« 旅するノート・沖縄編 ~Summer 2013~ | Main | 雑記帖はMDノート »

Saturday, 07 September 2013

1日1ページダイアリーの事情

20130907

(タイトルは『真壁俊の事情』にかけてみました~(^-^; 全然関係ないんですけど・・・
もう読みました?)

1日1ページのデイリーダイアリーは、現在、2種類を使っています。

あっ、仕事ではEDiTも使っているので3種類だ・・・

その2種類とは、ほぼ日手帳の英語版、Hobonichi Planner(以下、Planner)と新潮文庫のマイブックです。
どちらも文庫サイズのA6版なので、見た目はほとんど違いがなくて、これも仲良く併用できている要因かもしれないな、なんて思います。

写真の左がPlanner、右がマイブック。
Plannerは、過去年度のカバーも含めて、季節に合わせて着替えています。
今年の夏服は、モリカゲシャツのストライプの着こなしで楽しんでいます。
こないだ沖縄に行く時に見つけた関空ステッカーのドイツ版が、あまりにも素敵だったので、あっさりとセンターのいい場所を取りました(^^)

あんなに厳しく暑かった夏も、去ってしまうと寂しい気もする・・・けど暑かったな~!そんな夏の思い出を振り返りながら、そろそろ、秋服カバーに着替える季節がやってきそうです。

右のマイブックには、去年、金沢のbenlly's & jobさんで作っていただいたオーダーカバーを着せています。
PlannerのA&Sカバーと似ているように見えますが、違うのです!(力説)
これは、「封筒型カバー」なんですよ~♪
お気に入りの赤い革でつくってもらったこのカバー、内側にペンホルダーもついています。機能的だしかわいいし、とにかく大好きなカバーです!

さてさて、こうやってお気に入りのカバーとともに複数のダイアリーを使うのは、それはそれで楽しさ2倍、2倍~(←古いっ)でいいものです。
といいつつも、2冊書くのは日々それなりに大変なので、2014年は2冊を一冊にまとめてみようかな、と大胆に思ったりして、いろいろ考え中です。

2013090702_2そこで現在この2冊を、それぞれどんな風に使っているのかをちょこっと振り返り。
Plannerのほうには、その日の印象的な写真とか、お出かけの際の入場券とか、やっぱり、なんだかんだで、何かを貼っていることが多いです。
あとは、スタンプ押したり、たまに絵を描いたり(・・・仕上がりがせつないので、あまり描きません)。
マイブックは、逆に、文字ばっかり。貼ることもほとんどなくて。
新潮文庫の顔をした文庫本体裁のお姿が、”文字のみで埋めつくしたい!”という衝動を誘うんですよねー。

結局、両方ともその日のささいなことを気楽に書き留めている存在なので、これだったら、一冊にまとめられそう!という気がしてきました。

ということなら、善は急げ。
早速、マイブックに文字以外を載せる実験開始~☆
禁断の(?)貼りもの、スタンプ、マスキングテープなどの装飾品をマイブック上にも使ってみました。

あら、意外とマイブックにも装飾が似合うかも・・・

上がマイブック、下がPlannerです。
見た目ほとんど同じ感じになるものですね。
日付欄が小さく、お言葉欄がない分、マイブックの方が、手持ちスペースがよりゆったりしていて、貼ったりする際の自由度は高い感じです。

2013090703

逆に、Plannerの方にある方眼がマイブックにはなくて完全に白紙スペースなので、方眼大好き人間にとっては、文字を書くときにちょっとだけ、寂しさを感じます。

マイブックの紙は、万年筆のインクを若干選びます。
現在、定番コンビとして使っているプラチナのブルーブラックは、裏うつりもない安心のインクです。
他のインクは、たまににじんだり裏に抜けたりするものがあるので、オールマイティーな紙ではないところが、また味のあるところ。
このインクはどうかな~、と相性を確かめつつ試していくのも、楽しみのひとつかも。

スタンプは、Plannerのトモエリバーも得意ではない時があるようですが、マイブックも似たようなもの。けっこう裏に透けてうつります。

打開策としては、スタンプ台でインクをつけて押す時は、じゃばじゃば防止のため、一度、他の紙に押してから、2度目のものをマイブックに押せば、程よい具合になるかも。

Plannerとマイブックはお値段もかなり違うし、月間カレンダーのページなど、いわゆる手帳的なページはないので完全比較は難しいふたりですが、1日1ページものの用途で考えると、2014年はマイブック一本で行こうかな、と今時点では考えています。

ああ、でも、トモエリバーとお別れなんて!
来年一緒に過ごせないのはさみしい・・・
(どっちなんだ)

年末までまだぐるぐる悩んでいそうですが、とりあえず、「どっちでもいける」とわかったので、なんだかすっきり気分です。

・・・とかいいながら、「やっぱり2倍たのしいわ」と鼻歌混じりに両方使っている2014年のわたしがいるような気もします*

|

« 旅するノート・沖縄編 ~Summer 2013~ | Main | 雑記帖はMDノート »

Comments

はるるさん、こんにちは。以前からブログを拝見していましたが、はじめてコメントします。
2年半前に夫のドイツ転勤が決まり、海外旅行経験も少ない私は3歳の子を連れてどうやって
ドイツで生活すればよいのか…と途方に暮れていました。
そんな時色々と検索していて見つけたのがはるるさんのブログです。
私の好きな文具や手帳、素敵な写真、そしてドイツのあれこれ!
『そうだ、ドイツは文具大国!それにこんな素敵な街並みや自然や鉄道があるなら、きっと楽しいに
違いない!』と、モヤモヤした気持ちや不安が軽くなって行きました。
生活面ではけっこう苦労もありましたが(^_^;)、向こうでもはるるさんのブログを見て、色々と参考にさせていただいてました。

この度縁あってというか、また転勤となり関西へ引っ越してきました。初めての関西での生活ですが、はるるさんのブログを拝見していたので、とても親近感を持っています。阪急沿線に住むことになり、阪急電車の愛らしさにやられています(#^.^#)

手帳選びに頭を悩ませる、楽しい季節がやってきましたね♪
これからもブログ楽しみにしています(^^)/

Posted by: Blume | Monday, 09 September 2013 at 10:46 AM

Blumeさん、こんにちは。はじめまして!

ドイツで生活されていたのですね~!素晴らしいです。
旅行と違って毎日の暮らしとなると、大変なこともあるのだろうと思いますが、
でもドイツの人も街も自然も本当に優しいですし、よい思い出をたくさん作られて、帰国されたのだろうなあと思います!
わたしもいつかドイツで暮らしてみたいです。

そして、なんと関西にお越しになったのですね、その上阪急沿線だなんて!いらっしゃいませ♪
阪急沿線にも、文房具を扱うたのしいお店、たくさんありますので、
関西暮らしもどうぞ満喫してくださいね!(^^)!
これからも、とうぞよろしくお願いします♪

Posted by: はるる | Tuesday, 10 September 2013 at 09:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 旅するノート・沖縄編 ~Summer 2013~ | Main | 雑記帖はMDノート »