« June 2013 | Main | August 2013 »

July 2013

Monday, 15 July 2013

透明軸、増量中。

20130714

毎年、夏の傾向として、透明軸万年筆の出番が一気に増えます。

土屋鞄さんのロールペンケース二巻き(赤革には定番を収納、紺革には季節ものを入れてるのだ)の中身もすっかり夏仕様に衣替えとなりました。
中身は見事に透明軸ばっかり・・・

夏色のインクは特に透明軸から透けて見えると美しいので、書いてよし、眺めてよし、の2倍おいしい季節とも云えましょう♪

というわけで、2013年夏のオールスターズご紹介です♪

写真の手前の子から順番に。。。

■ペリカン M205デモンストレータ(F)

こちらは、買い逃したのを後悔している頃に、京都の謎のお店(文房具屋さんではない)で偶然出会った子でした。
しかも、大好物のFがたまたま一本だけ待っているなんて、あの時の感動は今も忘れてはいません。

一緒に使うインクは、ナガサワさんオリジナルの「布引エメラルド」です。このペアは使いはじめからずっと同じ。この先も変える気にはならない、というほどわたしの中では完璧なペアなのです。

夏になるとやっぱりこの万年筆とこのインクで意味もなくページをいっぱいにしたくなる、夏告げ鳥(?)のような存在です。
でも、実は冬にも使ってます。エメラルドグリーンのインクだけど、冬にはもみの木の色に思えて仕方がないのです。
昔々持っていたL.L.Beanのフリースが「スプルース」っていう色名で、そのフリースの色がまさにこのインクのような色でした。
着倒してだめになっちゃったけど、また同じ色で探したいなあ。

■プラチナ 本栖(F)

2011年に2011本限定で発売された透明万年筆。
わたしのところにいるのは、ちょうど半分くらいのシリアルナンバーのついた子です。

今年は富士山が世界遺産で盛り上がってますが、わたしは、この万年筆を見るにつけ、つらかった富士登山の事がいつも思い出されて、「あれが出来たならなんでも出来る!よし、がんばろう!」と思えるのです。(普通はもっと富士山をエンジョイするものだと思うのですが、さすがに日本一の山、かなりハードでしたが、良い思い出です。)

さて、この万年筆はクリアさをかなり特徴として前面に出されていたので、中にあわせるインクも透明感のあるものがいいよねー、と、エルバンの「DIABOLO MENTHE」にしてみたところ、色が淡すぎて、書いた文字がよく見えないよ~・・・
でもそこが海水ぽくて、夏気分を盛り上げてくれます。
みずいろの色鉛筆で書いたみたいな文字になるので、お気に入りです。

コンバーターは金属の部分が多いので、より、透明に近い気分で使うために、空きカートリッジにインクを詰め替えて使っています。
100%透明のコンバーター、ほしいな・・・


■パイロット カスタムヘリテイジ92(F)

これも「本栖」と同じ年、2011年に新しく仲間入りした万年筆。
国産で吸引式で透明で金ペンで、って理想が全部揃っているのに、お手頃価格。
なんてよくできた子なんだろう・・・と、感動したものでした。
同じFでも、ペリカンとはまた書き具合が違って、それぞれに印象の違う文字になるので、そういうところも好き。
こちらも、デビュー当時から変わらず、インク工房で作っていただいた雪山色のインクをあわせて使っています。
雪山色、ではあるけれど、夏には、海水の色だと眼が勝手に変換してくれるからいいんだ~*

インクは満たしすぎず、半分ぐらいの水位にして使っている方が、インクの移動にあわせて、色が淡く動く感じがよくわかるから好きなのです。

■パイロット カスタム74(F)

わが家にいる透明軸では、最も古参なのがこの万年筆。
そんなイメージもあってか、とても頼れる存在で、毎年、わしわし使ってるのに、とても健康体で頑丈で、透明軸チームのリーダーみたいな存在です。
毎夏変わらずやってくる、海の家のバイトの頼れる兄貴みたいな感じがどうしてもぬぐえない。 (頭にバンダナ風にタオル巻いてたりして、黙々と小屋を組み立て、パーフェクトに作業してくれる・・・と書いていながら自分でも、なんのこっちゃ??)

