« February 2011 | Main | April 2011 »

March 2011

Wednesday, 30 March 2011

雷鳥と金沢の思い出カバー

20110327

3月のはじめに、金沢へ旅しました。
50年近く走り続けた、大阪発北陸本線の特急「雷鳥」が引退することになったので、乗りおさめに出かけたのです。

祖父母の郷里が石川県のため、わたしたち孫も、夏休みに雷鳥に乗って遊びに行くのが楽しみでした。
雷鳥のバージョンアップ版である「サンダーバード」が走りだしたので、帰省のたびに「車両も新しいし、大阪まで早く着くからサンダーバードに乗ってみる?」と薦めても、祖母は「雷鳥の方が、おっとりしてていい」と言います。

クリーム色にあずき色の、いかにも”国鉄”な色の雷鳥さん。ダイヤ改正で次々投入される最新車両を見ていると、雷鳥さんはやはりひと昔前のスターな感じも。
引退は時代の流れとはいえ、強固で重厚な車体はまだまだ頼もしく、もう少し走れそうなのに。とても寂しいです。

ラストラン間際になると、引退フィーバーでのんびりと乗れなくなるだろうから、少し早めに乗りに出かけよう!と金沢への旅を計画しました。東北の地震の前の週でした。

1泊2日で金沢をまわり、小松に移動してお墓参りをする予定だったので、あまり時間は取れないと思っていたけれど、絶対に行きたかったのは、新竪町にあるお店「benlly's & job」さんでした。

benlly's & job さんに行くのは2008年以来、久しぶりです。
また行くことができたら、革のダイアリーカバーのオーダーをお願いしようと以前から決めていました。サイトからもオーダーはできますが、なぜか、直接行ってお店でオーダーしたかったのです。いつかその来る日のためにと、常日頃からプランをあたためていました。そしてようやくその機会が雷鳥さんによってもたらされました!

今回、オーダーをお願いしたのは、original pen lock A6diaryをベースにした、ほぼ日手帳用の革カバー。ペンホルダーがカバーのおもて面についていて、ペンを差すとそれが鍵のようになるというデザインです。
手帳を開くにはペンを抜かなければならず、この、ひと手間を要する「わざわざな感じ」が、秘密ノートっぽくて、ふふふ。
って別に秘密は書かないんですけどね。

さて、まだ決めていなかった革の色。どうしようかな・・・と雷鳥さんに乗りながらぼや~っと考えていましたが、金沢に着くまでに結論は出ず。

というのに、お店では突然「ネイビーの革に赤いステッチだ!」とひらめきました。なんのお告げでしょうか?とにかく、その直感を信じて色を決めました。
今思えば、キャメル革×赤いステッチという、「雷鳥さんカラー」にするという手もあったな・・・

ペンホルダーの太さは、好みのペンに合わせて作ってもらうことができます。
当初、サファリの赤を指して使おうかな、と思っていましたが、ペンホルダーが太巻きになりすぎそうなのでやっぱりやめて、少し細身の万年筆である、PILOT・デラックス漆と合わせることにしました。
ネイビーのカバーと万年筆、ぜったい良く似合うはず!

お店で楽しくお話しながらオーダーを済ませ、その後、刻印のことやペンホルダーのサイズの事など何度かメールで連絡をやりとりしました。あとは完成と到着を待つばかりに。

その間に、東北に地震が起こりました。日々明らかになっていく現地の大変な様子を知り、心の中にいろいろな思いがよぎっていた頃、金沢からこのカバーが届きました。

はっと我に返ったよう気持ちになりました。
一週間前、このカバーをオーダーした時の、普通の時間。

今回の震災で何も影響をうけなかった人は、背中をしゃんとして、現地のことを見守りつつ、普段どおりの毅然とした毎日を過ごしていくこと。それだけが、自分にいまできることという、揺らぎかけた日常へ引き戻された気がしました。

包みを開けて出てきたカバーはとても素敵。ネイビーの革に赤いステッチ、お願いした通りの刻印とペンホルダー。わたしのところへよく無事に来てくれた、と愛おしく感じました。
早速ほぼ日手帳に着せて、革の良い香りがする、まだまだ堅い手触りのカバーをあけたり閉めたりしています。ペンホルダーでのペンの出し入れはまだ堅めでぎこちないけれど、そこがまた、新入りさんな感じでほほえましい。

ところで、この中身となるほぼ日手帳、今年のわたしの使い方はというと・・・。
今年のテーマは、「人に見せられる日記」。こんな本が良かったとか、新聞記事にぐっと来たとか、このお店に行ってなかなか良かったよ、などなど・・・友達や周囲の人に、「ちょっとこれ見て~」とページを見せながらおすすめできる、よりオープンな1冊を作ってみたいのです。

