« なにわなんでも押し鉄の旅 | Main | 渚のニュースター »

Friday, 31 August 2012

旅するノート・沖縄編

2012083103

もう今日で8月が終わりだなんて、信じられません!

おまけに今月、まだ1回しか記事を書いていなかったことも・・・さらに信じられません!

今年の夏休みは、沖縄本島へ飛んでまいりました。
急に「行くぞ!」と決めた割には、逆に直前だったのが良かったのか、とてもお安く手配ができて、よかったです。

アベック台風が到着する前に行って戻って来ることができたのも、よかった~!

さてさて、今回も、トラベラーズノートをお供に連れて行き、切ったり貼ったり書き留めたりの旅ノートを作りました。

夜にホテルの部屋で、何時頃どこに行っていたかというのを書き、そして、簡単なコメントをつけておきます。
現地でする作業はここまで。

旅行後、家に戻ってから、写真をプチサイズにプリントします。それらとともに、レシートや包み紙など各種紙類を貼り付けて、あとは気分の赴くままに、隙間にマスキングテープを貼ったり、デコラッシュしたり(←最近こっている)。

それから、スタンプを押したりします。
やっぱり、トラベラーズスタンプが似合うのよね~

これまでの旅も、同様にトラベラーズノートにまとめているのですが、旅によっては、途中で明らかに行程記録が簡単になっているものがあります。
急に書き込みの密度があまくなっているというか・・・

その主な原因は、「ホテルで文章をたくさん書こうとして、しかし書ききれないまま襲いくる眠気に負けて沈没。その後、初日と同じテンションで書ききれず」というものがほとんど。
欲張って詳細に書こうとしすぎるのが敗因だというのは、自分でも痛感していたところです。

2012083102そこで最近は、ページに縦にマーカーをひき、そこに時刻と場所を書き、吹き出しでコメント風にメモ書きを入れる、という方式に変えました。
いわゆる「タイムライン」的な表示です。

これだと、1日の移動も追いかけやすいし、あとから空きスペースに写真や切り抜きを貼るとなお臨場感が出ます。
さらに、後から思い出したことがあれば、吹き出しをひっぱって追記できるし・・・
と、カンタン&べんりな割には情報がたくさん盛り込めて、なかなかよい形式なのです。

ちなみに、時刻は、デジカメの記録をあとで観ながら書き込むこともできます。
今回の旅もフィルムカメラとデジカメの両方を持って行ってましたが、こういう便利さがあるから、やっぱりデジカメもはずせないのよね~。
(そして荷物は重くなる。)

4日間という適度な長さも幸いしてか、めずらしいことに、帰宅後いっきに仕上げてしまいました。

また、今回かなり活用したのがマスキングテープです。
中でも、せんたくばさみやクリップなどの写真がプリントされたマステが大活躍。貼り付けた写真やレストランのカードたちの近辺に、あわせて貼りました。

これがなかなか楽しくて、つい、やりすぎてしまいそうになるので、美的バランスを保ちながら貼っていくのは、難しいけどおもしろいのです。

思い出をいっぱい詰め込んだノートを飽きもせずながめていると、また次の旅のプランが次々とわいてきます。
もうすぐ9月。秋がやってきますね。

|

« なにわなんでも押し鉄の旅 | Main | 渚のニュースター »

Comments

素敵な旅の記録ですね。
トラベラーズノートは仕事で使ってますが、やはり旅の記録が一番似合いそう…自分でもいつかはチャレンジしてみたいです。
旅をその時だけの思い出にせずに、後でのこういう楽しみ方もあるんだなとつくづく感心させられます(*^-^)

Posted by: star_montblanc | Saturday, 01 September 2012 at 11:56 PM

star_montblanc さん、こんにちは。

いろいろ貼ってノートをつくるには、トラベラーズノートのサイズ感がやはり便利で、旅には欠かせないアイテムになりました。
けっこう、覚えているようで細かいことって忘れていきますしね~。取るに足らないようなことでも、ひとことコメントを書いてあれば、そういうことに限って、読み返すととても懐かしかったりします。
star_montblancさんも、次の旅から旅ノート、ぜひいかがですか?

Posted by: はるる | Sunday, 02 September 2012 at 10:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« なにわなんでも押し鉄の旅 | Main | 渚のニュースター »