+postage stamps

Sunday, 30 March 2014

切手帖の整理

20140330

前々から、増えていく切手の効果的な整理方法を考えていました。

旅に出る時に、できれば、現地の切手で絵はがきを差し出したい。
と思っているのに、郵便局には、ご当地切手を置いていないことが多いのです。

なんてもったいない。

ご当地フォルムカードを販売しているのなら、それに合わせてご当地切手を貼り、そして風景印という完璧コラボで差し出したいというのが、郵便好き人間にとってのささやかな願望ですが・・・
現地調達に頼ると、なかなかそれはうまくいきません。

だいたいですね、勤め人にとっては、土日に郵便局が開いてないのがとっても寂しいのです。郵便局の前を通って、閉ざされた扉の前で「ここ、素敵な絵柄の風景印あるのになぁ~」と指をくわえて退散する、あの辛さよ。
風景印の、無人自動押印機でも開発していただけないでしょうか・・・

おっと、ちょっと話が風景印にそれてしまいましたが、今日は切手帖の話でした。

でありますので、旅に出る時には、ご当地切手を選んで持っていくのですが、旅支度における切手選びは、これまでとっても時間のかかる作業だったのです。

普段から地域別に分類しとけば、旅支度もさささっとできるのにな~。
でも、季節ごとに分類しとく方が普段使いには便利よね~。
うう~どっちが最適か・・・
と、考えること数年間(悩みすぎ)。

ついに、わたしは決断しました。
旅行の前の晩、早く寝る方を選ぶわ!
(ほんとに郵便準備で睡眠時間が削られていたもので・・・)

だから、切手は、地域別に分類する!
県別に入れておけば、複数の県にまたがる旅でもらくらく旅支度が実現できるはず。
そうと決まれば実行あるのみ~。

でも、いま使っている切手のストックブックだと、ページの移動ができないから、切手の移動が結構大変なのです。
切手は常に増えたり減ったりするから、枚数の増減にフレキシブルに対応できる切手帖がいいなあ。

いろいろ考えてみましたが、「手持ちの文具を活用しようキャンペーン年」(のかれこれ何年目か)でもあるので、在庫で眠ってた、KOKUYOのB5サイズバインダーノートを活用することにしました。
布貼り表紙のバインダーでみどりいろ。金具も金属製で頑丈、この事務用品っぽい雰囲気がいい!

しかし、中身が問題。
本職の切手ストックブックのような、機能的な収納をいかにして作り出すかが課題です。

切手ブームの頃なら、もしかすると切手専用のクリアーポケットみたいなのが多種類売られていたのかもしれませんが、現代ではそれはなかなか・・・
いくらお手紙ブームとはいえ、切手整理用品は、普通の文具屋さんではなかなかみつかりません。

やっぱり、観念して本職のストックブックを買い足すか・・・?
いやしかし、ここはあくまでも、せめてガワだけでも在庫を活用せねば。

いっそのこと、太幅マステでも使って、切手収納用のレーンのついたクリアポケットでも作ろうかしら、と本気で検討し始めましたが、O型には難易度の高い作業に思えるし・・・

とその時「名刺ポケットがあるではないか!」と遅まきながら、ひらめきました。
B5のバインダーノートにセットして使うポケットで、名刺サイズに区切られた透明の、あれです。(なんていけてない説明・・・)
これなら透明ポケットだし、切手の絵柄も良く見えるし、手軽に文具屋さんでも手に入るね~♪

といそいそと出かけて行きましたが、意外とおいてない・・・
最近、名刺ファイルもA4サイズが主流のようで、B5サイズを全然取り扱ってないのです。

何軒周っても見つからず、心が折れかけたその時、「こういうベタな用品(←もちろんほめ言葉です!)は、最後の砦はあの会社だな・・・」とすがるようにホームページを探したら、やっぱり、コレクトさんの商品で、B5の名刺ファイル用替えリーフがありました。

透明ポケットの素材も肉厚で、大量の切手を収納するにも安心。
脱落防止になるフタが各収納部分についているので、大切な切手も落下の心配がありません♪
お値段は・・・10枚で760円と、ちょっとお値は貼りますが、ストックブックよりも安くついたし、何よりも、ルーズリーフ形式だから、ページごとガバッと入れ替え可能なのがうれしい!
コレクトさん、いつもいつもありがとう~!

と、完成した切手帖をめくっていると、お手紙ごころがますます沸騰してきました。
それにしても、この大量の切手たち、もうすぐ半端な2円切手も添えないといけなくなるのね・・・
ますます封筒や葉書が賑やか(ごちゃごちゃともいう)になりそうですが、それもまた切手生活の醍醐味というところでしょうか(^^)
と強引にまとめてみたりして・・・

かしこ。

 

| | Comments (4)