« 2014年の手帳チーム | Main | 毎日、マイブック。 »

Sunday, 19 January 2014

働き者のタックシール

20140119

マイブックには、日付の下のスペースにその日の天気と最高・最低気温を書いています。

天気を書き入れたくなってしまうのは、子供の頃の絵日記の名残でしょうか。。。

家にあったお天気シールを貼っていましたが、新年からやけに「晴れ」の日が多くて、晴れマークのシールだけが快調に消費されることになってしまいました。
このままいくと、曇りマークや雨マークばっかり、あまってしまう・・・!

小型のお天気スタンプも持っているので、それを使えばいいのですが、浸透印タイプはどうもマイブックにはインクが強すぎるのが悩みの種。
スタンプを押した部分に万年筆で書き込もうものなら、盛大にインクがにじんでしまうのです。

それなら、ページに直接押すのをやめて、シールに押したものを貼ることにしよう!と思いたち、最近探していたのが超小型のタックシール。
本当は丸いものを探していたのですが、なぜか、小型の白丸のだけが、どの文具店に行っても売り切れで見つからず。
色がついているものは、スタンプインクがなかなか乾かないんですよね~。

まあ、それなら紙質を優先して、形は四角でもいいか~この際、と思い直し、買ってきたのがニチバンのマイタックラベルです。
このマイタックラベルの大型は、郵活のために常に手もとに常備しているほどお気に入りです。いつでもはがきに貼れるよう、住所印を押して持ち歩いてます。
スタンプの乗りが非常に良いので、いつもお世話になっています。

今回買ってきたサイズはML-15という、8mm×15mmのもの。
よく売られている浸透印のミニスタンプ(KODOMO NO KAOとか)だと、並べてふたつ分が押せるぐらいの幅です。
スタンプをひとつ押すとできるこの余白を使えば、ちょうど気温を書くことができることに気がつきました。
なんだ、四角でもよかったんだー!と、丸型を躍起になって探していた挙句のうれしい展開に、今は、ほくほくしています。

これなら、時間のある時にスタンプを押しだめしてお天気シールを作成しておいて、手帳の隙間にはさんでおけば、思い立ったときに”ぴこっ”と貼るだけでいいので、便利です。

それに、冊子体のものに上手にスタンプを押すのって至難の業で失敗が多いから、シールだと押しやすくて好都合なんですよね~・・・って、失敗するのわたしだけですか?

それにしても、探しものがあって文具店に行っているというのに、ついつい、他のものとも目が合ってしまい、新年早々、数々の誘惑にさらされることとなり、文具店はやっぱり危険だなあ、と思い知らされました。
でも、ずらりと居並ぶ事務用品たちを前に、ふだんの日常生活の中で「これって便利に使えないかなー」と妄想にふけるのは、やっぱりたのしいものです。

|

« 2014年の手帳チーム | Main | 毎日、マイブック。 »

Comments

はるるさん、こんにちは。

わたしも、手帳用のシールを買うことがあったのですが、使うシールと使わないシールの差が激しく、買わなくなってしまいました。
かといって、スタンプは「押す→乾くのを待つ」かつ「その都度マメにクリーニング」というハードルが高すぎて手は出せず。

これはシール&スタンプのいいとこどりのアイディアですねえ。
すぐ使える状態にしておくって、大事!
ちまちました単純作業を集中してやるのは苦ではないし・・・。
マイタックラベル、手元にあるので(サイズは違いますが)、オリジナルシール作ってみます。

Posted by: のぞみ | Monday, 20 January 2014 at 09:10 PM

のぞみさん、こんにちは!
お返事おそくなってごめんなさい。

スタンプは無限に使えるのがいいところですが、使いたいときに持ち歩いていなかったり、(家の中で迷子になってたり(^_^;)、押す対象によってはインクが滲んだりと、それなりに困りどころもあったんですよね~。

スタンプどうしを組み合わせて、シールを作っておいたりしても良いかもですね♪
単純作業、気分転換にはもってこいです。わたしもまたいろんなシールづくりにちょうせんしてみようと思います(^^)

Posted by: はるる | Saturday, 25 January 2014 at 10:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2014年の手帳チーム | Main | 毎日、マイブック。 »