« Hi-TEC-C COLETO ”Lumio” | Main | トラベラーズノートとめぐる郵便局 »

Saturday, 11 September 2010

1000万ドルの夜景万年筆

20100911_2

先日、ふと思い立って夜景ドライブに行きました。行き先は神戸の摩耶山。

摩耶山は同じく夜景スポットである六甲山よりも標高が低く、より街に近いので、市街地の灯りが眼下すぐのところに見渡せ、なかなかの迫力です。
(展望台からみた夜景、こんな感じです。)

対岸の大阪平野や大阪湾が南のほうまで見渡せる眺望の広さもたのしくて、ロープウェイでも山上まで到達できるので、ぜひとも神戸にお越しの際には、足を伸ばしていただきたいおすすめスポットです。

夕暮れのはじまりから、本格的に闇夜になってしまう間の時間は、刻々と空の色と街の灯りのまたたきの様子が変化していき、時間を忘れて見入っていました。

これから冬になるとさらに空気が澄み渡り、夜景が美しく望める季節に向かうので、楽しみです。
でも冬の夜景見物は、泣けるほど寒いんですよね~。でも酷暑より極寒の方が好きなタイプのわたしにはそちらのほうが好都合。冬の夜空&夜景見物は、たまらなく心ひかれるイベントです。早く冬にならないかな~。と30度越えの日々のなか、心は冬の夜空へと逃避行。

さて、そんな夜の闇にとりどりな色に輝く街の灯りを思い出すような、きらきらラメの万年筆を買いました。
パイロットキャップレスデシモのパールブルー軸です。
(写真ではまったくラメ感を描写することができませんでしたっ!)

このパールブルー軸は、パールレッド軸とともに2009年の限定版として発売されたものです。ブルーもレッドも微細なラメがきらめく、実に美人な万年筆で、店頭で見るたびに気にはなりつつも、一年近くが経過。ここのところ、持っている万年筆の活用キャンペーンを展開中であったため、めずらしくがまんが長続きしていたのです。

が、先日来、原因不明の「モンブランのロイヤルブルーを入れた細字のキャップレスを普段からボールペンのように使いたい病」に罹患していました。

キャップレスは何本か使っていますが、どれも使うインクが定まっていて、いまさらインクとのペアリングを替えてみる気になれません。

そんな状況の私を待ち受けるように、たまたまのぞいた文具屋さんで、ショーケースの中に一本だけ、パールブルー軸がなぜか割引価格で置いてあるではありませんか。

ガラスケースの中で微細ラメがはかなげにきらきらと輝き、見る角度によって何色もの光を放つのを見て「これ、夜景万年筆だ!」と思ってしまいました。
発売当初に実物を見た時とはまた違う印象。たぶんショーケースの照明が今回とても上手だったのかもしれない・・・

でも、「モンブランの・・・・(中略)・・・使いたい病」の特効薬には、条件としてぜったいに細字でないと。
これが「F」だったら買うわ!と意を決してケースを覗き込んだら、「F」でした。

かくして夜景のようなきらきら万年筆が、わたしのもとへやってきました。

太陽の光に当ててみたり、そして、夜にはライトの光のもと、光の種類そして見る角度によって、さまざまな色にきらめくラメは結構奥深く、いつまであそんでいても飽きないのです。
個人的には、夜の白熱灯のもとで見るきらめきを推したい。昼間の光の下では見えない色が、夜の白熱灯のもとでは現れてくるのでまさに夜景的。本当に目からこれだけ楽しませてもらえるのなら、1000万ドルは言い過ぎとしても、そうだ、まさにプライスレス!

