« October 2015 | Main | December 2016 »

June 2016

Thursday, 16 June 2016

回転印に魅せられて

20160612

ごぶさたしております。
2016年も、春、夏へとふたつの季節を経て、もうすぐきらめく夏になろうとしています。
お元気ですか?わたしは元気です。
仕事の合間にノートや万年筆にまみれたり、切ったり貼ったり旅したり、手紙を書いたり、お友達と読書について語ったり。

相変わらずこれまでと変わらない生活を元気に送っていました。

そんな中で、なかなかまとまった時間が取れなくて、blogは止まったままでしたが、ぽめらんの中には、昨秋からの下書きの文章はいっぱいたまっていたんですよ。ああ、なんてもったいない・・・

でも今が大切だから、今の気持ちで、新しい心で書きます。今日は、最近のノートタイムで特に愛用している品についてです。

はんこ大好き人間なのは、もうすっかりばれている通りです。お手紙用の住所印も、いくつも揃えています。 (別に揃えた気はないのですが、印箱にぎっしり・・・さすがにもう打ち止め。) 

はんこ屋さんを見つけると、用もないのにふらふら吸い寄せられてしまいます。そして、そんな時は必ず渋いはんこにぶちあたり、やっぱり増やしてしまうのですが。
はんこの中でも、特別好きなのは、業務用なはんこ達。社会人となって××年。仕事でも本当に多種多様なはんこにお世話になっています。アナログからデジタルへと世界はうつり、仕事の種類は変わっても、はんこというものは仕事の中でまったく消滅する気配がない。

まあ考えても見れば、志賀島の金印の頃から形を変えることもなく続いているギアなのですから、そんなちょっとやちょっとの変化ですたれるはずもありませんね!

それにしても。
業務用のはんこって、なぜあんなに字体やたたずまいが魅力的なんでしょうか。はんこ会社のカタログやホームページを見ていたらいつまでも飽きることがありません。(だから、そういう業界で働いていたら、仕事にならないと思う。)

今回、そんな魅惑の業務用はんこから、憧れをあたため続けた「定期券用日付印」をついに手に入れましたー!ちまちま貯めたよどばしポイントで・・・。
(しかし、この商品を扱っていることに驚きです。よどばしさんったら、品ぞろえが豊富すぎて好きだよ!)

定期券も、今やデジタル時代。有効期限はICカードに銀色にプリントされたりとか(あれは不思議な仕組みだ)になってしまい、今やほとんど、はんこが朱色でどーんと押された紙製の定期券を手にすることもなくなっちゃいましたが、あの、記憶の中の独特な日付の字体。あれは、あれがあるからこそ定期券なんだ!という、なんともいわれぬ美しいノスタルジーを感じられるものでした。

はんこの字体にもひきつけられるものがありますが、もうひとつ、あの文字の大きさが素敵。普段書いているノートには、はんこで日付を押すことが好きで、日付の回転印もいろいろ持っています。しかし、今回加わった定期券用は、手持ちのどんなメンバーにもない、圧倒的な大きさ。ノートのページに捺したときの存在感ったらすごいです。
大きく堂々としたちょっと風変わりな字体の日付を見ていると、「今日」という日がとてもいきいきして見えてきます。たとえ、なんということはなかったごく普通の日であっても、毎日には意味があり、大切な1年を構成する1日なのだと思うと、とてもありがたいものに思えてきます。

なんて大げさなことを考えつつも、どーんと大きいはんこを捺すのが単純にたのしくて、ノートにもついつい捺していろいろ書きたくなります。

しかし、この定期券用、図体はとても巨大です。本体は文鎮になりそうな位大きくてずっしり、外箱なんて、ポッキーの箱を2つ重ねたぐらいあって、届いたときちょっと笑っちゃいました。そんなインパクトもまた、ハートを撃ち抜く、にくいやつです。

今回、一緒にいっしょに縦日付の漢字日付印も手に入れました。これまた魅惑のお品です。これは、お手紙好きなお友達の間でも、愛用されている方がたくさんいらっしゃって、素敵だな~と思っていたものでした。ついに手にできてうれしいー!ので、これまたあっちこっちに捺しています。

はんこって、合わせるスタンプインクによっても表情が変わるので、それもまた奥深くて、2倍おいしい道具だと思うのです。

| | Comments (0)

« October 2015 | Main | December 2016 »