« January 2015 | Main | March 2015 »

February 2015

Saturday, 28 February 2015

キャップレスデシモに恋して

20150125
昼間は仕事をしているので、ゆっくりと万年筆とたわむれている時間が持てないのが寂しくもあり、もやもやするところでもあります。

つかの間のお昼休みに、おっちゃん手帳こと能率手帳ゴールド氏に、ちょこちょこと書き込みをしていると、無情にも時間は過ぎていく。
昼休みほど時間の流れの速さをうらめしく感じることはありません。

せめて万年筆好きさんでも周囲にいるならば、インクの話やノートへの愛情について、いろいろ盛り上がれるのに、職場まわりじゃそんな人にもなかなか出会えず、寂しいものです。
内なる思いを心に秘めて、日中は仕事に没頭しています。

(以前は、同じ血のにおいがする文房具好きさんがふたりいたんだけど、ひとりは異動、そしてもうひとりは退職しちゃったの。しゅん・・・)

でもちょっとぐらいは、万年筆を楽しむ時間が仕事中にもほしい。
そこで、職場手帳への書き込みに活用しているキャップレスデシモが、オフィスライフのちょっとしたオアシスになっています。
革のペンストラットプ、ミニマムセットに詰め込んだキャップレスデシモを取り出して、ノックを押せばペン先がこんにちは。細くてきりっとしたペン先から繰り出されるウォーターマンのブルーブラックインクで、ちまっと予定を手帳に書き込むときのしあわせよ。
クオバディスのクリーム紙の上に躍る、細い筆跡ながら濃淡がはっきりわかる文字に「やっぱり素敵・・・」と心の中でつぶやき、ささやかに万年筆欲を満たしています。

ウォーターマンのブルーブラックは、家からインクボトルを持ってきて、職場の抽斗に据え置いてしまいました。
この色を使うことにしたのは、ただ単に、ボトルインクが家に2本あったから。早く使わなけれは!とおしりに火がついたからで、必然性にかられて・・・とも言えます。
金ペン堂でのお買い物の時、「既に持ってます」と言い出せずに、おすすめされて買っちゃったから2本あるのだね~。

職場で万年筆を気軽に使いにくいと感じる時の障壁といえば、キャップのつけはずしがめんどくさそう、そして、キャップを外したままだとインクが乾燥してしまいそう、そんなところにあるのでしょうか。
確かにそこは、仕事用文具としてはボールペンに分がありそうなポイントかな、とも思います。

そんな風に便利さを求めてしまう時、いつも思い起こすのは、わたしがお世話になっている病院の先生の愛用筆記具の事です。先生がカルテの書き込みに使う筆記具は、モンブランの万年筆なんです。
たっぷりのブルーのインクでカルテに書き込んで、キャップを外したままの万年筆を無造作に置き、患者(←わたし)に説明。この間、わたしは「キャップをしなくていいのだろうか・・・」と気が気でない。しかし、そんな心配をよそに、先生はまた手に万年筆を取り、カルテにさささっと書き始める。使い込まれて、インクで青く染まったペン先からは、かすれなどどこ吹く風、よどみなく再びブルーのインクで文字が綴られるのです。
さすがモンブラン。そして・・・かっこいいなあ、白衣とモンブラン!
と内心思いめぐらせながらきゅんとしている変な患者です。
これを見られるかと思うと、病院通いもたのしみだったりします。

お医者さんのモンブランもかっこいいけれど、しかししかし、事務職さんのデシモも負けてはいません。とっさの筆記態勢を求められる、ピリピリと緊張感が漂う職場(・・・ってほどでもないのだけど)での困りごともらくらくクリアするノック式であるデシモ。
いかにおりこうさんで、仕事にもってこいであるかというところを、わたしは声を大にして言いたい~!
お手軽価格も魅力だよ~~

親ばかついでに、キャップレスデシモの青いきらきら軸、手帳の上でぼーっと寝てる姿もほんとにかわいいんです。微細ラメがお店のショーケースの照明に映えて、とても美しかったので「1000万ドルの夜景万年筆」と勝手に命名した、うるわしい一本です。
お迎えした時の暑苦しい文章(こちら)をあらためて読んでみると・・・なぜかポエム度がそこはかとなく高く、エキサイトして語っており、我ながら”どうした?”と、当時の自分に問いかけたい・・・。
でも、今あらためて見てもやっぱり美しい万年筆で、あの時出会って本当によかったなぁ、と、顔がゆるんでしまいます。

職場で万年筆を使う仲間がもっと増えるといいなあ。
キャップレスデシモはボールペンみたいに便利に使えるんだよ、って。
きれいなインクを選ぶのもたのしいよ、って。
草の根運動、がんばってみようかな。

| | Comments (4)

