・stationery:pencil

Thursday, 29 April 2010

Pelikan griffix

20100429

ペリカンの子供用万年筆と言えば、PelikanoやPelikano Juniorがありますが、おそらくそこへ到達する前の年齢層を想定していると思われる、とても楽しい子供用筆記具入門シリーズをドイツで見つけました。

それはgriffixというシリーズです。

文房具屋さんの店内で見つけたとき、はじめは全て同じ商品の色違いとしか思わなかったのですが、よくよく見たら、ペンが4種類もある!と一気に興奮が高まりました。

サインペンから芯ホルダー、そしてローラーボールを経て万年筆にステップアップするという4段階設計になっていたのです。
サインペン以外の3つにはそれぞれに右手用、左手用とラインナップが揃っていました。さらには、4ステップの筆記練習帳も用意され、ど迫力な一大売り場を形成していました。

色もピンクやブルー、そしてバイオレットにカーキと、どれも楽しい色使いで、どれかの色で4段階全て揃えてみたい衝動にかられましたが、そこはぐっと我慢して芯ホルダーのピンク色軸だけ買って帰ってきました。(PelikanoもPelikano juniorも家に数本あるしなあ・・・、と理性が過剰に働いてしまったのですが、やっぱり全部買ってくれば良かったな、と今さら後悔。)

子供の成長にともなって、筆記具はサインペンから芯ホルダーにステップアップする、という感覚は、日本人の自分からすると、なんとなく逆のような気もしてしまうのですが、ドイツではそういう順序なんでしょうか?
自分のおぼろげな記憶では、はじめに鉛筆のほうが身近にあったように思えますが、こういう文化の違いも興味深く感じます。

ペンの頭の部分の白いボタンのようなものは、取替え式ワンポイントキャラクターです。さるとさかな、2種類が標準で添付されていました。(別売りで他のデザインも買えたりするのかな?)
こういうカスタマイズは、こどもをうきうきさせるでしょうね。(おとなも・・)
そして、お名前シールが付属しています。このあたりは、「お道具」な感じをかきたてるので、じつに楽しい要素だと思います。

さて、子供用の筆記具とはいえ、使ってみるとこれがなかなかに使いやすくて、驚いています。
深く彫られたくぼみに指を当ててペンを持つと、自然と最適な握り方になるのはPelikano juniorと同じ仕組みですが、このgriffixは、Pelikano juniorよりもかなり深いくぼみが作られていて、そのために非常に握りやすいのです。

これだったら、握力の弱いお子様でも快適に使うことができそう。もちろん、大人でもこれは使いやすいと思います。太軸のおかげで長時間使っていても疲れにくいので、たくさん書く勉強用に使っています。大人の方にもぜひおすすめしたい!(ああ、考えれば考えるほど、やっぱり数本買ってくればよかったんだー、うっうっ)
日本でも取り扱いが始まれば良いなあと思います。

このように完璧に用意されたシリーズに自然に接していくことによって、筆記具に馴染み、万年筆を使うようになるというドイツの筆記文化にとっても興味を持ちました。
ドイツの家庭の中で、子供たちは実際にこの楽しげなペンたちをどんな風に活用して成長していくのか、ぜひとも覗いてみたいものです!

ところで、Pelikano万年筆は今年で発売50年なんですね。NEW Pelikano 2010として新しいデザインになるようで、なんだかとっても近未来的な感じになっています。
そして、50年間のデザインの変遷が見られるサイトがありました。昔のデザインや素敵な色づかいのがあったりして、50周年を記念して旧デザインも復刻・・・なんてことになればいいのになあ、なんて思いながらヒストリーページを楽しみました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sunday, 10 January 2010

えんぴつを楽しくするものたち

20100108年末の分度器ドットコムさんでのお買い物のもうひとつは、CRAFT A×分度器ドットコム オリジナル木製えんぴつキャップです。

お店には、木の種類はいくつか並んでいたと思いますが、あとでサイトを見てみたら、私が買ってきたものは「キングウッド」という種類のものだったようです。

色はそんなに濃くなくて、落ち着きのある木目の中に、微細な模様が含まれているのがおもしろい表情をした木です。

木目のなりたちをまじまじと見ていると、自然の素材ってなんて奥深いんだろう!って感心します。こういうところが、木とか革素材にひかれる理由なのかな、と思ったりします。