楽しくておいしくてかわいくてきれいでちょっとおかしい・・・、いろんなことが詰まった一冊に育てていきたいです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Tuesday, 22 March 2011

世界の駅と空港の本

20110321

旅行の際、楽しみにしていることのひとつが、現地の駅と空港を見られることなのですが、自宅にいながらにしてそれらを堪能できるお気に入りの本があります。
旅に出たいなぁと思っても、ままならない時。そんな時には、きまってこの本を開きます。

それは「世界の空港~Airports~」、 「世界の駅~Stations~」というタイトルで、ともにピエ・ブックスより刊行されています。

特に、「世界の駅」のほうは、表紙がわたし一押しのドイチェ・バーン、ドイツの国鉄の写真であるところがたまりません。(こちらも日本と同じく民営化されたので、正式には現在は国有鉄道では有りません。愛称もJRのように、DBと略されています。)
ニュルンベルク駅にて発車を待つ、ICE(新幹線)のおたふく顔ったら、なんとも愛らしいではありませんか~。

さて、いずれの本も、中身は世界の駅と空港の素敵な写真のオンパレード。ページに文章は一切なく、都市名と国の名前が添えられているだけ。ビジュアル以外の情報が入らないので、写真を見ながら、勝手に想像を膨らませるのが楽しいのです。この潔いつくりが、なかなかにくい。

駅といえば、その街のランドマーク的役割であることが多いもの。歴史的価値を持つ建物があったり、そうかと思うと一方では宇宙的な、斬新な近代建築だったり。
また、そのロケーションもさまざまで、街なかにあるもの、信じられない角度の傾斜の中に乗っかる山岳鉄道の駅・・・
など、とどまるところを知らないバリエーション豊かな駅が次々登場します。

そして空港については、そのデザインの自由度といったら駅以上にインパクトがあります。空港というと、どうしても広大な敷地、近代的な建物を想像してしまいますが、世界には意外にも、こじんまりした空港もたくさんあることにも驚きます。

島に設けられた滑走路。その向こうはもはや青い海。少しのオーバーランも許されない感じ・・・その横に設けられた、事務所のようなささやかな建物、これがきっと空港ターミナル。
はたまた、滑走路がまるで砂漠の中に描かれた地上絵のようにも見える、中東の空港。
都会の空港にはメタリックな大屋根がきらめき、ターミナルの吹き抜けには大きなオブジェが吊り下げられていたり、視線を上げてゆっくり見ないともったいないなと思わせる大掛かりなつくりもいっぱい。今度から、短時間のトランジットであっても、ちゃんとターミナルを見渡すことにしようと思いました。

それぞれのロケーションや建物、そしてそこにスタンバイする航空機や列車も魅力的ですが、乗客や働く人、その姿がいろいろ見られることが、実はこの本にひかれた一番の理由かも知れません。
世界各地の日常って、こんな風に普通に流れているんだろうなぁ。知らないどこかで、この写真のような毎日が。それぞれの行き先があって乗ったり降りたり、電車を待ったり飛行機を乗り継いだり。

わたしもまた旅に出て、知らない駅や空港をひとつでも多く見て回りたい。誰も気に留めることのない乗客になって、見慣れないターミナルを隅々まで覗いてみたい・・・。そんな夢を描きつつ何度も繰り返しこの2冊をめくっていれば、おだやかでゆっくりした時間を過ごすことができます。

このシリーズ、「世界の家」など他にもいくつものテーマで発行されていて、どれも写真が綺麗で、また、手軽に見られるサイズなので、手許において楽しむのにはいいシリーズだなぁと思います。近刊では、「世界のポスト」というものも出ていたみたいで・・・
それがいま少し、気になっています。
この数日、あらためて、本と過ごす時間のありがたさを知った気がしました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sunday, 20 March 2011

とどきますように

20110319 このたびの東北地方太平洋沖地震におきまして、被災されたみなさまに心よりお見舞い申し上げますとともに、犠牲となられたみなさまのご冥福をお祈り申し上げます。

一日も早い復興・復旧と、もとの心安らかな生活を取り戻すことができますように・・・

また、余震や計画停電などで不安・不便な生活を送られている地域のみなさま、そして現地で復興・安全確保にあたられているみなさまのご安全を祈るばかりです。

この1週間、被災地の様子を報道を通して知るにつけ、心が痛み、さまざまな思いがよぎり、どんな言葉を発していいのかと悩むあまり何も発信ができませんでした。

ただ、なにも被害を受けていない人間が必要以上にしょぼくれていても意味のないことだな、という気持ちのほうがようやく大きくなりました。

離れている自分に今できることは、ささやかな応援だけです。
関西からは直接お役に立つことは少ないかもしれませんが、まず節電。職場でも、人通りの少ない場所にはすかさず仲間と「節電中です!」と貼り紙をして消灯を実行しています。
また、募金に協力したり、他にも身の丈でできることがあれば応援活動をしていきたいと思います。