毎年、初夏が近づくと、色彩雫の「紺碧」を取り出してきて、コンバーターにたっぷり吸い上げるのが恒例行事になってます。
夏を迎える準備もこの万年筆に紺碧インクを入れるところから始まる気がする。
このリズムを崩すつもりにもなれなくて、毎年、あいも変わらず同じインク。
夏真っ盛りのぎらつく太陽の光のもと、きらきらと濃くかがやく海の色、って感じで大好きな紺碧インク。
結局、どの透明軸もそうだけど、一度合わせたインクとのペアを、そうそう解消する気にはなれないのです。第一印象って、大事ですよね~。

■パイロット キャップレスデシモ バイオレット(EF)

こちらは透明軸ではないけれど、定番チームの巻き(赤革)からはみ出たのでここで面倒みてもらっています。
中のインクは季節を問わず、パイロットのブルーブラックでごく正統に。
EFという細さを活かして、手帳用に普段づかいしているレギュラーメンバーです。
針金みたいに細くてちまちました字が書ける。この万年筆で、時間と場所を手帳に書き込むのが、めちゃくちゃ楽しいです。

■パイロット カスタムカエデ(F)

透明軸チームの中において、ひとりだけ異彩を放っている、長老っぽい見た目のこのかた。インクは夏色を入れているので、若者透明軸と一緒に、ここにいます。

中には色彩雫の「月夜」。
このインクで白い便せんにお手紙を書くのがめっちゃすきー。Fだけど、細めの罫の便箋にとても合う字が書けて、長い間握っていてもすいすいなのは、軸が木で、すべりにいくからなのかも。
そのカエデの軸は、使い始めたころに比べて色が濃くなり、木目がさらにはっきり見えるようになってきて、ずいぶんと風格が漂うようになってきました。
でもまだまだこれから。おばあさんになるまでお手紙書きに使って、もっといろんな変化をみせてもらうんだ!

以上、チーム・2013年夏のみなさんでした。
夏柄の絵はがき、買いに行かなくちゃ!!

| | Comments (2)

Sunday, 07 July 2013

ストライプの夏

20130707

ロイヤルベージュのスウェードの手触りがそろそろ暑く感じるようになってきたなあ。

なんて思ったら、もう7月ですもんね。それは目にも暑いはずだ。

少し遅くなってしまったけど、衣替えしましょう!
と、ほぼ日手帳カバーを収納しているボックスを開けて、夏服を選んでみました。

これまでは、純正カバーを買うときに夏のお着替え用のも買っておくのが恒例でした。

今年2013年は、夏っぽい純正カバーはそういえば買ってなかったのだったなあ・・・と今頃気がつきました。

となると、これまでの在庫の中から選ぶことになります。

休養中の歴代カバーをながめつつ、「これは何年のものだったなあ」とか、「あの年は結局もったいなくて使えなかったんだった」などと、よみがえる記憶とともに着替えについてあれやこれやと考えている時間は、結構たのしかったりします。
白地にブルーの水玉、ネイビー地に水玉・・・・と、自分がいかに水玉ものばっかり買っていたかにあらためて気づき、ちょっとおかしくなったり。

そうやってひと通り悩んだ結果、今年の最初の夏服は、2010年の作品だったモリカゲシャツの「ボタンステッチ・ストライプ」に決めました!
やさしいラベンダー色とホワイトのストライプの織地がほんとに素敵。
さらに、カバーの背中にみっつ並んだボタンのステッチがめちゃくちゃ可愛いの♪♪♪
2010年の夏服としても、大切に着用していたカバーでした。

