« April 2014 | Main | June 2014 »

May 2014

Saturday, 17 May 2014

おたより帖

20140517

お友達との手紙のやりとりは、日常生活の元気の素です。

離れて暮らしている古くからの友人や、まだお目にかかったことのない文通相手さん・・・

ポストに手紙が届いているのを見つけると、うれしくて心臓がばくばくします。

わたしのために時間を取って、便箋や切手を選び、ペンを取り文章をしたためて、ポストに投函してくれた相手の姿を想像すると、胸がじーんと熱くなるのです。

もちろん、それを配達してくれる郵便屋さんにも感謝です。

昔、年賀状のアルバイトで、郵便局で働いたことがありますが、中の仕事を知ってみると、機械でわ~っと仕分けできるものもあれば、意外と、手作業でやっている仕事が多いことに驚きました。

そうやって、ポストに出された郵便物は、人によって集められ、それぞれの行き先に仕分けられ、間違いなくその地域に運ばれて、そしてまた仕分けられて、最後はまた人の手で配達される・・・
送り主さんの机の上からのこの壮大な旅のことを考えると、一通の手紙がなんと貴重に思えることか。ようこそようこそ~と、すりすりしたくなります。 (あやしい人・・・)

それにしても大量に郵便物が行き交うこの現代社会において、よくもまあ、迷子にならずに届いてくれるものだなあ・・・と、隙のない郵便制度と、人の手による仕事の素晴らしさに感動せずにはいられません。
前島密さま(←近代郵便制度の父です♪)ありがとうございます~

でも何よりも、手紙を書いてくださる方がいればこそ。帰宅してポストをのぞく時のドキドキ感。見慣れない形の封筒や葉書が入っていた時の高揚感。そして、中身のあたたかい内容に、いつも本当に元気づけられているんです。

そんな大切なお手紙は、いつも手に取って見返していたいし、眺めていたい。
昔から、手紙箱を作って大切に保管していたのですが、ふと、おたより帖をつくろう!と思い立ちました。

クリアブックで整理するとか、蛇腹ファイルに入れるとか、いろいろな方法を思案してみましたが、ふと、目をやった、オレンジのトラベラーズノート。
オレンジの表紙がかっこよすぎて、似合う使いみちをなかなか見つけられずに飾っていたノートでした。

中身はカンガルー形式のポケットになっているこのノート!
これこそまさに、封筒や葉書を収納するのにぴったりサイズではありませんか。

お手紙を受け取った日をスタンプして、内容や感想を記したちいさなメモをポケットの前部に貼り付けて、マスキングテープやシールで飾りつけ。
ページがポケットになっているので、お手紙に同封してくださった小物なども、一緒に飾ったり、はさんだりすることもできて、そこもまた、うれしい機能・・・(^^)

2014051702

カンガルーノートは、今回はトラベラーズノートの限定版・ブラニフインターナショナルのものを使いました。

ノートが素敵なお手紙でみるみる肥っていくので、留め紐シールを貼って、封緘できるようにしました。

そして、表紙にはドイツの古切手と、エアメール風マスキングテープを貼ってアレンジ。
古切手は、もっとたくさん貼りたいところですが、せっかくのブラニフデザインを活かすべく、ぐっとこらえて同じものを2枚だけ。あえてシンプルにまとめました。

でも、これで郵便グッズ度合いがますます高まりました♪
ああ、やっぱりすりすりしたくなる~
(すみません、へんたいちっくで・・・・)

同じミドリさんから出ている
定番商品の「スパイラルリングノート <A5スリム> ポケット 南国カンガルー柄」も同じ形式なので、今のおたより帖がいっぱいになったら、次はそちらで続けて行こうと思います。(家に在庫もあるので・・・素晴らしい使いみちが見つかってよかったー)

カンガルーノートの実力を見た!取り出して愛でて、またしまって・・・という使いみちに、本当に便利だと思います。取り出したい収納をお考えのみなさまには、自信を持っておすすめいたします~(^^)v

みるみるうちに、素敵なお手紙でぷっくり膨らんだおたより帖。
暇さえあれば見返して、にまにまと楽しんでいます。
それぞれのページから、相手の方の思いが伝わってくる、宝物のようなノート。

いつもお便りをくださるみなさま、ほんとうにありがとうございます。

| | Comments (2)

Saturday, 03 May 2014

手帳にちょこっと彩りを

20140503

ななんと!4月が終わっちゃいましたよ。
1年の3分の1が過ぎてしまったわけですね・・・

4月はさすがに新年度ということもあって、目まぐるしい日々が飛び去っていった印象があります。
ほんとに30日間あったのか、と疑いたくなります。

そんな忙しい中でも、日々お世話になっている文房具さんたちを使うことで一瞬でも息抜きができる。
文房具が好きでよかったー、と思うことがよくあります。

4月、気ぜわしい時間を気分的に盛り上げてくれたのがこちら。
プラスのモジライナーです。

モジライナーは、クレヨンタッチのラインが引けるものなんですが、発売を知った時、「別にわざわざ買わなくても、蛍光ペンか、色鉛筆で塗ればいいんでないかい」と思ってしまった、あさはかなわたくしでした。

とかいいつつも、発売になると早速にロフトに見に行ってみたんですけどね~(^^ゞ

店頭でサンプルを使ってみて、わたしは心の中で敗北を悟りました。
この、クレヨンタッチの線をぴーっと引ける事、この操作感こそが、この商品の素晴らしいところなのです。
めっちゃたのしいやん!

本体はデコラッシュと共通なので、家にわんさかあるデコラッシュの本体を共通活用できるのでありがたくて、詰め替え用だとお安く買えるし~と、気が大きくなって何色かそろえてみました。
で、早速、職場に持って行って試してみました。

まあ、引いた線だけ見れば確かに、色鉛筆やクレヨンでもできる仕事かもしれません。

しかし、あたかも修正ペンでも使っているような、見た目事務作業に没頭しているような真面目な顔をして、手帳に色塗りできる・・・!
そう、仕事中も堂々と使えます。これがいちばんたまらなかったりして~。

プライベート用手帳の、予定の種類を色分けしてみたら見やすかったので、仕事用の手帳にも使ってみることにしました。

気の重い予定(苦手な種類の仕事とか・・・×)に、あえてモジライナーで色を引いておく!
そしたら、見た目が可愛いのにだまされて、どんよりしてた気分も、軽くなっていきました。
つくづく、おめでたい性格だと思います。

忘れちゃならない締切を目立たせておきたい時、なんかにも便利です。
下に書いている文字のインク種類によっては、上から蛍光ペンを引くと、にじんでしまったりすることがよくありますが、その点、モジライナーだとそれを気にしなくて良いのもありがたい。

但し、文字の上に引くならば、少し薄い目の色のモジライナーと合わせるほうが、下の文字が見やすくて、使い勝手がよいかもしれません。
濃いめのクレヨンレッドだと、下の文字が少し隠れてしまって読みにくくなります。
(あ、でも逆に、隠しておきたい予定とかには好都合かもね~♪)

マルチな使い勝手的に言うと、クレヨンイエロー、クレヨンライムイエローあたりが両横綱かも!

他の濃いめの色も、縁取り的に使ったり、手帳の隙間に引いたりして使い方は無限大なので、なんだかんだいってもそのうちまた買い足して、いつかは全色揃ってしまいそうな気がします。

こうやって、ちょっとした道具で日々の過ごし方がたのしくなるのは、ほんとにいいですねぇ。
文房具業界のみなさん、いつもありがとうございます(^^)/

| | Comments (4)

« April 2014 | Main | June 2014 »