そして今回、阪神淡路大震災の時のことを思い出さずにはいられませんでした。
あのとき、各方面から届いた心配の声、応援の励まし、ちいさなサポートが本当に嬉しく感じました。
当時は神戸に隣接した都市に住んでいました。自宅は、建造物そのものには大きな被害はありませんでしたが、なぜか3か月以上水道が復旧せず、水が普通に使えることのありがたさを痛感しました。

自転車がガラス片でパンクしたので修理に持っていくと、「震災やから修理代は要らんよ」。そのお店自体も被害を受けているのに・・・
また、さまざまなボランティア活動にも励まされました。中には日頃”怖い”と思っていた団体さんの炊き出しテントも。「給水待ってる間、豚汁食べて行き」と差し出され、無愛想な心遣いにほっとしたこともありました。仕事場には東京本社や各地の取引先から、お見舞いの声や支援物資が届いたことも嬉しかったです。

壊れた駅には仮設のプラットホームができ、分断されていた線路が何か月もかけて一駅づつ復旧されて、ライフラインの復旧状況を知らせる新聞記事、生活が少しずつつながり始めるといったちいさな「希望」が、当時大きな支えになりました。
以前と同じ姿に戻らなくても新しい営みが生まれていき、失ったものも多かったけれど、あらためてその大切さに気がついたことも、たくさんありました。

でも、今回の地震の規模や状況を思うと、町ごと大きな波に飲み込まれてしまうといったショックは、地元の方にとっては、いかばかりかとお察しいたします。
テレビで届けられる映像はほんの一部。伝えられない苦労が神戸の時と同じように、それ以上にあるだろうことを思うと、軽々しい言葉はかけられないけれど、一日も早く、日本中に暖かい春が訪れて、心なごめる暮らしが取り返せるよう祈り、できることを探してささやかな応援を続けていきたいと思います。

| | Comments (0)

Friday, 04 March 2011

10年目のRollbahn

20110304

最近、在庫生活がびっくりするほど順調です。
このリズムを崩すまい、と文具売り場や雑貨コーナーには極力、足を運んでいなかったのですが、ふと通りかかったお店で、目が勝手にRollbahnの文字に反応してしまいました。

Rollbahnのロゴが、ノートじゃないものについている??
なにやら布製品に見えるなあ??

鼓動を抑えながら棚に近づくと。
Rollbahnとプリントされた布のペンケースたちが、各色ずらりと並んでいました。

Rollbahn(ロルバーン)シリーズが、発売10周年を迎えるそうです。そのアニバーサリーとして、発売されたのがこのペンケースを含む商品たち。

ノートでは、これまで何冊もお世話になっているロルバーンだけど、ペンケースは、確かにこれまでなかったかな~。

カラーバリエーションの中でもわたしの一等のお気に入り、ネイビー×イエローの「ルフトハンザな配色」、ペンケースになるとますます、いけてるやん!
うわ~ノートとおそろいで使いたい~!

10周年のお祝いなら、お話は別。在庫生活中でも特例でお許しが出るはず。
「よし、買っていいぞ!」「は~い、そうします~」(←頭の中で寸劇中)
足取り軽く、レジに向かい、10周年ペンケースを連れて帰ってきました。

サブの(っていくつめのサブだ)ペンケースとして使うのにちょうどいい小ぶりなサイズ、無駄のない身長、中身を詰めても重くならないところなど、使い勝手もよさそうです。

ファスナーを開けると内側に、10周年記念であることを示すタグがついているのも、お祝い気分を盛り上げてくれますなあ~。
ちょうどこの週末、極小な旅に出るので、早速、旅ノート向けの筆記具をつれて、新人ペンケース研修を行ってまいります♪
もちろん、先輩ロルバーンノートと、顧問のトラベラーズノートも一緒に。

しかし10周年なのかあ~、ロルバーンシリーズ。
以前はドイツ語表記の雑貨ってあまりなくて、英語以外の外国語といえば、圧倒的にフランス語ばかりが使われていたような。
でも最近は、ダイアリーのデザインにもドイツ語を使っているものが非常に多くなりました。ドイツ語好きなわたしとしましては、かなり心がうきうきしている昨今なのでございます。
店頭で、書いてある言葉の意味を考えるのが結構楽しかったりして。

