« 切手で旅するさくら列島 | Main | 旅の素材でカスタマイズ »

Saturday, 09 April 2011

カラーダイアリーボックスでつくる12の言葉集

20110409手紙を一通、「書こう!」と思ってから書き終えるまでの時間って、普通はどのぐらいかかるものなのでしょうか。
わたしはものすごく長い方です。

書き始めたらあっという間なのですが、そこまでの道のりが遅い。何を書こうかと考えて構想を練るところで留まってしまい、なかなか書き出せずにいるうちに、差出予定はどんどん遅れてしまうのです。

そのくせ実際書きはじめると、予定原稿はどこかへ吹っ飛び、その時思ったままの自由な内容になってしまいます。
ポストに投函したあたりで「しまった、肝心なことを書き忘れた」とがっくりきてしまうことも多く、チャーリーブラウンかわたしゃ・・・・となさけなーくなるのです。

日本語の手紙でもこんな日常なので、はりきって海外の人に手紙を出すぞ!なんてことになると、はがき一通書き終えるまでに何日かかることか・・・。

手紙本(←の類が好きだからいっぱい持っている)をあれこれ見比べて、文面を考えます。

とはいえ、中身はたいしたことないものばかり。
最近こちらは暖かいです、とか、こんな行事がありました、とか、最近こんなところへ行きまして、名産ものを食べましたとか、外国語で手紙を綴ろうとすると、とたんに絵日記レベルになるのが哀しい・・・><

しかも手紙特有の表現というのも気になるところ。この表現で相手の方には失礼に当たらないのだろか、はたまた、結構古い手紙本を参考にしてるけど、まさか「武士の手紙」みたいな文章になってるんじゃなかろうか・・・など、心配しだすときりがありません。
こんなことをしているので、ますます、牛の歩みになってしまうのです。

しかし、考えてもわからないことは悩んでも仕方がない。あまりにも間違っていたら、きっと相手が添削してくれるでしょう(←他力本願)。手紙も恥もどんどんかいていきましょーっと開き直り、スピードアップをはかるため、一度調べた内容は2度引きしないで済むように「お役立ち手紙文例&単語集」を作っていくことにしました。

出先で絵はがきを買って、ささっと書いて投函、なーんてこともしてみたいから、携帯できることが前提。軽快なノートで作っておきたいなあ。と家の中を見回すと、いました、とてもいい候補が。
Moleskine カラーダイアリーボックス!
中の12冊ノートを1冊ひと言語で使うことにしました
(わたしのカラーダイアリーボックスは、2010年版です。去年の春先、50%offになってたのをロフトで目撃し、何かに使えそう、と買ったのだった・・・。ちなみに現在も、公式オンラインストアで50%offになっています)

これなら、1冊が軽いし、中身は罫線なので普通にノートとして使えます。
そしてなんと言っても色違いの12冊セットというのがありがたい!各言語ごとに分けられるから、モチベーションがあがるというものです。
といっても、12か国語を駆使して手紙を書くような日々は、果たして訪れるのでしょうか?
ま、備えあれば憂いなし、ということにしておきましょう。

とりあえず、1番のレッドから英語、ドイツ語、ロシア語、フランス語、そして最近始め(ることにし)たチェコ語を割り当てて、DYMOでタイトルを貼りました。
これだけで今、大きな達成感に包まれています。ってそこで止まらないようにしないとね!

|

« 切手で旅するさくら列島 | Main | 旅の素材でカスタマイズ »

Comments

はるるさん、こんにちは。

すごいですね。英・独・仏・露と4ヶ国語も使えるのに、
更にチェコ語まで!
学校英語で躓いてから、未だに英語ですら四苦八苦している
私には夢のまた夢です。
いろいろな国からお手紙が来るのはそれはそれは楽しみですね。
各国からエアメールの舞い込んでくる生活・・・。憧れます。
そんなにたくさんの国にお友達がいらっしゃるなんて、
もしかして、欧州にお住まいだったのでしょうか。

Posted by: ノン | Monday, 11 April 2011 08:23 AM

ノンさん、こんにちは。

四カ国語…
わ~使えません、使えてませんよ~^_^;
英語と仏語以外は大人になってから始めたものなので、まだまだ道のりは遠いです。手紙も辞書をひきつつ、何時間もかかって子供の手紙みたいなのをやっとこさ書いてます。
チェコ語は、今度旅行で行けそうななのでかじってみることにしました!
欧州に住んで…みたいですねぇ。欧州どころか、関西も出たことないので、一生のうち一度は異国暮らしを経験してみたいです。
手紙相手は、以前旅先で知り合ったり、宿の家族のかただったり、趣味のウィンタースポーツがらみの相手が多いです。

Posted by: はるる | Wednesday, 13 April 2011 08:10 AM

はるるさん、こんにちは。

>辞書をひきつつ、何時間もかかって・・・
これってお手紙を貰う側にしたら、とてもすてきなことですよね。
もちろんサラサラと書ければそれが一番ですが、慣れない言葉で
一所懸命自分の事を思って書いてくれたんだな~と思うと、
それだけで嬉しさ倍増だと思います。
旅先で出会った方とずっとご縁をつないでいく。これもまた憧れです。

いつも手紙を書くとなるとついつい身構えてしまい、何度も下書きを
繰り返した挙げ句、投函しない(できない)こともよくあります。
さらっとその時の思いを書くだけで良いんだと分かってはいるのですが、
相手の手元に残ると思うとなんだか気になってしまって。
結局は格好つけてるだけなのかもしれません。
でも、お手紙は大好きなので、懲りずに書いてます(^^;)

ずっと関西にお住まいなのですね。私はずっと関東在住です。
関西は京都、奈良、神戸、大阪など主要なところに観光で
ちょっと行っただけですが、伝統と美しさとエネルギーがギュッと
詰まった不思議空間といったイメージです。

Posted by: ノン | Wednesday, 13 April 2011 08:44 AM

ノンさん、こんにちは。
下書きを繰り返して、結局出せない…
ありますね〜。
こういう時間も結構好きです。
そして、どんなはがきを使おうかな、とか悩む時間も楽しいです。
お手紙グッズを仕入れに行くのもこれまた魅惑の時!

関東は、永遠に憧れの地です。飛行機でも新幹線でも、東に進むに連れて異邦人感覚が高まります。
狭いようでやっぱり広い日本、いろんな顔を持ってますよね。

Posted by: はるる | Thursday, 14 April 2011 05:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference カラーダイアリーボックスでつくる12の言葉集:

« 切手で旅するさくら列島 | Main | 旅の素材でカスタマイズ »