそうですhappy02
純正のカバーも持っているのですが、お着替えしたい時もありますので。。。catface

バッグはフェンディでしたか。本当に素敵ですね。
ピンクと一口に言ってもさまざまな色合いがあるので、面白いですね。

ご面倒をおかけして申し訳ありませんでした。
これからも楽しみにしてますhappy01

Posted by: 梶谷 | Saturday, 03 July 2010 at 08:07 PM

梶谷さま

こちらこそ、良いアイデアを教えていただきました!
また、ほぼ日に着せ替えて使ってみようと思います。
来年のほぼ日、なんだかんだであと2月もすれば発売なんですよね~。一年が本当に短く感じます。

Posted by: はるる | Sunday, 11 July 2010 at 03:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24687/48549734

Listed below are links to weblogs that reference 能率手帳 ローズピンク革カバー:

« パリジェンヌのノートのつくり方 | Main | 日々を書き留めるスマイソン »