« 旅の小箱(6) プラハ・文具と郵便と建築と。 | Main | トラベラーズノートの里帰り »

Friday, 25 November 2011

5年目の黒革手帳

201111252008年から使い始めた能率手帳ゴールドも、来年、2012年版で早くも5冊め。
能率手帳の流儀を読んで、それからなんだか手帳に沸き立って・・・
桐の保管箱が当選して・・・・・・
空前の手帳(マイ)ブームだった、あの頃。
あれからもう5年になるのね~。

魅惑の手帳が多いせいで、いろんな用途をひねり出してはあれこれと使っていますが、基本的に、スケジュール帳としての手帳は、そんなに変更はしてないんです。
仕事用とプライベート用は分けていますが、結局、レギュラー陣は固定メンバー。打順は若干変わっても、顔ぶれは変わってないのです。

そんな不動の4番(?)は、能率手帳ゴールド。
来年も、サイズは小型版を選びました。

能率手帳を買うときは、これまでは、東京に出た際に伊東屋さんに立ち寄って、名前を入れてもらっていたのですが、今年は大阪にある、全国展開の大きな本屋さんの文具コーナーを通じて、名入れしてもらいました。

字体は伊東屋さんの時と共通なのですが、名入れの位置がちょびっとだけ違うのが新鮮。

ほんの数ミリの違いでも、表情って結構変わるもので、別に並べて使うものでもないので、これはこれで気に入りました。
今年も、金色の筆記体文字が可愛いです。

そして、今年、表紙の内側にリバティプリント地の紙を貼ってみて悦に入っていた工作の時間を、2012年版もやってみることにしました。
ささやかなアレンジでしたが、表紙を開けるたびに、また、閉じていても隙間からチラッと見える小花柄が、うきうき感をプラスしてくれました。

完全に自己満足。
別に、能率手帳が可愛くある必要は全くないって、根っこのところでは思ってますよ♪ (どっちやねん!)
黒くて渋くてシンプルで、おっちゃま風でも別にいいの!
この表紙のふかふか革があれば他には望まない。

でも単に、工作するのが好きなのよ~*

2012年版工作の、技術改良点は、貼る素材として本物のファブリックを用いたところ。
手持ちのはぎれから好みの柄をオーディションして、ベージュ背景の小花柄に決めました。

前回貼ったのは、やや硬さのある紙(リバティムックからのリサイクル☆)でしたが、今回は布地なので、紙を貼ったときよりも手帳表紙の厚みにほとんど影響がなく、ゴールド手帳の持つしなやかさをキープできたことが、高得点です。
柔らかいベージュ背景の花柄もお似合いで、これはいいわ~、と、またまたひとり悦に入ってました。
しかし、いかんせんO型仕事ですので、若干、大雑把な造りとなっておりますっ。
布地は、狙ったサイズ通りに切り抜くのが難しいっす。布地カッターがなければもっとひどいことになっていたでしょう・・・。

今年使っているゴールド小型手帳も、あとひと月を残すばかりとなった割には、とても美しい姿をキープしてます。使い込みが足りないのかしら?
表紙にもそれほどの変化は認められないし、革に目立った傷もないし、もうすぐさよならだと思うと残念というか、もったいない・・・。
中身のページを振り返ってみると、文字ばかりの素っ気ない週もあれば、暇だったのか、イラストまで書き加えている週もあり、向き合い方にムラがありすぎておかしい。そんなちぐはぐが自分なりにも興味深いです。

それにしても当の本人であるゴールド手帳の本体は、2012版と2011年版を見比べてみても、おまけのページ含めてまったく変化なし。
ここまでスタイルを貫けるところは、ある意味素晴らしい・・・
でも2013年こそは、ボルドー色の革表紙のものを出して欲しいな♪ (毎年抱いてみる願望。)

今度また、ブロックカレンダーも作成してみようと思います。

ああ~、こういうことをしている間にも、もう12月がひたひたとー。
1年なんて、あっという間ですね。
あと1か月、この手帳がますます素敵なことでぎっしりになるよう、ますますパワフルに駆け抜けたいと思います。

|

« 旅の小箱(6) プラハ・文具と郵便と建築と。 | Main | トラベラーズノートの里帰り »

Comments

来年も、おそろいヨロシクお願いいたします(ぺこり)
内側、また可愛くしましたね〜
(布貼りなんていう繊細かつ器用なことは、まあ私には絶対できないのでシールやテープなどの無難なものをはり付けてみようと思います!)

Posted by: ほしの | Friday, 25 November 2011 at 04:19 PM

ほしのさん

こちらこそ、来年もおそろいでよろしくお願いします~。
繊細な作業では・・・・ないのです。だってO型だもん(って他のO型のみなさまごめんなさい。)
ざっくりが信条!

まあ、こういうささやかな悪あがきがゴールド使いの楽しみでもあります。ほしのさんのアレンジも楽しみにしてますよー。

Posted by: はるる | Friday, 25 November 2011 at 10:12 PM

はじめまして。
リバティ好きでいろいろなブログを巡っていてたどり着きました。
私も真似をして手帳に張り付けたいと思いました。
質問なのですが、接着剤は何を使われましたか?
前の記事ではムック本をテープのりでと書いてありましたが、布の場合も一緒でいいのかなって思いまして…
いきなりですみません。よろしくお願いします。

Posted by: やまめ | Wednesday, 18 January 2012 at 04:34 AM

やまめさん、こんにちは。はじめまして。
リバティ好きなかたに見つけていただけるなんて、うれしいです!
貼り付けには、スティックのりを使いました。布地の方にのりを塗るのは、よれて難しいかなとおもったので、手帳の方にのりを全面的に塗りつけて、布地を上から貼り付けて、シワが出ないようにそろ〜って押さえました。
本当はスプレーのりがベストなんでしょうが、スティックのりは、貼ってすぐなら貼り直しもできるので意外と便利でしたよ!(実は一度貼り直しました)
ご参考になればうれしいです。

Posted by: はるる | Wednesday, 18 January 2012 at 08:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 旅の小箱(6) プラハ・文具と郵便と建築と。 | Main | トラベラーズノートの里帰り »