« 文通倶楽部 | Main | フレークシールに魅せられて »

Friday, 25 May 2012

草原をゆくミツバチ

20120525

トラベラーズノートのカスタマイズ心をゆさぶるグッズがまたたくさん発売になっていました。
しばらくはがまんできていたのですが、おさえが効くはずもなく、やっぱり買ってきてしまいました。

なかでもロールシールは、6種類もあるというのにどれも魅力的で、切手柄とか、チケット柄とか、もうかんべんして~!と泣きたくなるぐらい、どれも好きだわぁぁ。

印刷の感じや紙の手触りがぱさぱさで(←ほめ言葉)すごくいい感じ。。。

厳選してふたつぐらいにするつもりだったのですが絞りきれず、結局、全部そろえてしまいました。
もうこれで、シールはしばらく買いません(なんて言って大丈夫か~)

トラベラーズノートの表紙にペタペタ貼るのは文句なしにかわいい&楽しいだろうけど、今回、となりに一緒に置かれていたスパイラルリングノートの新作にも、ビビッときました。
「草原ミツバチノート」ったら、中身のページがすべて窓あき封筒でできているノートなんです。
”蜜を集めるミツバチのように紙を収納できる封筒”と説明書きがありました。なるほどねっ!
これは、「切り抜き好き」にはもってこいの仕様ではないですか!

B6とB7、大小あるんだなぁ~。大きいほうは、絵はがきをフレームに飾るように差し込んでストック入れとしても使えるし、そして、小さいほうは切手入れやシール入れにもできるわねぇ。

もう、こうなったら親子でうちへいらっしゃい!
留め紐シールもつけて、バインダー仕立てにしちゃうもんね。

うっきうきで帰宅して、まずは、表紙に留め紐シールを貼り付ける作業からスタート。表裏の位置合わせにちょっと気を使いますが、なんとか失敗せずに、美しく貼れました。
B6サイズにはブルーグレーを、そして小さいB7サイズにはブラウンの留め紐シールを貼って、少し違う表情にしてみました。

そのあとは、表紙に各種ロールシールをぺたぺた貼り付け。
ロールシールは、台紙を引き出すとぺろんとシールが浮き上がってくる造りになっていて、それが楽しくて、配置も考えぬ間についつい多めに引き出してしまったりしたので、えいっと気合で、直感で貼り付けました。
そして、トラベラーズファクトリーで買ってきたマスキングテープを貼ったり、スタンプを押したり。
みるみるうちに、表紙は「旅感」でいっぱいに・・・
この、やりすぎ一歩手前のあたりを見きわめる作業がたのし~♪
(そしてその数値はきっと、人それぞれなんでしょうね・・・)

B6サイズのほうはにぎやかになってしまったので、B7はマスキングテープだけのシンプル仕立てにしました。
こりゃどっちもよいわ~
(自画自賛)

20120526

中身は、こんな感じで、中のものが窓からのぞいて見えてかわいいです。

きのこ切手がクラフト封筒にマッチしていい味出してるわ~。

大きいB6のミツバチノートのほうには、薄型はさみやクリップなど、ちょっとした文具くらいなら入れられそうな感じなので、簡易移動文具セットとしても活用できそう、とか考えてみたりして。

あまり重いものはやめておいたほうが安全そうですが、カード電卓とか短い鉛筆とか付箋とか、わざわざこれに入れて持ち歩いてみたい・・・

留め紐くるくる、このちょっとした「めんどくささ」がとてもたのしくて、飽きもせず、とめたり外したり。
お気に入りの表紙とミツバチが集める中身。ぎっしりと詰まったノートを使うたのしみがまた増えました。

|

« 文通倶楽部 | Main | フレークシールに魅せられて »

Comments

こんにちは。いつも楽しく拝見させていただいてます。

僕も、発売日にロールシールを全買いしてしまいました。
その後、草原ミツバチ、大陸ゾウ、そしてカンガルー、白クマ、ラクダを
1週間かけて全種類コンプリート。一度に買えばよかった・・・。

砂漠ラクダノートのB6サイズをスクラップ用で使っていて、
全部集めたいな~なんて思ってたんですが我慢してました。
ゾウを買った辺りから、なにかスイッチが入ってしまったみたいで、
欲しい衝動がどうにも抑えられなくなり・・・。

あれは我慢しろって方が無理ですよね~。ホントに素敵なプロダクトです。
とどめに、GWにはトラベラーズファクトリーで散在でした(笑)

Twitterの方もフォローさせて頂きましたので、今後ともよろしくお願いします。

Posted by: masa | Saturday, 26 May 2012 at 12:14 AM

masaさん、こんにちは。
ロールシールだけでなく、ノートの方もコンプリートだ~!
素晴らしいです。
でも、紙質や紙色が変わるだけで、表情まったく違いますもんね。
別人として全員迎え、いろんな用途に役立てたくなる気持ちがとてもわかります!
表紙もあれこれいじくるのもたのしいですしね~
GWにトラベラーズファクトリーに行かれたんですね。いいなあ。最近しばらく行ってないので、また遊びに行きたいです。

