« 夏の終わりに | Main | 秋はワインの季節 »

Sunday, 13 September 2015

久しぶりのほぼ日カズン

20150913
9月1日。
それはいつのまにか手帳族のお祭り日みたいにやり過ごせない日になってしまいました。

ほぼ日手帳がオンラインとLOFTで一斉に発売される日です。

わたしのほぼ日デビューは2006年。
当時は、中身もA6サイズの1種類しかなかったし、カバーのバリエーションもナイロン数色と革カバーが何色か。

はじめて買ったカバーは牛革マリンブルーって色でした。いまもこのカバーは大好きで、まだまだ使えるので、よくいろんなノートに着せて使っていたりして、ぜんぜん隠居させてもらえない10年目の長老さんです。

柄物などが増えだしたのはその次の年ぐらいで、友人と、「どうするどうする~」って毎晩メールで相談していたことを思い出します。

中身に関しては、2006年myデビューからはずっとA6サイズの「オリジナル」を使ってきました。

そのあとカズンというA5サイズのが出て、それにもとびついて、そして、英語版の「Hobonichi Planner」が登場して、あっ、WEEKSも加わった。
今やカバーのバリエーションもすごく豊富で、その数驚くばかり。

2013年のPlannerを最後に、ここ2年間はWEEKSのみで、1日1頁形式のほぼ日手帳はちょっとお休みしていました。

これまで集めたカバーを文庫サイズのノートにかけかえて活用したり、過去に使い切れなかったページを万年筆での書きものに使ったりと、お別れしてからも細々とおつき合いは続けてきました。

といいながらサイトはいつもチェックしています。
もちろんカバーの情報だって。
2016年のラインナップが発表された時、早速、「参りました~」と白旗あげてしまいました。

大好きなリバティプリントのカペル柄が、カバーになっているではありませぬか。
これを我慢せいっちゅーのは無理無理無理!
でもいちおうLOFTで現物見てからにするわ~~

と表向き毅然とした態度で、9月1日、LOFTに乗り込みました。
なぜかLOFTの近くで仕事だったという、今年の9月1日。
もう、最初から敗北が決まっていたかのような運命です。

発売日、平日のお昼休みにもかかわらず、ほぼ日手帳売り場はそれなりの人でにぎわっていました。
ミナペルホネンや、MOTHER2のカバーは、最初から「それだけ買いに来た!」というゆるぎない意志をにじませた方々の手の中にあれよあれよというまにおさまり、どんどん売れていきました。
すごい。かっこいい!みなさん決断早いわぁ~

って感心してる場合じゃないの。
わたしも早々にカペルをチェックして帰るのよ~!

きちんと並べられたカペルのカバー。思ってたより渋い色合いだったけどそれがまた良し。
カズンの大きな面積いっぱいに広がる単色の花柄。
いやだ~~地味かわいいじゃないっっ!
と心の中ではしゃぎ、レジに差し出して足取り軽く帰路につきました。

リバティプリントといえば、タナローン生地が有名で、それは、つるつるというかするするというか、さらさらした生地なのですが、今回は、麻みたいに、荒目の織り目がよくわかる生地にプリントされた面白いものでした。

その手触りがいかにも布地らしく、「布だわ~」って感じでおもしろいので、ビニールのカバーオンカバーなしで行こう!と思って、カバーは買わずに帰ってきました。家に帰っていそいそと開封して遊んでいたら、早速、珈琲をこぼしそうになってひんやりしたので、家にあった昔のカズンのカバーを流用して着せました。

そのうち新品カバーオンカバー買おう。。。

紺といっても、濃い紫といっても通じそうな深い地色に白抜きの花が明快に広がるカペル柄。花柄だけど派手でないので、仕事で使っても良さそうだなあ~。
でもせっかくの、面積ひろびろカズンサイズのトモエリバーだから、家でゆっくりと万年筆で書き込むような使い方をしたいなあ。

幸いにして、まだまだ来年まで時間があるので、どういう使いかたにするか、もっともっと悩んでみようと思います。
たぶん日々の雑記帳になりそうですが、一日一頁埋めることにこだわりすぎず、自由に付き合っていきたいな、と思っています。

|

« 夏の終わりに | Main | 秋はワインの季節 »

Comments

このカバーとても可愛いですね。
お隣のペンまきまきも可愛い!

もうほぼ日が並ぶ季節になったのですねー。
ロフトには行けないのでサイトチェックしてみたのですが
まだまだあなた様がお好きそうなカバーがあるのでは?
ふふふ。

Posted by: 押切印 | Saturday, 19 September 2015 at 10:41 AM

押切印さま


そうなんですよ、最近は一年の飛び去るのがほんと早い気がします。
きっと一年中、手帳の事を考えているせいだと思います。。。。
好きそうなカバー、まだありますか、ばれてますか。
ひっしで欲を土に埋めているところです。
といいながら、この次の記事は、またまた新たなカバーについて書こうと思っていたりして(^^ゞ

Posted by: はるる | Thursday, 24 September 2015 at 11:35 AM

ユズさま

こんにちは、コメントありがとうございました。
お返事が遅くなってすみません。
さらに申し訳ないことに、システムの都合なのか、なぜか、ユズさんのコメントが画面に出てこないので、いただいた文章は、下↓ に表示させていただきました。
重ね重ねごめんなさい!!

ゴールド小型版、なくなっちゃうのですか!!
困る困る、めっちゃくちゃ困ります~!!
もう、あのサイズでおっちゃんと一生添い遂げようと思っていたのに。。。
トラベラーズのパスポートサイズとの相性、ばっちりでしたよね。

と、なると、普及版サイズの一点になってしまうと、いうことでしょうか。
これは、一年かけて、存続お願い運動をしなくてはなりませんね。
来年はいっそう、おっちゃん(小型)に愛着がわいてしまいそうです。

これからもよろしくお願いします~。


-----以下、ユズさんが書いてくださったコメントです。------

はじめまして!いつも楽しく読ませて頂いております。
来年の手帳が出る時期になると、色々と手帳や文具関連の記事もにぎわって楽しいですね。

「小型手帳ゴールド小型版」とトラベラーズノート(パスポート)の組み合わせは
私も持ち歩き用としては鉄板だったのですが、「小型版」はどうやら2017年からは製造中止に
なってしまうようですね…(泣)需要はあるのにと思いつつ、もしかして一部のコアユーザだけに支持されているのかしら?と思ったり…。

初めてなのに、ながながと失礼いたしました。
手帳や文房具の記事、これからも楽しみにしております!

Posted by: はるる | Thursday, 24 September 2015 at 11:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 夏の終わりに | Main | 秋はワインの季節 »