« June 2012 | Main | August 2012 »

July 2012

Tuesday, 31 July 2012

ぱちぱちぱんち

20120731

もう長いことクオバディスのダイアリーを愛用しているせいで、過ぎたページの端っこをピリッと切り取らないと、なんとなく一週間が終わった気がしないような、すっきりしないような。

それで、クオバディス以外のダイアリーを使っているときは、地道にはさみでページの下辺を切り取ったりしていました。

それでも別によかったのですが、無印良品で少し前に買ってきた「切り取り線が作れるパンチ」のおかげで、はさみで三角切りする作業がなくなりました。

仕事場で使っているほぼ日手帳WEEKS。グリーン系のタータンチェックの表紙が直球ストライクで、気に入って飛びついたのはよかったものの、なかなか使うあてがなく、あやうく、就職前に失業してしまいそうな、充電中の身の上だったこの子。

試しにウィークリーページをTodoリストとして使うとけっこう便利で、以降、急激に活躍し始めました。
たっぷりあるのが売りというノートページも、本当に便利に使っています。
方眼にちまちま書き付けるのって、ほんと楽しい。
(表や図もきれいに書けるし、やっぱり、方眼ってなんて働き者なんでしょう!)

ほぼ日手帳WEEKSは、ページの紙が薄手なので、このパンチで切り取り線を開けるのは、とても心地よい感触でした。

ページの角をパンチに吸い込ませ、まっすぐ、ぱちん!と押し込めば、点々と切り取り線の穴があきます。
デイリー手帳だとページ数が多くてちょっとめげそうだけど、ウィークリー手帳なので、マンスリーページの12枚と、ウィークリーの52枚。
考え事をしながら、気分転換にちょうどいい作業でした。

パンチにページの角を吸い込ませる際に、綺麗におさまるまでピタッと当てないと、切り取ったときにラインが揃わなくて、なんだか気持ち悪い感じになるので、そこだけちょっと気を遣います。

あと、パンチの構造上、点々と穴をあけた「抜け殻」をうけとめるところがないので要注意。うっかりそのまま作業すると、机の上にミクロな紙ごみが落下してしまうので、下に紙でも敷いて抜け殻を受け止めるようにしなければ、お掃除がちょいと厄介です。

もちろんダイアリー以外にも使えるので、その気になればノート一冊に切り取り線を作る事だって可能です。
なくても困らないしろものだけど、あれば便利に楽しめる、脇役アイテムだと思います。

それにしても、商品名が「ら抜き言葉」ではないのかしら? と思ってしまう自分は、昔の人間なのでしょうか・・・・

| | Comments (14)

Sunday, 22 July 2012

夏の決心

20120721

突然思い立って、あの空前の大ブームとなった「レコーディング・ダイエット」をはじめてみることにしました。

ブームに遅れること数年。今さらですが・・・

あの「直球」なタイトルの本をレジに差し出すのが恥ずかしくて、本は読んでいないのですが(すみません・・・)、聞くところによると、とにかく、その日に口にしたものを毎日毎日全部書きだしていくと1年で50kgやせたということでしたよね、確か・・・

「ノートにつける」、っていう方法が実にいいではありませんか。
使いみちがひとつ増えるというのは、ノート好きにとってはこのうえなくありがたいお話。なぜ今まで実践してみなかったのかが悔やまれます。

レコーディングダイエットの成功の鍵は、やはり、「続きそうなノート」を選ぶことから始まるのでしょうか。(著者のかたは、チラシの裏でもメモ紙でもなんでもいいのだ、と言っておられた気がするけど・・・)
1日に何度も開いて書き込む相手になることを考えると、ここは、気分が楽しくなるような一冊を選べば、ダイエット効果も倍増しそうな気がする!
とその気になるのが一番よね。

と、めでたく選ばれましたる一冊は、2012年版「はちノート」。
ちょうど今年版を買ったはいいものの、まだ使いみちが決まってなかった子だったので、これはなかなかいいアイディアだわ~。
はちノートは文庫本仕様ノート。ページ数が196ページと豊富なわりにはとても軽いし、表紙も丈夫なので持ち歩きにももってこいなのであります。

今年のはちノートはどうしたことか、中のページのデザインが洒落こんでいて、罫線→いちおう方眼→ふちどりつきページ(?)という3種類が混在する仕様となっています。
方眼といってもフリーハンドで描かれているのでアバウトな、なんとなく「網戸」のような感じのする方眼ですが、ここを恐怖の体重グラフのページとして使えないこともない。