目でもここまでふんだんに楽しませてくれる上に、ノック式ボールペンのように気軽に筆記態勢に入ることができる便利さがまたいじらしい。手帳書きにもらくがきにも仕事にも。場所を選ばず、現在、猛烈な勢いで新人受け入れ研修中です。

ところでPILOTさんのHPにちっちゃく、キャップレスデシモについてのお知らせが・・・パールホワイト、シャンパンピンク、ハーベストイエローのBニブのみ、在庫限りで販売中止だそうです。

(2010.09.14追記)↑上記、パールホワイト、シャンパンピンク、ダーククレーマイカが販売中止、と当初書きましたが、ダークグレーマイカではなくハーベストイエローでした。←記号を一段見間違えました。
そしてBニブのみ販売中止ということでしたので、上記該当部分の記述を訂正しました。
コメント欄で教えていただいたふるるさん、ありがとうございました。

シャンパンピンク、定番だからいつかは、と安心していましたが、いなくなると困る~。早めに迎えに行こうかと悩んでいます。
(2010.09.14追記その2)・・・で、Fは継続品だと気づかず、シャンパンピンクのFを注文したあわてんぼの私です。

|

« Hi-TEC-C COLETO ”Lumio” | Main | トラベラーズノートとめぐる郵便局 »

Comments

こんにちは。いつも拝見しています♪ 
そして、はるるさんの文章力にはいつも感服しています。

キャップレスデシモ、私はシャンパンピンク軸を愛用していますが、
ラメの微妙な輝きも、書き心地も気に入っています。
インクは、色彩雫の土筆を入れています。(茶色が似合うんですもの)

パールブルー軸も素敵ですね♪ 
そして、在庫限りの情報もありがとうございます。
パールホワイト、後悔しないように入手しておこうかしら…

Posted by: mmyukie | Sunday, 12 September 2010 09:15 PM

ゆきえさん

いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
文章はつい長くなってしまうたちで、職場の先輩からもよく「くどい!」と投げ返されたものです。
シャンパンピンク軸、お持ちなんですね。しかも土筆インクとは意外な素敵ペア!アポロチョコみたい♪
もしわが家にやって来たら、そのペア、ぜひとも真似させていただきたいです。

Posted by: はるる | Monday, 13 September 2010 07:09 AM

こんにちは。キャップレスデシモはパールホワイトを愛用しています。
ボールペンのように毎日気軽に使えるところがいいですよね。
シャンパンピンクがまさかなくなるなんて!
走り書きメモに中字も欲しいと思っていたところなので、入手しようと思います。
それにしてもキャップレスシリーズって実物はとても綺麗な色なのに
パイロットさんのサイトでイマイチ表現されておらず、残念です。
普段使いで良き相棒になってくれるし、もっと人気が出てもおかしくないのに~って思います。
そんな控えめなところも好きなんですが♪

Posted by: かきつばた | Monday, 13 September 2010 12:25 PM

こんにちは、いつも楽しく拝見しています。
私も阪急百貨店限定のすみれキャップレスを愛用しています。

キャップレスデシモの廃番情報ですが
ハーベストイエロー(HY) パールホワイト(PW) シャンパンピンク(CP)の
Bニブが廃番になるだけで、FとMニブは廃番にならないようですよ。
恐らくこの3色は女性の利用が多く、Bニブの需要が少ないので
ダークブルーマイカとダークグレーマイカだけに集約するのでしょうね。

Posted by: ふるる | Monday, 13 September 2010 02:14 PM

ふるるさん

こんにちは。Bニブのみなんですね、販売中止になるのは。
そしてダークグレーマイカではなくて、ハーベストイエローでしたね。ここは完全に記号の一段見間違いでした。教えていただいてよかったです。ありがとうございました。さっそく本文も訂正しておきました。

阪急百貨店のすみれ色、麗しい軸ですよね、私もお気に入りです。ナガサワ文具センターさんの「三宮パンセ」インクを入れて、阪急沿線コンビで愛用しています。

Posted by: はるる | Tuesday, 14 September 2010 09:30 AM

かきつばたさん

そういうわけで、シャンパンピンクはF・Mは健在だそうです。脅かしてしまってすみません。
でも私も今回のことでやっぱり手にしておきたい気持ちが確認でき、シャンパンピンクのFを注文しました。どんなインクとコーディネイトするか、まだ届かないのにわくわくしてます。

確かに、もっと全面に出ても良い逸品ですよね~。デシモのシリーズ、どの色も微細ラメが綺麗ですし、学生さんのノート取りにもいいと思うんだけどなあ。
しっかり応援してあげましょう!

Posted by: はるる | Tuesday, 14 September 2010 09:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 1000万ドルの夜景万年筆:

« Hi-TEC-C COLETO ”Lumio” | Main | トラベラーズノートとめぐる郵便局 »