Twitterのほうも、ありがとうこざいます。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします。
(今回はたびたびお手間をとらせてしまい、申し訳ありませんでした。)

Posted by: はるる | Saturday, 26 May 2012 at 07:36 AM

こんにちは!
私もこのシリーズ、上野駅のAngerで見かけて気になっていました。
ロールシール全部欲しい。

さすがはるるさん、みつばちノートの封筒に切手を入れるってかわゆい使い方…!鉛筆や付箋入れた様子も見たい!私は「写真入れるのかな」くらいにしか考えてなかったわ(^-^;

Posted by: Chiekos | Saturday, 26 May 2012 at 08:07 AM

Chiekosさん、こんにちは~。
ロールシール、どれも味があってにくい奴らなんですよ・・・
ぜひ、全部揃えましょう♪
切手は、種類ごとにざっくり分けて、入れています。
魚シリーズとか、風景とか、季節ものとか。
そうすると、「どれを貼ろうかな~」と悩むとき、ぺらぺらめくって見渡せるのでとても便利なんです。

文具入れは、これまたいくつかのアイテムを分けて収納できるのが助かります。
クリップとか付箋とか、すぐほしいときになかなか鞄や机から出てこなくていらいら~。
という悩みも解消できそうです。

Posted by: はるる | Saturday, 26 May 2012 at 05:13 PM

こんにちは、何時も楽しく拝見させて頂いております。教えて下さい。以前リモワスーツケースルフトハンザversionの写真を掲載されていましたが、サイズは30Lのモデルでしょうか?それと直近のヨーロッパの写真はどのカメラで撮影されたのですか?レンズのタイプ等も教えて頂けると嬉しいです。とてもセンスが良いので。

Posted by: 長野のさとる | Saturday, 02 June 2012 at 10:00 AM

長野のさとるさん、こんにちは。
ルフトハンザのリモワは、さらに大きい48Lのものです。
現地で買って、引っ張って持って帰ってきました。
大好きなLHのものなので、その後も毎回、一緒に旅に出るのが楽しくて、大切に使っています。

それと、写真のこと、そんな風に言っていただいて嬉しいです!ありがとうございます。
ヨーロッパ旅行の写真は、すべて、OLYMPUS PEN E-PL1sと、PanasonicのH-H020のコンビで撮りました。
カメラもレンズもコンパクトで、そして、レンズが明るいのでお店の中や夜景も雰囲気そのまま、撮れた気がします。
旅には大助かりのコンビでした。

Posted by: はるる | Sunday, 03 June 2012 at 10:45 PM

はるるさん
お返事ありがとうございます。
リモワは一泊の出張に使う予定なので30Lにしよかと思います。パナソニックのレンズは評判良さそうですね。参考にさせてもらいます。夏に向けて旅行写真アップ楽しみにしていますね。
長野のさとるより

Posted by: | Monday, 04 June 2012 at 10:40 PM

長野のさとるさん、こんにちは。
出張に活用されるなら、30Lが使いやすいですよね。網棚に乗るサイズが良いですね。
荷物って、かばんが大きければ際限なく増えてしまいますしね・・・(わたしだけ?)

それからパナソニックのレンズは、しつこいようてすが、あの明るさが最強のポイントだと思います。
少々光が足りなくても、とてもいい雰囲気に仕上げてくれるので、助かってます。
さとるさんがどんなチョイスをされるのか、とても楽しみです。また使い心地など、ぜひ教えてください。

Posted by: はるる | Sunday, 10 June 2012 at 01:07 PM

はしめまして。
「金ペン堂」を検索していたところ、はるるさんのブログに出会いました。
私も大の万年筆好きなのですが、「趣味の文具箱」などを愛読してるうちに
ステーショナリーも好きになってきました。
そんな私の好きなステーショナリーの数々(ほぼ日手帳、スマイソン、MDノート、
トラベラーズノート、etc…)のブログを拝見し、とても共感してしまいました。
(内容もさることながら、文章がとても楽しいです!)
これからも楽しい内容を楽しみにしております。

Posted by: しん | Monday, 11 June 2012 at 11:08 PM

しんさん、はじめまして。
「金ペン堂」の検索で見つけていただいたとは!なんだか恐れ多い気分です。
金ペン堂、しばらく行っていないなあ。。。
またあのわくわくなきらきらを体験しに、久しぶりに行ってみたいものです。

さて、好みのステーショナリーが一致するということで、うれしいです。
ということは、万年筆でいろいろとノートに書きつけたりすることがお好きなんですね。
趣味の文具箱、昔のものでも最新のものでも、ながめていると本当に飽きませんよね。
そして、買い物欲や書き欲を刺激され、またノートに向かってしまう・・・
という普通の日常の中で楽しめることなので、奥が深いのかもしれませんね~。

こんなのんびりペースのBlogですが、これからもよろしくお願いします。

Posted by: はるる | Wednesday, 13 June 2012 at 07:28 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 文通倶楽部 | Main | フレークシールに魅せられて »