« September 2015 | Main | June 2016 »

October 2015

Sunday, 18 October 2015

9年目のおっちゃん手帳

201510183_2

2008年からお世話になっている、おっちゃん手帳ことNOLTY能率手帳ゴールド小型さん。

2016年の新しい手帳も、先日、お江戸に行った際に、新しくなった伊東屋さんで、名入れをしてもらって無事に準備してきました。

NOLTYさんの公式サイトでも、名入れ手帳を注文することができるのですが、筆記体の字体が気に入っていることもあって、毎年、名入れのできる文具屋さんでお願いしています。

どの文具屋さんでお願いしても、筆記体ができるお店なら、同じ字体になるのですが、お店ごとによって、仕上がり少しずつが違うので、面白いのです。

今年2015年のは神戸のナガサワ文具センターさんでお願いしました。

このときは、型押しに入れた金の塗料がたっぷりで、けっこう迫力のある名入れになって仕上がって来ました。

一方の、伊東屋さんは、昔から何度も名入れをお願いしていますが、わりと毎回、細めの押しながらもくっきり入るタイプ。これはこれで雰囲気があって好き。
まあ結局は、その時その時の仕上がりが良いと思える、気楽なタイプです。

さて、おっちゃん手帳のお迎えといえば、忘れちゃならない恒例行事がもうひとつ。
おっちゃん乙女化計画の、見返しに布地を貼る作業です。
毎年、手持ちのリバティプリントの布地を広げては、どれにしようかな~と悩むところからがお約束の、たのしい作業です。

でも2016年は、どの柄にするかは、ほとんど心は決まっていたんだ・・・!
ほぼ日手帳のカズンカバーがカペル柄だった時点で、おっちゃん手帳もカペルで行くしかなかろう、と。

何色か持っているカペル柄ですが、今回、おっちゃんに貼りつけるのは、ワイン色というか、えび茶色と呼ぶべきか、そんな色合いのプリントを選びました。

この作業、最初の数年かは、O型の大雑把さが災いして、大胆にも目分量で布地をカットして、なんだか、気合でサイズ合わせして貼りつけるような、そんな出来具合だったのですが、ここ数年は精度も上がり、コツもつかんできました。

おっちゃん手帳に付属しているミニノートがあるのですが、このサイズに合わせて布地をカットすれば、貼りつけ土台となる見返しのサイズにばっちり合うのです。

そして、真っ直ぐ切るにはクロバーの布切りカッター。
はさみだとわたしの場合、どうにもいがんでしまうので、面倒でも布切りカッターを出してきて、落ち着いて切るのが肝心。
あとの仕上がりが全く変わってきます。

布地を貼りつけるのは、毎度おなじみの「消えいろPIT」。
もちろん、他のスティックのりでも問題なくできます。
アラビックヤマトでやってみた年もありましたが、布地がしなしなになりすぎてやりづらかったので、公式貼りつけ具としては、断然、スティックのりの方を推奨したいところです。

貼る時に気を付けているのは、やっぱり、布地の角&辺を、貼り付け先の見返しとの角&辺に、きれいに合わせること。
たとえO型でもここは頑張りたいところ。
でもこれが、唯一かつ最大の難関なんですよねぇ~。

それには、まず先に、布地ではなくて手帳の方にのりを塗り、そして、場所を合わせて布地を貼るのがやりやすい方法だと、これも何年か試してわかったことです。
先に布地にのりを貼ってしまうと、なんとなく、扱いにくさ倍増。

布地を貼る時は、端っこからではなく、真ん中の部分を位置合わせして大まかに貼り付けて、それから端っこに向けて貼り付けを進めていくと、端っこから貼り始めるよりも、最後まで「角が合うかしら・・・」とびくびくしないでいいので、気分的に楽かも。
スマホのフィルムなんかを貼るのが得意な人には、なんでもない作業かと思います。(そんな人にたのみたいぐらい!)

この緊迫感もコミで、貼りつけ作業の醍醐味といえましょう。
とはいえ、どうせ自分が使うものなので、ちょっとぐらいずれていようが、角が思ったようにぴったんこにならなかろうが、そんなこたぁ、ほんとはどうでもいいのです。

こうやって手をかけて、自分だけのものにしていくステップそのものがたのしいのですから。

カペル柄で少しおめかししたおっちゃんは、また少し違う表情になりました。

まだ、出番は2か月先なので、再び箱に入ってもらって、待機していてもらうことにします。
それまでに余裕があったら、お揃いの布地で、手帳バッグかペンケースでも、つくろうかなぁ。

 

| | Comments (4)

« September 2015 | Main | June 2016 »