« October 2012 | Main | December 2012 »

November 2012

Wednesday, 21 November 2012

来年は、6年生。

20121121

2008年から使っている能率手帳ゴールド小型も、来年2013年でついに6年生になります。

同じ年、プレセントで当選した「桐製手帳保管箱」の中身も、少しづつ仲間が増えてきました。でもまだまだ空きスペースが。なんてったって30年分の保管スペースですもんね!

ぎっしり埋まりましたって、ここで書ける日が来るまで、お互い元気でいましょうね~~♪

2009年だけは「小型」ではなく普通サイズを使ってみたのですが、やはり、最初に手にした小型のサイズ感がなじんでしまったとわかり、以来、ずっと「小型」で来ています。

来年の「小型」は、夏の終わりに神戸の大型文房具やさんで調達しました。
もはや恒例行事となっている名入れも一緒にお願いしました。

さらに、こちらも恒例行事となっている工作タイム。
表紙の内側にファブリックを貼って、内側のささやかなおしゃれです。
今回も、手持ちのリバティプリントから、ピンク系の花と、みどりの葉枝がぱっきりと美しい小花柄を選びました。
(柄の名前は忘れました~~)

この布を貼る作業、布地なんて男前に目分量で大胆にカットして貼りつけていましたが、そんなO型仕事に、今年は大きな飛躍がありました!

「おまけ」としてついてくる別冊ノートったら、表紙の内側とぴったり同じサイズではありませんか!ということは、そのノートを型紙として布地を測って切れば、ジャストサイズに!
とってもビューティフルに貼りつけができました~
って今頃そんなことに気がついたわたし。。。。

その甲斐あって、出来上がりは2012年よりも美しさUP(本人比)
こうやって、人は成長していくのね~~

それにしても、手帳の中身はというと。
変更点、一切なし。もう感服してしまいます。
逆に何か変化があったら大ニュースになってしまいそうなぐらい、安定しています。

前年との変化が楽しめる要素、といえば、自分のもとへやってくる革がどんな表情なのか、ということぐらいですが、わたしのもとへやってきた2013年の表紙革は、これまででいちばんきめが細かくてシルキー度高めな感じです。
2012年のはけっこう「よこしま」っぽい模様が出ているものだったので、革ってやっぱり面白いなあ、と思います。

毎年のことですが、このゴールド小型は、いろいろ使っている手帳に書いている内容を総合するところ、という位置づけで使っています。
普段持ち出している手帳に書いているスケジュール、旅の記録、読書記録、手紙のやりとり記録、おかいもののこと等、他のノートにつけているいろんなメモを、必要な分だけ引っ張ってきて、集約して書いてある感じかな。
思いが入ってくる記述は、日記帳の方に書いているので、ここには登場していません。

今日、この写真を撮るために桐の保管箱を開けると、プレゼントに当選して送られてきたときに入っていたお手紙が目に触れ、あらためて読み返してみました。
「・・・日々の行動や所感を記した手帳は、かけがえのない自分史として、むしろ使い終わったのちにこそ、手帳を記す意義があるのではないでしょうか」

おお・・・なんだかあらためてそう考えると、とっても新鮮!
使い終わった手帳を読み返す人、潔く処分する人、いろいろだと思いますが、わたしはけっこう見返すのが好きで、忘れていたささいなことがらや気持ちを思い出したり(物欲が再燃したり、というものある)、あんなところに行ってきたな~、また行きたいな~、と新たなプランを立てる助けになったり。
この手紙にあるように、かけがえのない自分史として残しておけたらたのしいな、と思ったりするのです。

| | Comments (6)

Sunday, 11 November 2012

ARABIA 2012 Moomin mug "Winter Forest"

20121111

冬のお楽しみといえば、クリスマス限定商品の数々。

先日のスターバックスのクリスマス商品とならんで、毎年の恒例行事になりつつある、アラビア社の冬限定ムーミンマグ。

今年も発売になっていたので、さっそくわが家にもお迎えしました。

この、みずいろ系統の限定デザインは、なんと今年で3年連続!

デザインのもとになっているお話もそれぞれ違うものだそうですが、色合いが似ているため、3年分をセットもののように使えます。

毎年、1つずつ細々と集めているものなので、(もしもの時用の予備は買ってあるけど・・・)年を越えても自然にセットぽく使えるのは、とっても便利です。

毎年熱く語っていて、恒例なので今年もやらせていただきますが、わたしにとっては、このみずいろ系統は、好みのど真ん中ストライクなのでございます。

この限定マグにおいては、このままず~っと、みずいろ系統が続いてほしい・・・と、早くも来年以降の事に想いをはせないではおれません。

雰囲気も色づかいも似ているとはいえ、それぞれ毎年個性はあって、特に今年のは一番寒そうに見えるのです!
なんでかな~と思ったら、雪をたっぷり乗せた大木が何本も描かれているからかも。
(今年はこれと同じく大雪の年になるのかしら。。。)

そして、今年はムーミンは登場していません。
その代わり、ムーミンパパが真っ赤なマフラーを巻いてお出かけの様子です。
シルクハットに赤いマフラーって!
日本のお父さんにはなかなかできない粋な着こなしですな・・・

雪の季節、クリスマスシーズンにはまだまだ早い西日本。なんてったって、紅葉の見頃ですら、これからですしね~。
だからもうここは潔く!11月になったとたんに、「解禁~☆」と元気よく使いはじめました。
各種クリスマス準備は、12月になってから始めると、わくわく気分にひたれる期間が意外に短い(とようやく最近気がついたところ)ので、秋の深まりとともに準備をはじめて、クリスマス気分を長~くたのしませてもらうのだわ!

