« おっちゃんとともに、7年目 | Main | 方眼×革×リング綴じ »

Thursday, 31 October 2013

万年筆でお勉強

20131031噂の学童用万年筆、パイロットのkakuno(カクノ)さん。
ペン先についているにっこり顔に励まされ、最近、壁にぶちあたっているドイツ語学習に気合を入れるべく、かんがん使ってます。

ずらっと6色、カラフルにディスプレイされた大がかりな売り場で、「どの色にしよう・・・」と悩みかけたけれど、最初はやっぱり超定番で!とレッドとブルーというコンビを連れて帰ってきました。
・・・って言ってるうちにピンクとライトグリーンも増えちゃった。

その2本を選んだ時から、勉強用に使うんだ~と決めてました。
だって、赤青鉛筆みたいでこの上なく文房具っぽいもんね♪
ラミーのabcっぽいコンピだし。

ドイツの学童たちはペリカーノジュニアで書きかたの授業を受けるのだ、と昔聞いて、いいないいな、あんな可愛い万年筆があって~、とうらやましく思ったものでした。
ついにこれからは、日本のお子さま達も、万年筆を使った書きかたの授業を受けられたりするのかしら。

パッケージには黒のカートリッジインクが1本おまけでセットされているのですが、やっぱりこんなにカラフルなのだから、ここはキャップの色にインクをあわせて使ってみたいところ。
空きカートリッジを活用して、レッド軸にはレッドインクを、ブルー軸にはブルーブラックインク。それぞれパイロットのインクを入れました。
直球過ぎ?とも思うけど、この2本は勉強用なので、正統派インクでいいのです。

ところで、ドイツ語の壁、なんですが。
勉強を始めてもう数年になるというのに、なかなか文法や動詞の変化を自在に扱えなくて、これじゃいかんなあと思っているところなのです。
学生時代、各教科どうやって勉強してたっけ、と思い出すと、やっぱり、ひたすら書いていたかなあと。
そのころに比べると記憶能力も低下しているし、テキストを見ているだけじゃ全然頭に入ってこないもんなあ。
もっともっと書かなければ!と、テキストを要約して、書いてみることにしました。
大量書きにふさわしい、100ページのツバメノートも在庫箱から取り出してきたわ!

たくさん書くにはやっぱり、ノートへのあたりが柔らかい万年筆がベストでしょう!
と無理やりっぽい理由もできた。
筆圧とペン握り圧が異常に強いわたしにも、疲れを感じさせない書き心地と、するする入る記憶力を、にっこり顔のカクノさんがプレゼントしてくれるはず。

かんじんの書き心地はというと、ブルーがM、レッドがFで今使っているのですが、Mといってもそこは国産。ノートの罫にちょうどおさまるやや細めの文字が自然に書けるので気持ちいいです。軽いボディのせいなのか、万年筆で書いているんだ!という、気負いがなく使えるのが気楽でいいっす。(←なぜか学生風)

いっぽうFのほうは、赤字でポイントをつけたり、注釈を入れたりするのにこれまたちょうど良い加減の小さめの文字を書くことができます。ペン先全体が長い、万年筆独特のこの形状は、書いている文字とノートの紙面がとても見やすくて、まさに勉強ノート向きだなぁと思いました。
それにしてもパイロットの赤インク、ぱっきりしていてよいわ~。この色は、あれですよ!先生のテストの採点の色。
ツバメノートの白い紙への映え方が美しいです。

1000円でここまで心地よい書きものをさせてくれるカクノさん、いい子だなぁ。
これでドイツ語の壁もひらりと越えられそうな気がするよ!これからもお世話になります。
何事も、思い込みと行動あるのみねっ(^^)

|

« おっちゃんとともに、7年目 | Main | 方眼×革×リング綴じ »

Comments

はるるさん、こんにちは。
ツバメノート、私もずっと愛用していますよ〜。
100枚の白色を使っていたのですが、最近は目にやさしい(笑)クリーム色のものをまとめ買い。
勉強するぞ!って気になりますね。
ツバメノートはペンを選びませんけど、やっぱり万年筆がよく似合う。
ドイツ語、気になっている所がこのノートでうまく整理がつくと良いですね。
がんばれ〜!!

Posted by: padma-pani | Sunday, 03 November 2013 at 11:07 AM

padma-paniさん、こんにちは!

ツバメノートは、表紙かわゆし、中紙もよし、キャンパスノートと並んでやっぱり安心の存在です。

クリーム色の紙のをまとめ買い!!
気合を感じます・・・(#^.^#)
padma-paniさんも勉強頑張っておられるのですね。

わたしも壁をこわす、いや、越えるべく、ツバメさん・カクノさんと共に頑張ります☆
ご声援、ありがとうございます!!

Posted by: はるる | Sunday, 03 November 2013 at 11:27 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« おっちゃんとともに、7年目 | Main | 方眼×革×リング綴じ »