« October 2014 | Main | December 2014 »

November 2014

Sunday, 30 November 2014

8年目のおっちゃん手帳

20141130

11月も、もうおしまいですね。
秋は紅葉を追いかけたり、色づく街路樹の美しさにはっと息をのんだり、自然の素晴らしさを実感させてくれる、刺激的な季節だなぁと思います。

そんなこんなで、心を奪われている間に、気がつくと今年も残すところあとひと月になろうとしているなんて・・・!

一方で、夏ごろからそわそわしている手帳の準備も着々と完了。
毎年お世話になっているメンバーを中心にお迎えし、準備は整いました。

2008年から使っている能率手帳ゴールド小型、来年2015年で8年目になります。
まだ暑い9月、既にお店で名入れをしてもらって、お迎えが完了していました。

手のひらにすっぽりおさまるサイズ感、ふかふか革の表紙の手触り、万年筆のインクが映える紙、必要にして充分な、無駄のないシンプルな様式。
どれをとってもお気に入りの要素ばかりです。

来年用の新しい手帳の箱を開き中身を確かめると、拍子抜けしちゃうほど、何も変わってない。
名前は「能率手帳」から「NOLTY」にリニューアルされたけれど、本質は変わってない。揺るぎないこの安心感がいいのです。

ここ数年は、一日を振り返って、その日あったたのしいことを中心に、印象的なことを書きつけている、ミニ日記帳のような存在となっているこの手帳。
見た目の渋すぎるたたずまいが渋いおっちゃんらしくって、愛をこめて”おっちゃん手帳”などとタグをつけてinstagramに写真を投稿していたら、コメントをいただいたり、「わたしも来年から使うことにした」という報告が舞い込んだり、おっちゃん手帳の輪がどんどん広がっていきました。
おっちゃんすごい。人気者だよ!

そして、本家とも言うべき、発売元の日本能率協会さんよりお声をかけていただき、新しく開設された「みんなの手帳部」というブログに、おっちゃん手帳への想いを投稿させていただくことになりました。
特別な使い方をしているというわけでもない、こんな普通の一ユーザーが、本家のサイトに登場などさせてもらってもよいのかしらと緊張しましたが、おっちゃん手帳に、日頃とってもお世話になっているので、そのご恩返しという気持ちもこめて、写真と文章をお送りさせていただきました。

既に11月に、わたしのつたない文章が掲載されています
あらためて読み返すとこっぱすがしいので、あまり正視はできていません・・・
でもとても良い記念になりました。
来年もますますおっちゃん手帳との濃ゆい日々を過ごしていきたいと思います。

さて、毎年恒例、見返し部分にリバティプリントを貼る工作。2015年用についても、先日、実行しました。
手持ちのリバティプリントの布地の中から、毎年の気分で柄を選んだら、見返しのサイズに合わせてカットして、スティック糊で貼るという、実にお手軽・かんたんな工作です。
O型のわたしでもできる!

今年は使いたい柄が多すぎて、3つまで絞れたものの、その中からひとつを選ぶのにあーでもない、こーでもないと頭の中で考えていたら、instagramの写真のコメントで投票をいただいて、とっても嬉しかったです。
その中でだんとつ支持を得た「フォーゲット・ミー・ノッツ」柄を、2015年の見返しに貼ることに決めました!

この柄、まさに「かばんの中身」ともいうべき、可愛い小物がいっぱい描かれたデザインなんです。
手帳やがまぐち、よく見たらiPhoneっぽいスマホまで並んでて、とっても現代的!
リバティの昔ながらのクラシカルなプリントも好きですが、こういう今風のものも、絵柄が細かいリバティならではの緻密な美しさがあって、見ているだけでもひき込まれます。

カラーバリエーションがいくつもあった中で、パープル~ピンクあたりの色目のものを買ってあったのですが、実際に貼ってみると、表紙の黒革となかなか素敵なコンビーネーション!
自分でいうのもなんですが、めっちゃかわいい~!すごく素敵!!
ああ、いい柄をみなさんに選んでもらったなあ・・・と、一人で柄を選んでいた毎年よりも、さらに特別な存在思えてきました。

残すところあとひと月となった2014年のおっちゃん手帳にふと目をやると、革には、使い初めの頃にはなかった風合いが備わり、ページの厚みも増して、まさに円熟のたたずまい。
11か月分の日々を受け止めてくれたからこその、いいくたびれ感が出ています。

新しい年の手帳を迎えるわくわくもたのしいけれど、この時期の手帳が特に好き。
あと1か月、素敵な文字を埋めていけるよう、日々の時間も大切に過ごしていきたいと思います。

| | Comments (4)

« October 2014 | Main | December 2014 »