ファブリックカバーには、正しくはカバーオンカバーを使わないのが推奨設定というのは承知しております。
それでも、お気に入りの子には末長く美しいままでいてほしいというのが親心(?)、布地の汚れを防ぐため、若干むりやり感はあるものの、カバーオンカバーつきで使います。
アイスコーヒーとかこぼす自信があるし(ーー;)

それに、カバーオンカバーをつけると、内側にちょっとしたものを挟んでカスタマイズも可能なのが、やっぱり楽しいもんね♪
シャツの表情にあわせて、織タグとかちょこっとあしらってみたら一段とかわいいかも!
なんて、すっかり夏服仕様になったダイアリーを前にすると、なぜかテンションがどんどんあがってきました。

この波に乗って、カバーの次はインクの衣替え!と、ページの書き込みにつかう万年筆インクの夏色準備、そして、お手紙用品の夏物をチェック。
なんだか、やることがいっぱいあってうれしくなります。

こんなちいさな事ですが、身のまわりを少しづつ夏モードにシフトしていくと、気持ちは徐々に暑い真夏に立ち向かう準備が整ってくるような気がするから、こものの力は、本当に偉大です。

| | Comments (2)

Monday, 01 July 2013

赤いときめき

201307017月になっちゃいましたが、まだ6月の思い出ばなしが続きます。

スカイツリー見物の翌日、用事を済ませて、羽田に向かう間、少しだけ時間があったので、迷わず東京駅で途中下車。

スカイツリーのお土産やさんと同じくほんの少しの時間でしたが、目的のものに出会うことができました。

やっと、「KITTE」に行ってきたんです!
・・・正しくは、東京中央郵便局に行ってきた、というべきかしら。
KITTEは、時間がなかったので中はいっさい見られなくて、1階のアトリウムの吹き抜けの写真を撮っただけだった(^^ゞ

でも実はKITTEに足を踏み入れるのはこれが2回目。
昨年秋、まだKITTEが開業する前に、夜行列車の乗り換えで東京駅に降り立ったとき、ビルに入れたので、ちょこっと行ってみたのです。
その時は1階の郵便局スペースだけが仮オープンしていて、時間外のゆうゆう窓口だけが開いていました。
「風景印おしてもらえますか?」と尋ねたものの「ありません」というクールなお返事に、ああ残念・・・と涙したものでした。

でも、今回はそんな悲しい思い出も吹き飛ぶほど、局員さんは皆さんとても親切で、風景印もしっかりと心をこめておしてくださいました。

そして、「訪ねたあかつきには買う!」と夢見ていた東京中央郵便局限定商品たちも、しっかり待っていてくれました。

しかしここでもまた時間もなかったため、わーっと風のように選んで、ざざーっとお会計をしてもらい・・・という訪問になってしまいましたが、マスキングテープとレターセット、心に決めていたものが無事に購入できて、うれしかったです!

そして、これは東京中央局の限定商品ではないのかもしれないですが、ポスト型ストラップがとっても愛らしかったので、記念にひとつ買いました。
各時代のポストのデザインがいろいろあって、どの型のポストにするかすごく迷いました。今の箱型も結構好きなんですが、「郵便差出箱1号」という呼称が気に入ったので、戦後デザインの、鉄製まる型ポストのデザインにしました。

2013070102帰宅してから袋の台紙をよく見ると、ストラップには南三陸の杉の間伐材を使っているそうで、微力ながら応援につながったのかな~と思い、ますます大事に使おう、という気持ちになりました。

KITTEの中には、お手紙用品や文房具のお店もたくさんあるようなので、いつか再び、ゆっくり遊びに行って、お手紙ごころをくすぐるもの達を、選んでみたいものです。

「Hacoa」で扱っている、切手型フォトフレームが気になる~!切手の中に写真を飾るとは・・・ありそうでなかった形だ!
KITTE店限定だって(^^) いいな~。

いつか迎えに行くから待っててね~!

| | Comments (2)

« June 2013 | Main | August 2013 »