« 秋から冬へのトラベラーズノート | Main | その後のMoleskine Daily Diary »

Sunday, 14 November 2010

珈琲色と雪山色

20101114

先日、岡山で開催されたインク工房に行ったお友達から、次のインク工房は西宮開催と教えてもらいました。
最近、インク工房のスケジュールをチェックしていなかったわたしでしたが、タイミング良く、教えてもらえてよかったです。 (Twitterってべんりだな~。)

その西宮阪急でのインク工房では、またまた石丸さんに理想のインクをブレンドしてもらいました。
何度行っても幸せすぎる、この企画・・・

今回お願いしたのは、雪山をイメージしての薄いブルーと、そして雪山を見ながらいただく一杯をイメージした濃い珈琲の色。
二回行列して、二色を作ってもらいました。

まず、雪山色の薄いブルーのインクは、2010年冬季に限定発売されたのに、ブルー系はいろいろ持ってるしな~、どうしようかな~、と悩んでいる間にしっかり買い逃して大後悔した「雪明」。このインクの色をベースに、理想の色を考えて行きました。

とは言っても、実際の雪明がどんな色なのか、実物を見たことがなかったわたし。
順番が来て椅子に座り「どんな色にしましょうか?」と石丸さんに聞かれ、「雪明みたいな色がいいんですけど、雪明ってどんな色だったんでしょうか?」と、やぎさんゆうびんのようなヘンテコリンな質問をすることから、始まってしまいました。

そうしたら、色見本の中にちゃんと雪明もあって、こんな色ですよ、と見せてもらいました。とけてしまいそうな淡い、素敵な色でした。この色に、もう少しだけ、ほんのちょっとだけ重たさがほしかったので、少しグレーを足してほしい、とお願いしました。

そうしたら、一度のブレンドで理想の色合いを提示されてしまった・・・ので、あっさり完成。
いつもながらに石丸さんの魔法がこわい。

あまりの早さに、「あの儀式」のことをまた忘れていました。「名前をお付けになりませんか?」
わ~、そうでしたね、名前名前!

このインクには、お気に入りの雪山を使った、名前を付けることにしました。

あまりにもあっさりと完成して「どうぞお楽しみください」と送り出されたあと、「そうだった、珈琲色も欲しいんだった」と思い出しました。売り場の人に、もう1回お願いできますか?と尋ねたら、じゃあまた順番をお取りしますね、と二周目の番号を取っていただきました。

待っている間、文具売り場の中を見て回ってうろうろ。ダイアリーにクリスマスカード、そして年賀スタンプ・・・冬気分を高めるいろいろなアイテムを見ている間に、「椅子があきましたので座ってお待ちください」と声をかけられて、また行列に戻りました。すると石丸さん、「お帰りなさい」とにやり。

今回は、インク工房のお客さんも女性が多く、年配の女性もおられて、好きな宝石の色のインクにストレートに自分の名前を冠した方もおられてその潔さが格好よかった!いろんな人のさまざまなこだわりの様子を見ながら、隣り合わせた人とおしゃべりしながら待つのも楽しかったです。また、足を止めて見守る見物の人も多く、この半径数メートルは、石丸さんを取り囲んで、ほっこりした空間が形成されていました。

そんな中、ついにわたしの二周目がやってきました。「今度はどうしましょう?」「珈琲色、濃ゆい珈琲でお願いします!」そしたら石丸さん、う~んと黙ってしまい、目を閉じて数十秒間かたまっておいででした。
そして、振り切ったように、はっ!と目を見開き、インクをまぜまぜ、そしてぐるぐるぐる・・・・

「どうでしょうか?」
と手渡されるふでDEまんねん。その先端から出てくるインクは、まさに理想の濃ゆい珈琲色ではありませんか!
第一印象で決めてました!となつかしの台詞がよぎる。
あとはほんの少し微調整。もう少しだけ濃い目に、深煎りに仕立ててもらって完成しました。
名前は・・・これまた個人的思い入れたっぷりな、名前をつけました。

