« 方眼×革×リング綴じ | Main | 2014年のマイブック »

Sunday, 10 November 2013

11月のインク計画

2013111011月も早3分の1を過ぎ、日々、冬へ向かって季節が進んでいるのを感じます。
早くコートが着たいわ~*

夏の間、元気なあおいろインクを中心に頑張ってくれた万年筆たちも、秋冬色にインクの衣替えです。

秋になるときまって取り出してくるのが、モンブランのボルドーインク。まだボトルデザインも昔の時代のを、しつこく使ってます。

ほんとうは、同じくボルドー軸のモンブランの万年筆で使ってあげたいところなのですが。
残念ながら、ボルドー軸は一本きりしか持ってなくて、それはロイヤルブルーインクの専用になってしまってるから、他の万年筆で我慢してもらわなくちゃならないのだけど~。
どの子がいいかなー。

・・・と!そういえば、LAMYのアルスターのさつまいも色、じやなくって阪急色が待機中だったことを思い出しました。似合うインクがなかなか見つからないな~、と悩んで、まだ使いだせずにいたあの子!
さっそくボルドーインクを入れてみると、なんともぴったりです。ほんまよう似合たはる~。
天下のモンブラン様のボルドーインクが、もう、さつまいも色にしか見えなくなってしまいました。

このアルスターはEFですが、EFでもF感覚のが多いLAMYにしては、これはしっかりとEFらしく細くって、とってもよくできたいい子でした。
これなら日記やノートのちまちまスペースへの書き込みにも無理なく使えるわ♪

そして、もう一色はみどり系を使いたいな。ということで、以前のドイツ旅の際にベルリンの文具屋さんで見つけた、オリジナルのご当地インクシリーズの「ウンター・デン・リンデン」インクを、LAMY Safariのフレンドシップペンに補充しました。

この万年筆は、ドイツと日本がお友達になって150周年になるのを記念したデザインで、わたしの周りのドイツ好きさんも、愛用している人が多いです。
この万年筆と、ベルリンきっての名所のご当地インクを一緒に使えるなんてと考えると、毎日ほくほくしてしまいます。
こちらはFですが、かなりひたひたなので、ノートならある程度罫線の太めのものでないとしんどそう。
あるいは、お手紙書きにも大活躍してくれそうです。

ウンター・デン・リンデンといえば、ベルリンの中心部を貫く大通りで、わたしが訪れたのは夏でしたが、あざやかな緑の菩提樹の並木道がずうっとつながった歩道を歩いて、本当に気持ちの良い場所だなあ、と思いました。
ドイツは好きだったものの、ベルリンにはなかなか行く機会がなくて、2年前、やっと訪れることができたのでした。そんな時に、街なかでふと行き当たった文具屋さんに、このご当地インクシリーズがずらっと並んでいたのです。
(まるで、ナガサワさんのKobe INK物語シリーズのように!)
他にもいろんな場所のインクを買って帰りたかったけど、旅の途中でもあったので、一瓶だけに!と決めて、このウンター・デン・リンデンのインクを選んで帰ってきたのでした。

それから、最後にもう一色。グレーか黒系のインクを使いたいな、と思って、ナガサワさんの「御影グレー」を同じくナガサワさんのオリジナル風見鶏万年筆に入れました。御影グレーという名前がついていますが、インクボトルをよく見ると、パープル系の成分がついていて、なんとも不思議なインクです。
実際、白い紙の上に書いてみると、確かにグレーというよりも、くすんだパープルというのか、煮詰まったラベンダー系の面白い色です。
黒軸の万年筆と合わせると、いつになく落ち着いた気分になります。

12月になったら、厳しい冬の自然や、暖かい室内での時間、そして、クリスマスを連想するようなインクを使い始めるのでしょうね。
それに比べて、11月は、どっちつかずでちょっと落ち着かない、そわそわした季節のように思います。だからこそ、イメージにとらわれない、自由な色選びのできる季節でもあるのだなーなんて、思ったりします。

|

« 方眼×革×リング綴じ | Main | 2014年のマイブック »

Comments

はるるさん、こんばんは。
インクと旅の思い出、ステキです。
ドイツの森を思わせるようなグリーンですね。
御影グレーを拝見できて嬉しかったです。
私もこの秋、グレーを一つ購入したいなと思っていて(インクはたくさんあるのに〜)、
色彩雫の霧雨か、ナガサワさんの多聞パープルグレーか、と思っていたところです。
季節が変わるとインクも変えたくなるって不思議ですね。
そんな自分は日本人だなって思います(笑)。

Posted by: padma-pani | Sunday, 10 November 2013 at 06:58 PM

padma-paniさん、こんばんは!
本当、四季のある日本だからこその楽しみでもありますよね~
昨日きょう、急に寒くなったのもまた、冬ごころをくすぐります(そんな風流な気分以上に寒くて震えあがりますが…)

霧雨も多聞パープルグレーも、気になる色です!
パープルグレーというからにはやはり、グレーの成分にパープルは欠かせないのかもしれないですね。
ますますこのジャンル、気になります…

Posted by: はるる | Tuesday, 12 November 2013 at 08:36 PM

はじめまして。いつも楽しませていただいているのですが、今回はあまりに素敵な記事で、思わずコメントいたしました。
ふだん、「紺碧」をキャップレスデシモのブルーに入れて愛用しているのですが、寒くなるにつれて、こっくりしたブラウン(ブラウンブラック)なんかいいなあ、と思い始めまして…。その矢先に、はるるさんがインクで楽しんでいらっしゃるのを拝見して、がぜんインク熱が高まった次第です!
私もはるるさんのように、季節に合わせた色で遊んでみたいと思います。
まずは、ブラウンのインク探します!

Posted by: mor | Wednesday, 13 November 2013 at 07:43 PM

morさん、はじめまして!
いつも読んでくださって、ありがとうございます。
ブラウンブラック…いいですねえ!深まって来た秋にぴったりの色ですね。
ブラウン系のインクもいろいろありますもんね~、選び甲斐、悩み甲斐、実にたのしく選べそうです!
個人的には、色彩雫の山栗を試してみたいなあ、なんて思っています。

morさんも、お気に入りのインクとの出会い、たのしみですね!

Posted by: はるる | Wednesday, 13 November 2013 at 10:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 方眼×革×リング綴じ | Main | 2014年のマイブック »