鉛筆って実は電車の中でノートを取ったりするのには意外と便利だったりするのです。

短くちびてきた鉛筆は大事に残しておいて、携帯用としてこのようなえんぴつキャップをつけて鞄の中に入れておきます。

こういう時に、クリップの付いている鉛筆キャップって、とても便利なんです。鞄の内側のポケットに差しておくことも、ノートにひっかけておくこともできるのがいい。

ペンのキャップを鉛筆キャップに流用できないものかといろんなペンのキャップで実験してみたりしましたが、手持ちのペンでは、やはり、なかなか鉛筆の軸のサイズと合うようなものはありませんでした。こういうクリップ付きの鉛筆キャップは、単体では意外と売っていない商品かなあと思います。

この鉛筆キャップは、内側を覗いてみると金属のばねのような金具が埋め込まれています。六角鉛筆でも、丸軸鉛筆でも、すいっと吸い込んでいくのにがっちり固定してくれるあたり、非常にたのもしいやつです。

1400円というお値段は、鉛筆キャップとしてはとってもぜいたく品だとは思いますが、この便利さと木の温かみと見た目の可愛さに負けた・・・

ちなみに鉛筆周りの商品で言うと、昨年迎え入れた、通称・うにえんぴつホルダー(正しくは、ユニ発売50周年記念ペンシルホルダー)も元気に活躍中です。
こちらは、短くなった鉛筆を延ばして使うエクステンダーなので、携帯用途というよりは、机上でがっちり使うというのに向いていて、もっぱら、勉強の際の重要なアイテムになっています。この重み、なかなかくせになるのです。

それから、カトウセイサクショさん特製の、セルロイドのえんぴつホルダー。こちらも分度器さんの商品でしたね。まだ、実店舗がない時代だったので、紀伊國屋書店での特設イベントにたまたま遭遇して感動しつつ買ったものだったなあ。なつかしいです。

クリップつきキャップと補助軸がセットになった商品で、こちらもメモ帳やノートにくっつけて出かけるのに使うことが多いです。今のところ色鉛筆専用になっています。本や参考書を読みながらアンダーラインをひいたりするのに、マーカーもいいですが、色鉛筆はなかなか便利なのです。

えんぴつ界のぜいたくの極みといえば、パーフェクトペンシル・・・
特にスターリングシルバーのものに憧れるけれど、やっぱり、伯爵コレクションの名に見合うよう、そうとう偉くなったら使ってみたい。

そして最近まで知りませんでしたが、ファーバーカステルがコスメティックも展開していたなんて!
なんとなく、アイライナーのチップやグロスのブラシが画材っぽくて、気になるわ~!
ドイツで売ってたのかなぁ?完全に見落としてました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sunday, 19 April 2009

いとしのうにえんぴつ。

20090418 最近、仕事中の筆記具としてえんぴつをよく使います。
考え事をしたり思い付きをノートに気楽に書いたりするのには、なんとなくえんぴつのほうが仕事が進みそう!という、まったくもって根拠のないイメージ先行によるものです。

それに、パソコンを打ちながらとか、電話がかかってきて中断したり、という使い方も多いので、その都度キャップを締めたりとかの細やかな気遣いをしなくていいのも好都合、というのもあります。

学生の頃は、家に転がってるものや、ケース単位でもらったえんぴつを使っていたぐらいで、特にメーカーや種類にこだわって使ったという記憶も全然ありません。

そして中学生の頃にはシャープペンや、ノート取りに至ってはボールペンにまで移行していたので、えんぴつの印象ってあんまり特別なものがないんですよね、ちいさな頃からあんなに身近にいたはずなのに。入試のときは大宰府や北野天満宮の合格鉛筆と一緒にがんばってたなあ。

そこで、大人になったいま、使うならばハイエンドモデルで贅沢してみたいじゃない!と、ばら売りのハイユニを1本買ってきました。えんぴつを買うなんて久しぶりの行動にちょっとわくわく。

買ってきたのは、えび茶の姿に金文字がクラシカルで素敵な、三菱のうにえんぴつ。
じゃなくってユニ。
・・・どう読んでも「うに」ですよね。

1本数十円から買えるえんぴつ界にあって、ハイユニは定価で147円もするんです。自社をして「鉛筆の最高傑作」を名乗る、敷居の高いえんぴつですからね!心して使ってみましょう。

まずは芯先を削ることから。昔は家にも電気えんぴつ削り機がありましたが、今となってはもうないので、ちいさな鉛筆削りでぐるぐるまわして削ります。削りかすからほのかな木の匂い、なんだかとっても懐かしい気分。

かりっと削った芯先で、キャンパスノートにいろいろ書いてみました。そしたらあまりに書きやすいのでびっくり。このイメージをなんと表現すれば良いかは難しいですが、えんぴつって、こんなにベルベットな感触だったっけ?と軽いショック(大げさすぎ?)がありました。

