« Readerをめぐるあれこれ | Main | ボルドーインクの甘いささやき »

Sunday, 16 January 2011

ペリカンの魅力、再発見

P11608662011年のテーマは「在庫生活」です!
素敵なもの、欲しいものはいろいろあっても、全部わがまましてたら、きりがない!と、やっと理解したらしい。

とは言っても、何も買わないで1年間過ごせるか?というと寂しいのでたぶん無理。
新年、同僚に「今年は買い物しないから!」とせっかく宣言したというのに、「ふ~ん・・・まあ、いちおう聞いとくわ」と冷たく流されてしまいました。
さすが見抜いていらっしゃる。・・・じゃなくて、今年のわたしは何かが違うのだ!
毎年そう言っているとしても、今年こそ、ほんまにちゃいますねん(なぜかベタに、なにわ弁)。

そこで、何週間経っても本当に欲しいかどうか、じっくりとノートに書いて物欲を転がしてから、「それでも」と思ったものだけ、決めるというルールにしました。
(・・・そのわりにはReaderは嵐のように買ってしまったけど。でも毎日活用しているからよしとしよう)

去年からMoleskineに綴っているマッチ売り少女のほしいものリストが、今年も膨れ上がっていくことでしょう。

だから、しばらく新しい万年筆も買ってないのですよ!気になっているお品は、いろいろあるんですけどね~。
使うことをメインで考えたら、万年筆の数に対して手の本数が足りないことが心苦しいので。

でも次は、何か記念になるような機会があれば、物欲の熟成リストからどれか選んで迎えようと思っています。
そういう張り合いを持ちながら日々暮らすのも、なかなかいいんじゃないかしら?(←誰よ?)

在庫をあらためて振り返る意味でも、万年筆の洗浄をして、気持ち新たにインクを入れたりと、のんびりメンテしてみました。どんな色のインクを入れて使っていたのか既にわからないのもあったりして、だめすぎる自分を反省。

軸のふんわかしたみずいろと雲色のグラデーションに惚れたペリカンの万年筆、「Place de la Concorde」。
パリのコンコルド広場をモチーフにしたデザインで、限定発売されたもの。とても懐かしい、昔のお買い物です。

コンコルド広場へは、旅行で何度か行きましたが、それはいつも冬でした。毎回、曇り空だった記憶があるせいか、じぶんの中ではなぜかコンコルド広場は「石色」のイメージが強い場所です。

淡いブルーからグレーへ向かうグラデーションって、雪山っぽくもある!と目が勝手に解釈し、今では寒くなると引っ張り出してきたい、”冬の万年筆”となっています。

しかし、見た目は最高に好きなのに、ペリカン独特の平べったいペン先になぜか苦手意識があるわたし。
持っているのはMなので、ちまちました字を書くのにもあまり向いてなく、ノート用に使うのは早々に断念してしまいました。
こんなに美しいというのに、お手紙ぐらいにしか活躍の場を与えられていなくて、申し訳ないわ~と思っていた一本だったのです。

久しぶりに洗浄して、あらためてペリカンのロイヤルブルーのインクを入れ、Moleskineに書いてみました。

そうしたら!?
以前と違って、とても自分好みの字が書けるようになりました。
EF以外のペリカンで書くと大抵は自分の字でないような気がして苦手だな~と思っていたのに、普通にいつもの字が書ける。そして、ややちんまりとした文字も書きやすく思える・・・

これなら十分、普段使いできるじゃな~い♪
ということで、さっそく普段用ロールペンケースに下りていただき、レギュラーメンバー入りを果たすことになりました。

自分の書き方か、あるいはペンの持ち方が変わったのかも知れませんねえ。
わたしのほうの、経年変化だなきっと。

うれしくて、いろいろ書いてみる。
最近はまっているふかふかタオルについて。
いつか買いたい憧れの大物について。
そしてなぜか、北国行きの夜行列車について。
取るに足らないことばかりだけど、書いておきたいことが次々湧いてきます。

いままで「ペリカンのペン先、合わないかも」なんて決め付けてて、ごめんねぇ~!