作ってもらっている間、傍らにある蛍光イエローのインクの入ったスケルトン仕様のふでDEまんねんを指差して、今回はね~、これが人気なんですよ、と石丸さん。
蛍光イエローのインク、試しに書かせてもらいましたが、み、見えない・・・ 「秘密の手紙に良さそうですね!」と言ったら石丸さんにも百貨店の人にも笑われてしまいました。(コメントが子供すぎただろうか・・・)
不思議な色の調合で、かなりインパクトのあるインクでした。

このインクもすごいけど、このスケルトンふでDEまんねん、さりげなく置いてあるけどめちゃくちゃ可愛いじゃないですか!
200本作ろうとしたのに99本しかできなくて、もう作らない、と現場から言われているとか・・・
これって買えるんですか?と尋ねたら、大人買いはだめだけど、子供買いならいいということだったので、記念に2本、買って来ました。

ふでDEまんねん、あの独特なペン先は使うのにコツが要って、難易度は高いのですが、スケルトンのボディに金色のいつものロゴでふでDEまんねんを変わらずに名乗るところが、愛らしくてノックアウトでした。
それこそイエローだとか、オレンジ色などの思いっきり淡い色のインクを入れて遊んだら楽しいだろうな~。
こたつみかん色など、さがしてみたいものです。

|

« 秋から冬へのトラベラーズノート | Main | その後のMoleskine Daily Diary »

Comments

はじめまして。
以前よりちょこちょことお邪魔させていただいていましたが、コメントするのは今回が初めてです。
実は、私も先日の西宮のインク工房に行きまして、はるるさんの次に友人と一緒に
座っていた者です。濃い珈琲色のインクのときに…。
今日ブログを拝見してびっくりしました。こんな偶然ってあるんですね。
あの時は色見本を私たちに見せてくださってありがとうございました。
私も友人もインク工房は初めてでとても緊張していたので、はるるさんに声をかけて
いただいて少し緊張がほぐれました。

またどこかのインク工房でお会い出来る日があるかも知れませんね。
ブログ、これからも楽しみにしています。

Posted by: トマト | Sunday, 14 November 2010 at 10:33 PM

トマトさま

まあ、なんという偶然でしょうか!
あの時はこちらこそ、お話ししていただいて、ありがとうございました。
優しいお友達と一緒に来られていて、いいなぁなんて思っていたのです。
わたしも実は内心、毎度毎度緊張しているのですが、今回はとても女性のお客さんが多くて、今回は、心強かったのです。

またインク工房でお会いできるといいですね!
そして、これからも気軽にコメントいただけるとうれしいです。
どんな色のインクを作られたのかも気になっています♪

Posted by: はるる | Sunday, 14 November 2010 at 11:05 PM

こんにちは♪
またまたお邪魔します。

私はパイロットの「月夜」やブルーブラック系の色が好きなので、
「月夜」よりも少し青を鮮やかにしてもらったような色をお願いしました。
頭で描いている色を説明するのは難しいですね。とくに私の場合は先に名前を
決めてしまっていたので…。
私も友人も映画を見るのが大好きで、インクにつけた名前も映画のタイトルから拝借しました。

Posted by: トマト | Tuesday, 16 November 2010 at 10:23 PM

トマトさん、こんにちは。

映画のタイトルにちなんだ名前のインクを作られたんですね…!
素敵ですね〜。
好きな要素をかけあわせて作ると、自分だけの色、と愛着もひとしおですよね。

わたしも月夜インク、大好きです。特に今の季節になると、使いたいと思う気分なことが多く、頻繁に手にとってしまう色です。
あおいろ系って本当に奥深い世界と思います。

Posted by: はるる | Wednesday, 17 November 2010 at 08:06 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24687/50026569

Listed below are links to weblogs that reference 珈琲色と雪山色:

« 秋から冬へのトラベラーズノート | Main | その後のMoleskine Daily Diary »