« 1000万ドルの夜景万年筆 | Main | トラベラーズノートと仲間たち in KYOTO »

Wednesday, 15 September 2010

トラベラーズノートとめぐる郵便局

20100912郵便局で押してもらうことのできる「風景印」のコレクションが、最近少しづつ増えてきました。

トラベラーズノートのパスポートサイズを一冊、消印帖に!と自分へのお年玉として用意したのは1月の伊東屋さん初詣のとき。
それからというもの、郵便局に行くチャンスがわずかにでもありそうな日は、必ずかばんに入れて出かけることにしています。
この消印帖にはじめての風景印が押されたのは2月のことでした。

消印帖用のトラベラーズノートのカバーの色は、黒。
あえてお堅く、事務用品のような仕立てにしたかったのです。

中にセットしているものは、無罫ノートが2冊、方眼ノートが1冊、そしてジッパーケースです。そのうちの1冊の無罫ノートが、風景印帖です。

郵便局の窓口で素早くノートを差し出して押印してもらえるように、革カバーのゴムバンドでノートを固定せず、ジッパーケースのポケットにノートの裏表紙をスライドさせて挟んでいます。
この方法だと、ゴムバンドよりも手軽に消印帖だけをすぐ取り出して局員さんに渡せるので、なかなか便利です。

ジッパーケースには、行き先の土地にちなんだ絵柄の切手をしまってあります。ここのところあちこちへ連続して出かける日々が続いたので、ジッパーケースには沖縄、東京、京都、名古屋、大阪の切手が同居しているような状態です。

消印帖の表紙には、海外の使用済切手を貼り、気分を盛り上げています。外の革カバーは硬派に、中身は愛らしく!
今、貼っているのは流れるような文字が美しいイギリスの切手と、消印の押され方が完璧なフランス切手。使用済み切手のお徳用パックから、こういったコラージュ向きの美形な切手を発掘するのもまたたのしくて飽きません。

”風景印、ありますか?”と窓口で尋ねるのは少々(いやかなり)マニアっぽくて勇気が要りますが、風景印がその局にあるかどうかは、あえて事前に調べて行かないようにしています。
「ありますよ。」という答えが返ってくるそのドキドキ感を楽しみたいので!
2010091202_2
東京は配置率が高いですが、関西はまだまだ置いていないことも多いです。の割には、地元の小さな局で「ありますよ」と言われて、尋ねておきながらびっくりしたことも。

局内に入ったら、まずは「ご当地切手」を販売していないかチェックします。でも、運よくその地の切手を置いていることは、意外に少なくて、そういうときは手持ちのものか普通の50円切手を使います。

でも、買い逃していた他府県の切手が売られていることもあるので、次回の訪問用に、まだ持っていない地域のものがあれば買っておくようにしています。

押印をお願いすると「ご自分で押されますか?」と言われることもある、と聞いたことがありましたが、私もついに先日、名古屋の郵便局で初めてそれを言われました。
が、しかし、とうてい綺麗に押す自信がないので、つつしんでご辞退申し上げ、お姉さんに押してもらいました。

「どのへんに押しましょうか?押し方に何かこだわりとか、ありますか?」と尋ねられたことも。
こだわりのある人も多いんでしょうね~。

どの局でも、お願いするとうやうやしく奥から箱に入った風景印を運んできて、日付を合わせ、押す場所を丁重に確認し、何度か試し押しをし、そして息を止め、美しく押してくださるので、恐縮してしまいます。
何か買わないと悪いような気もして、ついでに葉書なぞ買ってしまう気の小さい私です。

あともう1冊の無罫ノートは、駅スタンプならびに観光地スタンプ帖です。スタンプ帖はこれで二代目。
一代目は無印良品の文庫本ノートを使っていたのですが、ページが埋まったので、二代目からはトラベラーズノートで揃えました。ちょうど、限定パスポート柄のノートの在庫が家にあったので、スタンプ帖にまさにイメージぴったりなこのノートを選びました。

もう1冊の方眼ノートは、メモ用です。郵便局の覚書や感想、その他なんでも書いてあります。切り離して旅のノートに貼ることもできます。これだけのものをカバーに一緒にセットしておくと、出先でどんなスタンプチャンスに遭遇しても対応可能です!
風景印にしても駅スタンプにしても、同じノートにはんこがたまっていくのは楽しすぎて、「集めてどうするの?」という、ごもっともな周囲の声など、なんのその!たまったはんこを眺めつつ、次はどこで押せるかなあ・・・とにやついています。

2010091203まだまだ数としては多くないですが、少しづつ、Flickrのセット(Pictorial Postmark)の中にストックしていこうと思っています。
現在のコレクションの中からのお気に入り風景印ランキング第一位は、那覇中央郵便局のもの。

デイゴとシーサーという、沖縄の王道絵柄とその微細なつくり、局員さんの完璧な押し方、そしてちょうど手持ちで持っていた切手がデイゴの絵柄だったという、まさに奇跡を生んだ一枚です!

