« May 2012 | Main | July 2012 »

June 2012

Sunday, 24 June 2012

雨の合い間の朝顔インク

20120624

本州が梅雨入りしたと思ったら、気の早い台風がやって来たりであわただしく過ぎて行っている気がする6月。

そのわりには今日も昨日も雨も降らずに晴れているし・・・
なんだかつかみどころのないような、今年の梅雨時期です。

そして紫陽花が色とりどり楽しませてくれる時期。それにしても紫陽花の花のかたちって、本当にかわいくて好きです。
開ききったまるこい花のかたまりも愛らしいですが、今から順に咲きますよ、というつぼみからの段階の花の変化が特に気になって、ついじーっと覗き込んでしまう。

はっと気がつくといつもの歩道に山盛りで咲いていたりする紫陽花は、雨でどんよりしがちなこの時期の、心の支えです。

さて、万年筆のインクは季節を先取りして楽しもうと、一足早く夏に向けて衣替えの準備をしています。

いろしずくの「紫陽花」・・・は残念ながら持っていないので、「朝顔」を伊東屋さんバージョンの紺色軸パイロットカスタム74に入れました。
夏の和風な組み合わせとして、ここ数年、定番になっている不動のコンビです。

朝顔のインクは、正統派のあざやかなブルーではありますが、浅いくせに水深のありそうな水たまりのような、とても奥行きのあるあおいろだと思うのです。
その色ぐあいは、ほぼ日手帳の紙のような「純白過ぎない白い紙」の上に書いた時に、その奥深さがわかります。

書いてから少し時間が経って、濃いところ、薄いところがよりはっきり見分けられるようになるのを見ると、ああ、いいインクだなあ。と思います。
朝顔という名前ではありますが、季節にかかわらずいつでも使いたい。
ま、どのインクに対してもそんな風に思ってしまうのでどの子もひいきしたくなって困りものなんですが・・・

正統派インクなので、お手紙にも間違いなく活躍する色でもあるし、ああ、これで勉強用のノートを1ページ埋めつくしたら美しいだろうなあ・・・
という衝動が抑えきれず、懸案のドイツ語作文の下書きをこの朝顔ペアでトライしてみようと思ったのですが、かんじんの文章の方がどうひねっても出ないので、文法書を書き写すことにしました。
なかなか自分のものになってくれず気の重い文法も、これで少しは楽しめるかな。

このあと、他の夏いろインクの準備も徐々にすすめていこうと思います。
楽しみはじわじわといただかなくっちゃね~♪
とりあえずは雨の季節から夏へとつなぐインクが決まったので気分はカラッとすっきり。梅雨の季節も、初夏もまとめて面倒見ちゃうよ!

| | Comments (6)

Saturday, 16 June 2012

フレークシールに魅せられて

20120615

先日、大小サイズ違いで手に入れた「草原ミツバチノート」。予想以上に使い勝手がよくて、まいっています。

とりわけ、小サイズのほう!
こちらは、早くも上半期文具大賞(自分の中の)の呼び声も高い、ひとしなとなりました。といいますのも。

初めは切手を入れて使い始めていたのですが、まだ余っているページというか袋というか、ノートだからやっぱりページと呼ぶべきなのか。とにかくその使いみちをどうしようかなーとぼやーんと考えていたら、

おおっ!これはまさに「フレークシール入れ」にぴったりではないかしらとひらめいて、家じゅうにあるフレークシールをパッケージから取り出して、ミツバチ各ページに種類ごとにおさめてみたら、このうえなく素敵に収まりました。

そして言わずもがなで、デザインのかわいいシールが、窓あき封筒の各ページからのぞき見るこの愛らしさ。
ますますミツバチが好きになってしまいました。

そういえばフレークシール、最近、非常にはまっております。
フレークシールというのは、型抜きがほどこされたシールが、デザイン違いで詰め合わせになって売られているシールのことなのですが。
お店に行くたびに新しい種類が出ていて、そして、もともとあったメーカーだけでなく、今では大量の競合品もあって品数は爆発的に増えています。
しかし最近のシール売り場って、すごい盛り上がり・・・ 近所のLOFTもついにシール売り場を拡張。にもかかわらずシール棚の前には小学生から大人までがひしめいて品定め。
というぐらい増殖&過熱するシール商品の中にあって、フレークシールはひときわ存在感を放っている(ような気がする)のです。

しかし、フレークシールはすばらしい。税込157円とかのお値段にも関わらず、50枚入りだったりして、ほんとにいいんですか?という気持ちになってしまうぐらい、きっぷのいい商品であることに感動してしまいます。
1枚ずつ切り離されているので、小学生なんかだと友達どうしで「かえこと」するんでしょうねぇ。 休み時間、楽しそうね~

ちなみに最近のフレークシールの傾向としては、ただ貼るだけでなく、写真と重ねて貼ることのできるデザイン、マスキングテープ仕立てのデザインに、ラベルやタグのデザインなど、手の込んだデザインが増えてきたので、やっぱり新製品チェックは欠かせない魅惑の商品群なのであります。

今日の写真で使ってみたのは、MINDWAVEの「フェイバリットシール」シリーズです。透明シールでポラロイド枠やフィルム枠の形になっている大きめサイズのもの。自分の写真と重ねて貼ってみると、なんともいえずおしゃれ度が増して、写真がグレードアップした感じになって、とてもたのしいのです。

そんな素晴らしいフレークシールに、弱点がひとつだけあるとすると、袋から出してしまうとバラバラになってしまうことでした。
かと言って、また元通りに袋にしまうのも面倒だし、袋の粘着部分にくっついたりしてえらいことになるし。

その唯一の弱点を解決してくれるのが、この「草原ミツバチノート収納」だったのです。
これは、出会うべくして出会った理想のカップル(?)だったといえるでしょう!

だんだん文章が大げさになってきたので(いつものことですが・・・)ちょっと昔のことを思い出してひと休み。

こんなに手の込んだフレークシール、今でこそこうやって157円そこそこで買うことができますが、(ありがたい時代だ・・・) 小学生のころ、わたしは自作していました。クリスマスシーズンになると新聞の折り込みに入る時計屋さんの広告を家族に先駆けて確保しては、そこに載っている写真を腕時計の形にきれいに切り取り、何日か並べて遊んで、最後はスケッチブックに貼っていたらしい・・・
(本人は鮮明な記憶なし)
細部を切り取るのはさぞ面倒だったことであろう。お疲れさん、昔のわたし・・・
他にすることはなかったんかーい。

その時間を勉強に充てていれば今頃は、という気持ちと、大人になったら、157円で素敵なフレークシールが買えるのだよということを、当時の自分に耳打ちしてあげたい気分です。

| | Comments (2)

« May 2012 | Main | July 2012 »