こういうことがあるから、在庫生活も、なかなか楽しい!
いろいろ引っ張り出してがっちり使ってみると、かくれてた魅力の新発見があるはず。
あらためてのお付き合い、深めてみようと思います。

|

« Readerをめぐるあれこれ | Main | ボルドーインクの甘いささやき »

Comments

ペリカンもいいですね。私もモンブランだけでなく色々なものを試してみたいとは思ってます。その中でもペリカンやモンテグラッパが使ってみたい万年筆です。今度伊東屋で見てみようかな・・・

いつも物欲を刺激して頂きありがとうございます(笑)

Posted by: star_montblanc | Sunday, 16 January 2011 at 06:20 PM

この万年筆、色々な方のサイトで拝見して可愛いなあ~って思ってたんです。
ふんわりした色合いが、わたしが勝手にイメージしているはるるさんにぴったりです^^
わたしも万年筆はこれ以上増やさないぞ、年に1本と決めていて、しっかり守ってます。
でも靴とか靴とか靴とか・・・気付いたら増えていて、万年筆だけ我慢しても意味がないとも言えます。
今日、靴を磨いていて反省しました。しばらく自重します^^;

ペリカンの万年筆はあこがれのひとつです*^^*

Posted by: USA | Sunday, 16 January 2011 at 06:59 PM

star_montblancさん、こんばんは。
そうなんですよ~、それぞれ個性が違って、いいところがありますもんね。
モンブランのまるっこい書き味も、大好きですよ~。

しかし、伊東屋さんでいろいろ試すと、魅惑的なものがありすぎて、半日がかりとかの壮大なお話になりそうですね♪

Posted by: はるる | Sunday, 16 January 2011 at 09:37 PM

USAさん、こんばんは。

いやいや、わかります!靴とか靴とか靴・・・は、数要りますよねぇ。特に冬は、コートやバッグの色とかと、しっかり合わせたいですしね~。

ペリカンのこのシリーズは、あまりに惚れこんで、のちにボールペンも探しぬいて、揃えることになったのです。
ペリカン万年筆も、ぜひいつかお仲間にどうぞ♪

あ、でもわたしは、ふんわりとか言われると恐れ多い・・・・ぼーっとなら、している自信はありますよ♪

Posted by: はるる | Sunday, 16 January 2011 at 09:43 PM

こんばんは。

在庫生活・・・私もこの辺で考えないといけないと思っています。
使いっぱなしで洗浄もサボっているペンもあって、これではダメだと反省しています。

ほんとうに欲しいモノだけ。それも十分吟味してから購入するための
欲しいものリストっていいですね(^^)

Posted by: tenra77 | Sunday, 16 January 2011 at 10:06 PM

tenra77さん、こんばんは。
こういう見直しをしてみると、家にあるものたちがさらに可愛く思えますよね~。
だって、今までのものも、気に入って買ったものばかりですもんね。

つきあい方を変えてみると、また違った魅力があるかも!と思うと、在庫生活、なかなかに奥深いです。

Posted by: はるる | Sunday, 16 January 2011 at 10:41 PM

はるるさん、こんにちは。

私は発売時にはなぜか買わず、去年どうしても欲しくなってしまって
探しました。でも、当然どこのお店に聞いてもダメ。
で、諦めかけた時に別件で立ち寄った伊東屋さんの万年筆売場
ショーケースで燦然と輝いているのを発見しました。
「えぇ?!」と思ってショーケースに張り付いていたら店員さんに
「お出ししましょうか?」と聞かれて「はい!これください!!」と
勢いよく言ってしまいました。
少し前に伊東屋さんに立ち寄った時は見当らなかったので、
ここには無いものと思い込んでいましたから、驚きました。

とても愛しい万年筆なのですが、ペン先がMなのです。
私は手書きが好きなくせに字が汚くて、太いペン先で書くと
更にそれが際だってしまうようで、はるるさんとは逆にお手紙には
使えず、誰にも見せない雑記帳に思う存分書いてます(^^;)

Posted by: ノン | Monday, 17 January 2011 at 11:03 AM

ノンさん、こんばんは。

それは感動的な再会でしたね~!
探しもとめてあきらめて・・・の末だから、うれしさもひとしおだったでしょうね。
Mだったら、わたしとお揃いですね。はじめは上手く書けない~と思っていても、いつか突然、自分の使いぐせに向こうが馴染んできてくれるかもしれないですしね♪
誰にも見せない雑記帳・・・そういう日常の中で、ずんずん使っていくのがベストですよね。馴染みも早いし、何よりもいつも目にしていたいですもんね。
お互い、可愛がりたおしましょう!