他には、空港や駅など、そしてたまにそれ以外でも、飛行機や乗り物が絵柄に登場する風景印も、ぐっときますね~。

東京流通センター内郵便局も空飛ぶ(ように見える)モノレールが、いかしています。

鉄分多い人は、押し成分も強いのでしょうか?

|

« 1000万ドルの夜景万年筆 | Main | トラベラーズノートと仲間たち in KYOTO »

Comments

相変わらずマニアックな内容ですが、ぐいぐい引き込まれ楽しかったです。
風景印と言う存在を初めて知りました。

でも郵便局で言いだす勇気がないなぁsad

Posted by: Aya | Thursday, 16 September 2010 at 07:44 PM

はるる様

濃〜〜いレポをありがとうございました!
 
消印帳の詳細…わくわくしながら楽しくお勉強させていただきました♪
とても参考になりました。やっぱり、風景印は奥が深いわ〜!
ますます色々楽しみになってきました。

沖縄のものも面白いですね。
私はひとまず近場から攻めてみたいのですが、何しろ私も平日がほとんどこういうことに使えないので…悲しきかな、スローペースで進むことになりそうです。

さてと、自分の消印帳はどうしようかな?とまだ悩んでいます。
かなり絞り込んだのですが、もう少し楽しい悩みを続けます。

Posted by: kikumaru | Thursday, 16 September 2010 at 08:30 PM

Ayaさん

マニアックだなんて~。まだまだ初心者の入り口ですわ。
上には上がおられます。
風景印、絵柄もまちまちで、奥深くて楽しいよ~。
郵便局でぜひ尋ねてみて!(そして私にお手紙ちょうだいね。)

Posted by: はるる | Thursday, 16 September 2010 at 10:30 PM

kikumaruさん

私も、平日はなかなか外に出られず、たまの出張や平日休みのときぐらいしかチャンスがありません。簡単に手に入らないこのプレミアム感も、なかなか楽しいんですよね。
消印用のノート選び、悩む時間もまた楽し!ですね♪

Posted by: はるる | Thursday, 16 September 2010 at 10:34 PM

はるるさん こんにちは。

風景印、順調に増えていっているようですね。
私は収集はしていませんが、
地元以外で郵便を出す時は必ず聞いていますよ!
そうか、これは言いにくいことだったのか…。
(でも出す郵便に押してもらう方が言い出しやすいのかも)

はるるさん同様夫がトラベラーズノートのパスポート柄を観光スタンプ帳にしています。
「good design のスタンプのみ!」と決めているようですが、
ゆる~い感じの図案もいいのになぁ…。

はるるさんのスタンプ体勢はばっちりですね!

Posted by: tenn* | Friday, 17 September 2010 at 03:49 PM

tenn*さん

こんにちは。
私がたんに気が小さいだけで(?)観光地の局などは、依頼されなれているのか、すぐに「はい何処に押しましょうか?」って逆にこちらの準備ができていなかったりするほどスムーズに対応いただけような気がします。
旅先からのお手紙が風景印つきだったら、受け取った人の楽しさ倍増ですね!いいなあ~。

そして、だんなさまのスタンプ帳も限定パスポート柄をお使いですか~。
good designのみ、なんて、通ですね!ぜひその選りすぐりのコレクションを拝見したいです♪

Posted by: はるる | Friday, 17 September 2010 at 07:40 PM

はるるさん、こんにちは。

素敵なコレクションですね。
風景印って聞いたことはありましたが、
実はまだ一度も押して貰ったことはありません。
窓口で聞く勇気が出なくて・・・。

皆さんのコメントを読ませていただいていると、
結構依頼される方は多いようですね。
私はかなり大雑把な質なので、旅先でのスタンプも
コレクションのようにせず、その時持ち歩いていた
雑記帳にポンと押すだけのことが多いです。
大雑把過ぎですね(^^;)

Posted by: ノン | Monday, 20 September 2010 at 10:24 AM

ノンさん こんにちは。

私もはじめはオドオド(?)しながら窓口で尋ねていましたが、最近はそのスリルも込みで楽しめるようになりました。
その地域によっていろいろ絵柄があって楽しいですよ~♪

そして旅のスタンプも、手持ちの雑記帳に押すのもとってもいいです!その臨場感が、そのまま旅記録になりますしね~。
私もたまに手持ちの手帳やノートに押したりすることがあります。その時は、よくばりに二枚押して、うち一枚をスタンプ帖にあとから貼り付けたりもしています。

Posted by: はるる | Wednesday, 22 September 2010 at 07:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24687/49454251

Listed below are links to weblogs that reference トラベラーズノートとめぐる郵便局:

« 1000万ドルの夜景万年筆 | Main | トラベラーズノートと仲間たち in KYOTO »