思い立った時にすぐ取り出して書くことが重要なので、ペンをいつもくっつけておきたいなあ。でも、カバーをつけるとせっかくの文庫本ノートの軽やかさが損なわれるしな・・・と、そこで、トラベラーズノートのペンホルダーシール・タイトルポケット付きを貼って、ペンを一緒に持ち歩くことができるようにしました。

ペンホルダーシールは本当はノートの表紙に貼るとラベルデザインが際立ってかわいいのだけれど、今回は内側の最後のページに貼りました。
貼るときに目測を誤って、一度貼りなおしたのですが、パッケージの注意書きに「粘着力が強力」と書いてある通り、貼りなおしはするもんじゃないです。ひと思いに行くべし。

ちなみにこのノートの専用ペンはSlicci手帳用。ライトパープルの綺麗な軸が、キャンディストライプのはちノートに合うなあ、と思って選びました。
余談ですが、このペン、ノックがしやすくて形もかわいくて、とてもいいのに、インクがブラックしかないの・・・ブルーブラックを作ってほしいよ~

これで環境はばっちり。うきうきと、レコーディングをはじめましたが、これがなかなか楽しいし、1日のうちに口にしたものをあらためて見直すと、夜の献立を考える時に、足りてないものへの配慮がちらりとよぎり、栄養バランス改善にも役立ちそう。
ダイエットそのものはまだ0.6kgぐらいしか効果が表れていませんが、この夏が終わる頃、どのような変化が起きているのかを楽しみに、はちノートにせっせと書き込みます。

カロリー計算には、グリコさんのHPにすぐわかる栄養成分ナビという、素晴らしいコーナーがあるので活用させてもらっています。
あとは、出先でもカロリー検索が簡単にできるアンドロイドアプリを探し中。
なにかいいのないかな~。

| | Comments (4)

Saturday, 07 July 2012

てぬぐい収納

20120707

ミニタオルよりも大きくて使いやすいし、乾くのは早いし、食べこぼし防止のひざかけにもなるし、寒い時はマフラーのかわりに、そして小雨の時なら傘のかわりにもなるし・・・

と、大活躍のてぬぐい。
季節に合わせて絵柄を選んで使うのもたのしい気持ちにさせてくれる、おりこうさんアイテムです。

旅行先でもご当地手ぬぐいを見つけたら絶対に買います。

そうやって、順調に増えていく、お気に入りの手ぬぐいたち。

何枚あっても困らないすぐれものではありますが、なにか気のきいた収納方法はないものか・・・
と、お菓子の空き箱に入れてみたり、いろいろトライしてみましたが、どれもしっくり来ず。

しかし、先日、無印良品で運命の出会いがありました!

トタンボックス・フタ式・小」というのがその素晴らしいお相手。
トタンボックスって、あられとか乾物とか海苔とか、食品収納に昔から使われていたイメージでした。そんな地味なアイテムが妙に気に留まり、店頭でじーっとながめていると、「ここに我が家のてぬぐいを並べたら、素敵な眺めだろうなあ」と、ひとつ買ってみることにしました。

帰宅してさっそくてぬぐいをつめてみたところ、想像通り、ぴったんこ!
手ぬぐいを、ぱたん、ぱたんと数回何も考えずに折りたたんだサイズに、トタンボックスの横幅がばっちりフィットするのでした~♪

これだと、持っている柄も見渡しやすいし、季節ごとに並べてチョイスしやすいので便利!
そして何よりも、ふたを開けたときのしあわせな視界がうれしい。
お気に入りの手ぬぐいの絵柄が整然と並んださまには、もう、にんまりしてしまいます。

ところで、雨の多いこの季節、外袋を開封したお徳用味付海苔が、さっそく盛大にしけっていたので、ショック!
これこそトタンボックスに入れておけばよかった~、とさっそくひとつ、買い足しに走りました。

ぱっと見は武骨で”いかつい”やつですが、軽いし丈夫だし、小物や雑貨の収納にも活躍しそう。レトロなお姿が愛らしく思えてきて、しっかり、トタンボックスのとりこになってしまいました。
次の「MUJIネットメンバー10%OFF」期間の時をねらって、あと数個、買い足してみたいと思います。

| | Comments (2)

« June 2012 | Main | August 2012 »