« トラベラーズノートと仲間たち in KYOTO | Main | お仕事手帳、振り返りとこれから »

Thursday, 23 September 2010

2011年手帳への助走:能率手帳ゴールド小型篇

2010092302_2

2008年(小型)→2009年(普通サイズ)→2010年(小型)と使って今年で3年目になる能率手帳ゴールド、2011年版もさっそく小型版を調達しました。9月はじめの上京の際、今回も伊東屋さんで名前を入れてもらいました。

黒い革表紙に筆記体で文字が入ると、能率手帳ゴールドのお堅く重厚すぎる印象に、少しだけ「女子」を加味できた気がする(と、自分では思っている)・・・。

そんなささやかな楽しみですが、毎回とても綺麗に名入れしてくれるので、愛着が倍増します。まだ来年まで出番は先ですが、箱にしまい、引き出しの中で新年までスタンバイしてもらうことにします。

記入ページの面積は小さめですが、せっかくの「万年筆にしあわせな紙」なので、ここはやっぱり万年筆で書き込みたい。そうなると、活躍するのはやはり、国産の極細。ポケット万年筆のいちごさんとのペアリングで、かわいさをさらに引き上げようと努力しています。

なぜそんなに”能率手帳をかわいく使う”事にこだわっているかと言うと、職場に能率手帳の強力なライバルがいるからなのです。
そしてその相手のほうが、能率手帳のイメージキャラクターにぴったり(要するにおじさまである)・・・。

こちらは小娘、おじさまの領域へと越境しているのはわかっておりますが、能率手帳を使いたいので見逃してくださいまし、と、手帳にかわいさをONすることで、ゆるさを醸し出しているのです。しかも、地位のあるおじさまが機能性重視の「普及版ユーザー」なのに、こちらがえらそうに「ゴールド」を使うというのも身の丈に合わないことも承知しております。ますけれどっ、でも、ふわふわ革の手触りが幸せすぎるの♪

そのライバルことボスは、能率手帳(普及版)をご愛用。毎年、春を過ぎた辺りから、早くもいい感じにくたびれ始め、秋冬のくたびれ方と言ったら、それはそれはもう。味わいの域に到達しています。
夏になるとボスにも来年の予定が入り始めるので、早々に翌年の真新しいものが用意され、年末までは当年のものと翌年のもの、2冊持ちをしているご様子。

毎年、ボスが使い込んだ能率手帳、雰囲気がありすぎて魅惑的過ぎる。他の手帳に見向きすることもない(←と決め付け)その浮気心のなさ、きっと社会人になってからずっと能率手帳を使い続けているに違いない!
いつかこの場でご紹介させてほしいぐらいです。歴代手帳を見せて欲しい、とお願いしてみようかなあ、と本気で思っています。

こうやって、一本筋を通して同じ手帳を使い続けるのって格好いいじゃない!とほれぼれします。
(まさかボスも、部下にそこまで手帳ウォッチングされているとは、ゆめゆめ思っておられないであろう。)

さて、表紙の手触り感、紙質、軽さと薄さ、毎年手に入る安心感など、”手帳の本質”みたいな基本要素が気に入って使っている能率手帳ゴールド小型ですが、ひとつだけ、馴染みにくい点がありました。

20100923それは、月間予定表。日付が横に流れる形の、いわゆる「ガントチャート形式」で、数日間に渡る日程の管理にはとても適していると思う反面、文字を縦書きしなければならないという宿命がありました。

その縦書きがなんとなく使いにくくて、正直言うとこのページに限ってはあまり好きではありませんでした。
そのため、これまであまり月間予定表を活用しきれていなかったのですが、ふと思いつき、ページを横置きに倒して使ってみることにしました。

そうしたら、これが大当たり!
文字を横に書くことができ、それだけでなぜか一気に使いやすくなったのです。
日付が横に寝転んだ形で右横に来てしまったり、右半分が1月、左半分が2月、のような和洋折衷(というか和風)なレイアウトになってしまい、ややヘンテコリンといえばその通りですが、そんなもの、慣れてしまえば気になるもんか~♪

なぜ今まで思いつかなかったんだろうな~。
うわ~、”おっちゃまゴールド”がさらにかわいく思えてきたぞっ。もうおじさまだけのものにさせないもんねっ。

ボス、来年は、女子はおじさまに本気で戦いを挑みますわっ(なんの戦いだ)!