願わくば、クリスマスまでに、うっかり割れてしまったりすることなど決してないようにしたいものです。
特にわが家なんて、今だに食器は手洗いなものですから(食洗機などという文明の利器には無縁な家庭)、冬はどうしても炊事手ぶくろをはめての食器洗いとなります。
この、てぶくろがやっかいな子でして・・・手先の感覚がいまひとつ鈍るのですよね~。しかしここは丁重に扱おうと、気を引き締めています。

しかしアラビアマグは、そんなに厚みがないのにぽってり頑丈だし、いまだかつて割ったことなどないので、そうは言いつつも、本当は全然、心配していないのですけどね。
(この、気のゆるみが惨事のもとかしら?)

それにしても今年も。
雪の結晶がいくつも描かれていて、もうにやにやものの、うきうきものです。
あ~、冬って、なんて楽しい季節なのでしょうね。寒いのはつらいけど。

| | Comments (4)

Friday, 02 November 2012

気の早いクリスマス

20121102

11月になったとたんに、クリスマスグッズであふれる街。
10月31日の閉店後の夜、雑貨店では店員さん総出で、ものすごいスピードでハロウィンの飾りつけを外し、一斉にクリスマス仕様にする作業をしているところを目撃し、あっけにとられました。。。

といいつつ、クリスマスシーズンはわたしにとって最も心が浮き立つ季節。

グッズは雪柄ばかりだし、ツリーはあちこちにこさえてあるし、(ついでにクリスマス前は誕生日だし)これでおとなしくしていられるはずがありませんよ! (←鼻息荒い。)

通勤ルートにあるスターバックスのお店も、前夜とうって変わって店内は赤度が増しています。そういえばお店のお姉さんも赤&緑のウェアだったなあ・・・

そして棚を見ると、タンブラーやマグなど「季節もの」がずらり。「並んでるわ~!」と心がうきうき。
雪だるまのタンブラーやペーパーカップと同じデザインのマグなど、どれも可愛いので決めきれず、店頭で迷うこと十数分。 (いや、数十分だったかも?)

時節柄、保温機能を重視、ということで、「ホリデーカラーのステンレスボトル」に決めました、まずは♪
ステンレスボトルは他にも愛用のものがあるのですが、コーヒー専用のものが欲しかったので、クリスマスシーズンになったら買おうと、じっと待っていたのです。

このボトルはもう一色、パールホワイトに薄いパープルの絵柄のもあって、そちらもシンプルでかつおしゃれで、パールホワイトが雪っぽくてかなり迷いましたが、The・クリスマス!な感じの紅白デザインに参りました・・・

ふたのロックを外し、ボタンをぽいっと押せばふたがかぱーんと気持ちよく開くつくり。そのまま飲むことができて、とっても便利。なんどすけどね。
実はこれと同じお品の「サーモス」製のものを一本持ってますが、このつくりは、熱々のドリンクを飲むのには、非常にワザが必要な仕様だと思います(買っておいて、言うのもなんですが)。
なかなかドリンクが流れてこなくて、勢いよく傾けたらば今度はどわーっと流れてきて、「熱い!」の声も出ず(熱すぎて・・・)、その後しばらく、涙目&たらこ唇になりました。
まあ、その時は沸きたての鉄瓶からお茶を入れたわたしが悪かったのですけども・・・

スターバックスで淹れてくれるコーヒーも、渡された直後は熱くて飲めない、なんてことも多いので、冷めるまでは充分気をつけて飲もうと、過去のたらこ唇の教訓を活かすつもりです。

わたしの持っていたのはかなり前のサーモス製品だったので、その後仕様が改善されていたらもう大丈夫だと思います。でも、気をつけよう熱い飲み物。

それから、一緒に買ってきたのは、雪だるまのコースター。赤いマフラーが愛らしい。これは職場で使うのです♪
あっ、今見たら「スノーボーイ」と呼ぶらしい。雪だるまではないのね。。。

他にも、陶器でできたオーナメントもあってかわいかったなあ。

実家では毎年飾っていたクリスマスツリー、引っ越してからまだ一度もツリーを飾ってないのですが、久しぶりに飾りつけしてみたい気分です!
実はオーナメントだけはいろいろ持っていて、ドイツで買ってきたものなど、しまってあるのでそろそろ活躍させてあげたいところ。
今年はいっちょ、大きなもみの木を探しに行こうかな。

| | Comments (2)

« October 2012 | Main | December 2012 »