« トラベラーズノートとめぐる郵便局 | Main | 2011年手帳への助走:能率手帳ゴールド小型篇 »

Sunday, 19 September 2010

トラベラーズノートと仲間たち in KYOTO

20100919去年の今時分はまさに、ドイツからベルギーを経てロンドンへ。夢の欧州旅に出かけていました。

周囲の人達からは「上手にシルバーウィークにあてたね!」とほめられたものですが、そんな名称があるということも知らずに日程を組んでいました。
今年は暦の関係か、あまりシルバーウィークとは、騒がれないですね。

あれから早いもので1年。 今年は旅に出るかわりに、旅の空気で胸いっぱいにさせてくれるイベントがやってきてくれました。「トラベラーズノートと仲間たち in KYOTO」です。

東京ではこれまでトラベラーズノートのイベントが何度かあり、話を聞くたびにうらやましく思っていたものでしたが、ようやく関西でも開催と知って心待ちにしていました。

ちょうど代休期間にあたっていたので、初日の金曜日に出かけました。

平日のお出かけとあれば、風景印も集められる絶好の機会。トラベラーズノートの消印帖と、愛用のトラベラーズノートにカメラに水筒に・・・いろいろとかばんに詰めたら、日帰りなのに結構な重さになってしまいましたが、気分と足取りは軽やかに、京都行きの特急電車に乗りました。

ちょうど前日に見たテレビ番組で、阪急京都線の意外な歴史を知り、(実は京阪が作った路線を阪急が戦後に横取り・・・のような形で手にしたという驚愕の事実)地元でもいろいろ知らないことがあるんだなあ~と思いつつ、車窓からの秋空をのんびりながめている間にあっというまに京都に着いてしまいました。

会場は三条通りに面した元は新聞社だったレトロなビル、1928ビルです。そこの1階のギャラリースペースが会場でした。
建物を入ったらすぐにイベント会場で、木の床のスペースに、いい感じに使い込まれたトラベラーズノートや小物たち、そして販売用の商品たちは、広告やトラベラーズ日記でも目にしたことのある古い木製の棚や机(これが噂の流山工場長渾身の作ですね!)に飾られて、トラベラーズワールドを形成していました。香港の古い自転車が置かれ、本棚には旅にでたくなる図書が並べられ、そしてポストカードキャンペーンの入選作品なども壁に飾られていました。

平日で、しかも始まってからまだ数時間にも関わらず、中には既に多くのお客さんがいて、展示を見たり、商品を手に取ったり、カスタマイズコーナーでスタンプを押したり、と思い思いに楽しんでいるようでした。

私も、大きいサイズの横罫ノートをこの間使い切ったところだったので、新しいのを買い、その場でスタンプを押すことにしました。旅気分満載の入出国スタンプ風はんこを押したり、特製ステッカーを貼ったり、楽しすぎる工作に熱中しました。

2010091903_2周りの人がカスタマイズしているものを見ると、マスキングテープや外国語の新聞(これらも工作コーナーに用意してくれていました)をさりげなく貼り付けたり、みなさん本当にアレンジがお上手!「それいいですね~」などと気軽に声をかけたり、かけられたり。楽しかったです。

そして、トラベラーズノートの生みの親とも呼べる飯島さんはじめ、スタッフの皆さんとお話ができたのも貴重な機会でした。トラベラーズノートにまつわるいろんなお話を聞かせてもらいました。

また、私の持っていったトラベラーズノートを見て”社名変更前の旧ロゴだからかなり初期のものですよ!”と鑑定してもらったり、刻印きれいに入っていますねぇとほめてもらったり・・・本当にトラベラーズノートを仕事を超えて愛しておられるんだなあ~と感じました。

そして「やっぱり、他人の使い込んでいるノートや手で書いたものって、見るの楽しいですよね!」と盛り上がりました。商品を仕掛けている側の人も、私たち使う方とおんなじなんだなあ~と思うと、とてもほっこりしました。

イベントの記念に、京都イベント限定のTRAVELER'S AIRの青いロゴ入りブラスボールペンやカスタマイズセット、そしてアアルトコーヒーのトラベラーズブレンドの豆などを買って、帰りは近辺の郵便局に寄り道して風景印を集めたり、コーヒーとドーナツのお茶をしたりして、京都のちいさな「旅」を楽しみ、そして家路に着きました。

家に帰ると、すぐさま工作第2弾。ウッドビーズを使ってしおりやゴムにかざりをつけたりしてカスタマイズしてみました。穴を通すのに苦労しましたが、色合わせを考えたりするのも楽しくて、時間を忘れて熱中しました。
カスタマイズしながら自分の旅ノートを見返していると、やっぱり旅に出たくなりました。

|

« トラベラーズノートとめぐる郵便局 | Main | 2011年手帳への助走:能率手帳ゴールド小型篇 »

Comments

はるるさんこんばんは。
トラベラーズノートと仲間たち in KYOTOの記事
読ませていただきました。
僕は残念ながら行けなかったのですがはるるさんの記事を
読んでイベントの当日のイメージが想像できました。
いいな~楽しそうだな~と感じながらも楽しませていただ
きました(^^

TRAVELER'S AIRの青いロゴ入りブラスボールペンをゲット
したんですね~Webで限定でないかなぁ・・
密かに狙ってます(笑

Posted by: tristan01 | Tuesday, 21 September 2010 at 09:57 PM

tristan01さん こんにちは。
”イベント、またいろんなところで開いてくださいね!”とスタッフの方に言ったら、”これからも、いろんなところを旅しますよ!”と言って下さったので、またどこかでトラベラーズノートと仲間たちに会える日も近いかも知れませんね。
青いボールペン、きっと全国の人が心待ちにしているでしょうね。web販売があればいいなぁと、私も思います。

Posted by: はるる | Wednesday, 22 September 2010 at 07:28 PM

こんにちは!

イベントの詳細レポ、楽しく拝見しました。
私が行った時にはなかったステッカーがあるぅ~!とちょっぴり悔しい気持ちを抱きつつも、
楽しかったなぁ…と思い返しています。

はるるさんはたしか3冊を使い分けているんですよね?
それならば私もパスポートサイズいっちゃおうかなぁ~なんて思ったり。

こういうイベントがあると一気にトラベラーズノート熱が上がりますね!

Posted by: tenn* | Thursday, 23 September 2010 at 11:18 AM

tenn*さん

楽しかったですよね~!確かに、そのあともトラベラーズ熱はまだまだ上がったままですね。工作があんなに楽しいなんて♪

会場で飯島さんの使い込んだ茶色のノートを見せてもらい、あまりの”こなれ感”が素敵だったので、「お手入れは何を?」と聞いてしまったのですが、「たまにミンクオイルを」ということだったので、早速真似して買いに行きました。

パスポートサイズも通常版も、旅にそして普段にと欠かせないしで、何冊あっても便利すぎる存在です。それだけ使い方自由自在、ということなのですね。
パスポートサイズ、いっちゃいましょう!
そして毎日の旅を楽しみましょう!

Posted by: はるる | Thursday, 23 September 2010 at 02:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24687/49493653

Listed below are links to weblogs that reference トラベラーズノートと仲間たち in KYOTO:

« トラベラーズノートとめぐる郵便局 | Main | 2011年手帳への助走:能率手帳ゴールド小型篇 »