こうやってますます、手帳にかかる時間が増えるのです。どの手帳に書き込んでいる時間も楽しいから。
そんなこんなで、最近とみに早起き&早出勤(職場でも朝から手帳とノート書き書きタイム)な私です。健康的だな~!

******
これまでに、ゴールド小型をはじめとした能率手帳チームへの愛を綴った記事は、こちらのカテゴリの中にまとまっています。
能率手帳の流儀は今でも頻繁に読んでいるほど好きな本です。
この時の年末は、DIMEで能率手帳WICゴールドが当選し、そして能率協会の「手帳の日」プレゼントでは桐製手帳保管箱が当選したという、なぜか手帳運が嘘のように強い年の瀬だったんだなあ。懐かしいです。

あれから桐製手帳保管箱には毎年1冊づつ、使用済みの能率手帳ゴールドをしまい、「いつか30年分の手帳でぎっしり」を夢想しては、にまにまと楽しんでいます。

|

« トラベラーズノートと仲間たち in KYOTO | Main | お仕事手帳、振り返りとこれから »

Comments

じつは私も!
今年はガントチャートページは横書きで使ってるんです~(握手)
「布団カバーを洗った」とか、すっごい生活感あふれる記述中心ですがなかなか便利ですよねっ。

Posted by: ほしの | Friday, 24 September 2010 at 12:54 PM

おお~っ!やっぱりふたごだ(さらにきつく握手)!
なんでこれまでの年に気がつかなかったのか?と思います。ぐっと使いやすくなりましたよ!
ウィークリーも縦にして、バーチカル手帳として使おうかと一瞬思ったこともありましたが、さすがに日付の流れが逆なので、それはやめました。
来年もふわふわ、楽しみましょうね~!

Posted by: はるる | Friday, 24 September 2010 at 10:06 PM

はじめまして。
海さんのブログ(海cafe)から飛んできました。

能率手帳は使った事がないので、私にとっては未知の世界です・・・
手帳はフランクリンプランナーと決めているので、能率手帳を使う事はなさそうですが・・・
2冊目として候補に考えている所であります・・・(笑)

それより、はるるさんの「写真力」に魅せられ、記事を何個か読ませてもらいました。
写真のセンスが素晴らしいですね・・・私も見習いたいところです。

また遊びに来ます。

Posted by: Kei | Monday, 27 September 2010 at 06:07 AM

Keiさん、こんにちは。
私もフランクリンプランナーを使ったことがあります。
バインダー式と、オーガナイザーを・・・

「教え」通りに真面目には使いこなせてはいませんでしたが、自分の幾通りもの役割を再認識したり、結構新鮮な気づきも多くて、楽しかったです。バインダーもかわいい色のものを買ってとても気に入っているので、今はノートとして使っています。オーガナイザーは、職場でのノートとして併用しています。

能率手帳もシンプルなつくりなので、使っていても他の手帳と自然にすみ分けできる感じです。主張がなさ過ぎるところが、いいのかもしれません。いつかぜひ試してみてくださいね!

そして、写真のこと、ありがとうございます。スタイリングを考えたり、撮ったりするのは大好きで、いくらやっていても飽きないのですが、なかなか難しいですね。
これからもよろしくお願いします。

Posted by: はるる | Monday, 27 September 2010 at 08:01 PM

はるるさん、はじめまして。
ちょうど能率手帳ゴールドについて調べていたら、はるるさんのブログに辿り着きました。

最近、何気に自分に合ったボールペンを見つけようとしたことをきっかけにステーショナリーに興味を持ち始めてしまいました。そのうち、モレスキンを知るよう(手に入れました)になり、手帳にも興味を抱き、来年用の手帳に能率手帳ゴールドが大変気になる今日この頃です。
これからも能率手帳ゴールドのレビューをお願いします。

はるるさんが撮る写真は素敵ですね。ボクも写真が趣味ですが、良い刺激になりました!