昔はドイツ語も記号にしか見えなかったけど、ドイツ語学習・苦節4年、ある程度の意味はわかるようになりました。 デザインとしてのドイツ語、その先陣を切ったともいうべきロルバーンシリーズ。偉大な功績だと思います。

そしてなんといっても、気持ちに旅の成分を注入してくれるので、持っているだけで楽しいのです。
「日常が旅になる」、トラベラーズノートとロルバーンに共通な、いいところだなー。

この10周年の記念アイテム、他にもノート、Tシャツなどがあり、こないだ「新色が出てる~」と思って買ったペパーミントなブルーのノートも、この記念アイテムだったようです。

Tシャツ、結構いいなあ・・・
もすこし考えよう。
でもいいなあ・・・。
(以下同文)

この10周年記念シリーズについて、こちらのお店の紹介ページが見やすくて、みんなかわいく写ってます。

| | Comments (12)

Wednesday, 02 March 2011

B6リングノートがある時、ない時

20110302

自分の担当している仕事は、今の時期、ひとつ仕上げて締め切りに滑り込ませたら、よっしゃ次、いってみよー!という感じの、まさに山場にあります。

これは毎年恒例行事、早春の風物詩。
この緊張感あふれる日々が、心地良かったりもして・・・

仕事用スケジュール帳であるQuoVadisエグゼクティブノートの正方形カバーに、二つ折りにしたA4の書類が不恰好にどんどんはさまっていき、それは次第に分厚くなる。

見た目など構っていられなくなるこの緊迫感が好きでもあり、プレッシャーでもあり。

いろいろな細かいこと、一度にできないことをエグゼクティブノートの右側頁のメモ欄に書いていくのですが、それがすごいペースで埋まってしまうので、そうなってしまうとメモ兼ノートが必要になります。

そんな毎日に、強力な助っ人が!
最近は、業務日誌的にB6のリングノートをデスクの上に広げ、そこへなんでも書くようにしています。

リングノートの良いところは、裏に折り曲げて半分のスペースで置いておけるところ。リングの内部にペンを挿すことができるところも、都合がよいのです。

毎朝、出勤したら、日付と曜日を書き入れ、今日やることを確認します。さらにお天気とかも書き入れたりしたいところですが、そうなると、脱線していろいろ書きそうなので、あくまでもクールに、ビジネスライク(?)に端正に。

これまでは、普通に、ただなんとなくメモを取る程度に使っていたB6ノートでしたが、毎朝、日付を書き入れるようになってからは、仕事の中での存在感と役割がぐんとアップ!仕事が気持ちよく進んでいる、ような気がします。
手書きでなんでもかんでも書き出していくのって、清々しいですね~。

まるで、「551がある時」と「ない時」ぐらい、わたしの仕事気分はうきうき様変わりしたのです。
(関西以外にお住まいの方は、もしかしたら「なんだこのタイトルは?」と思っておいでのことでしょうか・・・
「もしや」と思って調べたら、関西ローカルCMでした。)


そんな、気持ちの180度変化を映すように、今週のB6ノートは、半端でない消費量。
それに比例するように、仕事がとってもはかどっているのです。

相変わらず忙しいけど、やることが出てくればそれだけノートに書き付けられてうれしいし、それを見返していると「う~ん、めっちゃがんばってるやん」とひとり酔いしれる時間もまた楽しいの~!
って、完全に変な感じになっていますが、楽しむことが大切よね。

現在、使用中のB6ノートはLiFEのN91a。紙でできたポケットがついているのがさりげなく便利です。表紙の落ち着いたネイビーの、レトロで渋いデザインも好きだし、中身の紙は、薄いグレーの方眼罫で、これがまたかわゆいんだ!

LiFEのノートの紙は、万年筆でゆっくり書いていたいしあわせな素敵な紙なのですが、機動性を重視するためジェルペンを使います。
仕事での書き込みにはSTYLE FITの0.38が、もっとも速記性があがるような気がするので、ここんとこそればっかり使っています。
おかげで、レフィルをだいぶ消費してしまいました。
そのうち使い切ってしまうだろうから、次はSARASAstickを使おうかな。
手持ちのペンを順番に消費できるのも、手書き生活の爽快感です。
ペンを使い切るのって、気持ちいいなあ。高校生が、「インクの減りを見ると、”勉強したな~”と気分が盛り上がるから、ジェルペンを使う」と支持する気持ちがとてもわかります。

LiFEのノートの次には、あまりの表紙の色の爽やかさに瞬きしながら買った、ミントブルーが愛らしい、ロルバーンノート。
ロルバーンノートを仕事で使うのも、気分に旅の成分をプラスできて、これもなかなかいいな、と思います。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2011 | Main | April 2011 »