Posted by: はるる | Monday, 17 January 2011 at 09:38 PM

はじめまして。文具大好きでいつも拝見させてもらってます。
同感。
確かに・・・ペンの数に対して手の本数が足りない。
ノートやら手帳は、山のように夢のようにあるのだけど・・・・

Posted by: nozomi | Tuesday, 18 January 2011 at 09:23 PM

nozomiさん、こんにちは。
文具がお好きなのですね。
ほんと、いろいろ楽しいですよね~。

ノートや手帳が、山のように「夢のように」っていうのがいいですね!
そう考えると書くのがますます楽しみになります。
どんどん書いて、活用しましょうね~、お互いに!

Posted by: はるる | Tuesday, 18 January 2011 at 10:05 PM

私もまさに!在庫生活を目指して新年から、あれやこれややってたとこです。
コンコルド、私のはFですが、最近は800を使ってます。
ポルシェデザインのボールペンなど、二年前に買ってしばらく放置してたのを
最近出して、リフィルを取り替えたりして、楽しんでます。
もちろん、新作、限定などの誘惑はたくさん、物欲もたくさんですが
新年、在庫を見直し、使い勝手を再発見ってのも悪くないかな。

Posted by: yukky | Wednesday, 19 January 2011 at 02:45 PM

yukkyさん、こんにちは。

コンコルドもお持ちでしたか♪
Fだとまた、活躍の場が変わってくるのでしょうね。

ポルシェデザインのぺン、かっこいいですよね!
硬派な男性!というイメージがあります。
在庫を見直し、使い勝手を再発見、まさにおっしゃるとおりです。
また新しい魅力に出会えるといいですね。

Posted by: はるる | Wednesday, 19 January 2011 at 10:21 PM

はじめまして。こっそりみていただかせていたものです^^
EBayで落としたモンブランモーツァルト114ボルドーMで日記を書きながら
はるるさんのボルドーインクとモンブランボルドーエッセイを読みあたって、
ボルドーインクボトル、や、レーシンググリーン,ターコイズ旧ラインナップを探し倦ねた
事が懐かしいです。まだ1月しかたっていませんが。。
2011.5.11ほぼ日手帳が来て以来、万年筆と、インクにおぼれています。
こちらで、一目惚れしたコンコルド広場のF、ヤフーオークションで法外な価格で出ていて
ココロうごきましたが、昨日EBayの個人輸入で35000程でF nib新品に出会えました。
とてもうれしかったのと、今年だけで15本になってしまった万年筆購入を打ち止め宣言^^
しようとおもいます。音楽ビンボー、から、すきな音楽が減ってホッとしていた矢先の事件でした。
146ボルドーEFやジョンレノンスペシャルエディションEFのペン先交換に待っている時間に
ペリカンM320orenge EF,M320 red EF,LAMMY japan edition EF,Monterosa 049G EF,...
irosizuku,月夜、夕焼け。エレバン、ヴィオレパンセ,ムーンシャドウ。セーラー、ピッシェ。
もう、14色のインクに彩られたBlack Caseのほぼ日手帳は、手放せなくなってしまいました。
こんなにアナログアーカイヴ熱にうかされたのも、はるるさんのブログに出会ってしまったからだなぁ。。と
おもいかえします。すてきなたのしみをありがとうございます^^
ビンボー脱却宣言で、日常の経済活動をとりもどしますよー

Posted by: djmoon_jp | Sunday, 19 June 2011 at 06:50 PM

djmoon_jpさん、こんにちは。
はじめまして!

14色のインクがちりばめられたほぼ日手帳、とても素敵!
それにしても、魅惑のラインナップですね。毎日いろいろ書き付けるのが楽しくてたまりませんね♪
探し物になかなか出会えなくて、あちこち探して・・・という時間、わたしも好きです。見つかったときの感動はひとしおですもんね。
これからも、素敵なインクやペンに囲まれて楽しい時間をお互い満喫しましょう!

Posted by: はるる | Monday, 20 June 2011 at 10:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24687/50600494

Listed below are links to weblogs that reference ペリカンの魅力、再発見:

» モールスキン東京シティブックを活用してみる [海cafe2]
ここ最近、カメラやインテリア中心の更新を続けていますが、 海cafe2の本流は「手帳&文房具」であります。 しかし、長年に渡る手帳構成の迷走に終わりをつげ、 更に欲しかった万年筆(デルタのドルチェヴィータ)を買わずに カメラ買ったりしてるもんですから、当然お金がたまるまでは 我慢しなければいけません。... [Read More]

Tracked on Friday, 04 February 2011 at 09:55 PM

« Readerをめぐるあれこれ | Main | ボルドーインクの甘いささやき »