Posted by: 伸 | Tuesday, 12 October 2010 at 12:10 AM

伸さん、はじめまして。
お気に入りの筆記具からノート、手帳へ…わかります!どれも日常手にするものなので、自分好みのを探すのは本当に楽しいですよね♪
そして、能率手帳ゴールドをご検討中なのですね。
中身の紙もさることながら、表紙の革に魅力があると思います。使うにつれて革が変化を見せてきて、自分と一緒に一年を過ごしてるな〜という実感と愛着が増すのです。ぜひお仲間に!
そして…写真、楽しいですよね。これから絵になる季節なので、わくわくしています。

Posted by: はるる | Tuesday, 12 October 2010 at 07:22 AM

はるるさん、お返事ありがとうございます。
能率手帳ゴールドの表紙の革、中身の紙質がすっごく気になります♪早くその魅力に浸りたいです。
今はサイズをどれにしようか迷っています。やっぱり身に着けるなら小型版がいいのかなぁと思っています。でも、通常サイズでの印刷文字の見易さは捨てがたいような・・・
早く決めて伊東屋へ突入せねば。。foot

はるるさんは、なかなか玄人好みのカメラをお持ちですねcamera
良い作品をいっぱい撮ってくださいね。

Posted by: 伸 | Tuesday, 12 October 2010 at 11:21 PM

伸さん、こんにちは。
着々とゴールドがやって来る日が近づいているようですね!
サイズについては、わたしも両方試してみて「やっぱり小型。」と確信しましたが、小型はかなりスペース控え目なので、書き込み予定が多そうなら通常サイズから始めてみられても良いかもしれないですね。

カメラは、もともとフィルム一眼レフからスタートしているので、古いカメラが未だに好きです。鞄にはいつもGRDigital2をいれてますが、何処かへ行くときはフィルムカメラも必ず追加します。荷物が重くなって泣けてきますが…

Posted by: はるる | Thursday, 14 October 2010 at 06:53 AM

はるるさん、こんばんは。
いろいろ悩みましたが、書き込み予定は少ないと思われるし、「手帳」らしいサイズであることを考慮してゴールド小型に決めました。通常サイズだと立派な「ノート」のようですしね。
そこで本日、伊東屋でゴールド小型を購入しました。一応、名入りをしてもらいました。(2時間待ちでしたが…)
やっぱりゴールド小型は、本革の感触が良いですね!早く使いたいですね。
一応、フライング気味ですが、12月13日から使い始めようかと思っています。大事に使って、メモでいっぱいにしたいと思っています。
せっかく良い手帳を手に入れたので、書き込むペンにもこだわりたいですね。そろそろ細字の万年筆を考えてみようかな。

フィルムカメラも使っているのですね。それは恐れ入りました。
僕はすっかりデジタルに移行してしまい、フィルムカメラは仕舞ったままとなっています。
フィルムはどことなく味わいがあって良いですね。

Posted by: 伸 | Saturday, 16 October 2010 at 10:30 PM

伸さん、こんにちは。
ついにゴールドご購入、おめでとうございます!
名入れ二時間待ちとは、手帳準備の本格的季節の到来を実感しますね。
12月13日の始頁式(?)が待ち遠しいですね。それまでは筆記具選びにじっくりあてられますね〜。
お互い、楽しい書き込みでぎっしりなゴールド小型に育てたいですね〜。活用のご様子も、またぜひ教えてください。

Posted by: はるる | Sunday, 17 October 2010 at 09:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24687/49535582

Listed below are links to weblogs that reference 2011年手帳への助走:能率手帳ゴールド小型篇:

» 名作の手帳本を再読しました [海cafe2]
毎年この季節に迷走しまくる私の手帳構成ですが、 ほぼほぼ2011年の構成が固まりつつあります。 連日、手帳問題に悩む事が多いなかで、 名作と呼ばれる2冊を再読し、 あらためて本来の「手帳」というものを 再認識してみようかと。... [Read More]

Tracked on Sunday, 26 September 2010 at 11:55 PM

» 能率協会の神対応。能率手帳がよみがえった。 [SKEG*log]
先日「能率手帳が破れた」でご紹介した僕の能率手帳普及版。残りの2010年の3ヶ月... [Read More]

Tracked on Wednesday, 29 September 2010 at 01:30 AM

« トラベラーズノートと仲間たち in KYOTO | Main | お仕事手帳、振り返りとこれから »