Sunday, 01 February 2015

ボルドー革のペンシース

20150201
万年筆は、ロールペンケース何本にわけて収納していて、その中でも、よく持ち出すペンは、ペンシースに入れています。

ペンシースというのは、1本のみ、または2本や3本といった少ない本数入る、万年筆のおふとんみたいな入れものです。

朝、出かける時には、ペンの入ったペンシースをいくつかつかんで、それをフラットポーチにがさっと入れて持ち出します。

ペンシースは、かばんのポケットなど少しの隙間にもおさまるし、ふたがないから中に入っているペンがどのペンなのかの見分けも一目でつくので、便利だなあっと思って、昔からちょこまか買い足していました。

ペンケースよりも気軽なお値段であることが多いので、そも親しみやすさのポイントでした。

結構、もう何個も集まっているだろうなぁ、とは思っていましたが、あらためて整理してみると、予想以上にたくさん揃っていたので、我ながら驚きました。。。
せっかくなので集合写真も撮ってみたよ!

今日はその中でも比較的(って何よ)新入りさんにあたる、ナガサワ文具センターさんオリジナルの3本入りおふとん、じゃなくてペンシースをご紹介します。

おふとんの正式なお名前は、NAGASAWA 神戸 キップ ステーショナリーシリーズ PenStyle 3本差しキップペンケース Sサイズ (←リンク先は楽天市場さんのナガサワさんShopの商品紹介ページです)

あっ、このお品はペンシースって言わないんだ・・・!まあいいか。

長さの違いでSサイズとLサイズがあり、わたしが使っているのはSサイズのほうです。
色はボルドー。やっぱりボルドーを選んでしまうこの習性よ。
だってねぇ、このボルドーの革の色がまた、にくいほど好みの色なんですよ!
ロールのペンケースは、土屋鞄のがあるので (3巻きも!!) とりあえずはぐっとこらえて、ペンシースのほうにしてみました。
茶屋町のお店で買いましたよ~。

お店のショーケースの照明の下では、こげ茶っぽく見えたので一瞬、ん?ボルドーは品切れ?と思いましたが、実際に取り出してもらうと、やっぱり、それがボルドーでした。
手に持たせてもらったら、革がすごく柔らかくて、しっとりしていて、そんでもって軽い!
このベルベット的な感触にも、きゅんとしました。

3本用にするのは最初から決めてたんですが、Lサイズで余裕たっぷりカンペキに万年筆を保護するか、それとも見た目かわいいSサイズにするかはちょっとだけ迷いました。
実際に持っていた万年筆を収納させてもらって、自分の持っているメンバーを思い起こすと、大柄な軸の万年筆ってそうそう持っていないよね~と気づいて、Sサイズに決定!

そして、かれこれ数か月。使いはじめはさらっとしていた革の表面にも、少し光沢もでてきました。

本日時点、パイロットのカスタムヘリテイジが2本と、セーラーの鉄刀木スタンダード万年筆が入居中です。
サイズ感で言えば、カスタムヘリテイジだと頭がほんのわずかに出る感じ、鉄刀木は頭がちょうどすっぽり隠れます。
商品サイトには、万年筆とS・Lサイズそれぞれの対応表があるので、その情報も参考になりますよ~。

おふとんの上からほんの少し万年筆の頭がのぞいて、そこもまたかわいいのですわ!
3人並んでまっすぐきっちりとおさまった姿は、合宿みたいで愛らしい!!
真空パックして売られてるドイツのソーセージにもどことなく似ている形状にも、意味なくぐっとくるという・・・

普通のペンシースだと、例えば2本用だと、同じ空間になっていて内部はわかれていないので、ペンどうしが当たることもあるのがちょっと心配ですが (・・・とか言っちゃってますが、木軸の万年筆に若干気をつかう程度。基本ワイルド!) 、この3本用は、一本づつ”居室”が分かれているので、そんなことも気にせず、ぽいぽい差し込めます。

それと、意外とよかったのは、クリップを外に出さない収納方法であること。
このおかげで、触れ合う他のもの、たとえば革表紙の手帳だったりするようなものと隣り合わせになっても、クリップによって傷をつけたりするようなこととは無縁なのがいいのです。ポーチの中に、おっちゃん手帳こと能率手帳ゴールド小型を一緒にしまうことが多いので、助かります。
これは意外なおまけgoodポイントでした。

しかしこの革のシリーズ、他にもブックカバーやモバイルケースなど、手にふれる頻度が高くて、使っていたらしあわせだろうなぁ、と思ってしまう小物が実にいろいろありまして、誘惑されます。
しかしその中で、マルチペーパーウェイト!こいつが、いちばん地味な存在なのに、なぜかとても気になっている今日この頃です・・・

| | Comments (2)

« January 2015 | Main | March 2015 »