ハイユニの場合、かなり書き進んでも、なかなか芯が減らないんです。
昔から超・筆圧強い子だったために、気がつけば書き終わったノートのページにこすれた手が真っ黒になってしまっていたという記憶がありますが、そんなことも全くありません。やっぱり、お値段なりのものはあるのだなあ。と妙に納得してしまいました。

こうやって、あらためてえんぴつの偉大さを実感してみると、”ユニ発売50周年記念・ペンシルホルダー”のことがどうしても思い出されてしまいました。
昨年の発売時は、鉛筆補助軸に8000円とは!と驚き、そのお姿も「ちょっとおじさんぽくない?」と通過していた品だったのに。
木製の太軸ホルダーをつけたえんぴつって、ものすごく握りやすそうだし、うにえんぴつに合わせたスタイルもクラシカルでかわいいかもしれないなあ、と、もはや忘れたままでいられなくなってしまったのです。

店頭にはもう置いてない店も多いですが、ネットではまだ扱いがあるようです。(さすがに完売とまではまだ行っていないらしい。)
送料込みでさらに割引しまっせ、というお店があったのが背中を押しました。

アニバーサリー商品とあって、うやうやしく化粧箱におさめられてご到着。
ホルダーの長さにあわせた通常よりやや短めのえんぴつが2本セットになってついてきました。こちらはハイユニではなく、スタンダードなうにえんぴつ。
早速、仕事場へ持って行って、毎日使っています。

ホルダーは、かなりずっしりと重量感があるので、安定したえんぴつ筆記ができます。それに、打ち合わせ部屋などへ持ち歩く時には、クリップ付きキャップをノートに差したりして持ち出せるので便利です。キャップを外したときの「ん、えんぴつ?」という視線もほのかにたのしい。

いくら芯が減りにくいとはいってもいつか削らないといけないし、ドイツ製の素敵な「ケースつき真鍮えんぴつ削り」やファーバーカステルのパーフェクトペンシルなど、えんぴつにはまると、次は削りモノ系の誘惑の世界も待ってる気がしてこわい。
とりあえずは、スタビロのスワンシャープナーぐらいは連れて来ても許されるかなあ?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sunday, 29 March 2009

重いけど太らないんです。

2009032902_2 新入学シーズンの文具屋さんを通るたびに、年頃のこどもが周囲にいないことが非常に残念です。
えんぴつの名入れ、ふでばこやおどうぐばこの新調、組パックでのノートの調達・・・こどもを差し置いて自分がやってみたい、魅惑的なことばかりなんですが、そこは理性でぐっとがまん。





とか書いているうちに、鉛筆にダースで名入れ、ぐらいはしてみても許されるよね?なんて思ってきたからあぶない。
ハイユニをケースつきでほしい・・・うっとり。





早春から春先のシーズンは、いろいろ新製品も出るので、ふだん以上に文具屋さんめぐりが楽しいシーズンでもあります。

つめかえ式多色ジェルペンがこの春の注力製品のような気がします。例にもれず、私もいそいそとSTYLE FITやスリッチーズなど、中にセットするインクの色と芯の太さを店頭でさんざん悩みつつ、(こういうとき、即断できる人がうらやましい。)仕入れてきました。

新しい商品はどれもこれも、いろいろ考え抜かれたあとが感じられて、たのしく使い始めています。





が、意外にも、ま、意外と言ってはなんなんですが、この春のお買い物のうちで予期せぬ大ヒットだったのがシャープペン!
クルトガの高級ライン(といっても1000えんだよ)に、とっても惚れてしまいましたー。リンクを貼ろうと思ったら、まだ会社のサイトにはプレスリリースしかなくて、新クルトガのページができてなかったよ・・・いつものんびりめですよねぇ。あっ!言っちゃった!





最初に売り場を見たときは既に0.3mmの1本を残すのみ、棚はカラッポという売れ行き状況にひぇ~と驚きました。
0.3mmをとりあえず買って帰ろうか・・・と一瞬そんな気になりましたが、筆圧がおっそろしく強い私。0.3mmシャープにチャレンジしてみたこともあるのですが、芯はポキポキ折れて不経済極まりなかったという苦い経験を思い起こし、ここはがまんして0.5mmの再入荷を待つことにしました。
そしたら、次に行ったときは全て揃っていました。狙っていたホワイト軸を購入。





初回モデルのクルトガシャープペンは、驚くほど軽量な、プラスチック素材ボディだったのですが、今年のこのラインは、軸のところがアルミになっていて、高級な表情も素敵。パーリィな微粒子入りホワイト軸は、なかなかおしゃれでいい感じです。

使ってみて、おおっと思ったのはその重量感による書きやすさ。下の方にずっしりと重心がある製図用シャープペンのようなつくりで、握っていてとっても安定感があります。
そのおかげか、すっごく、書きやすい!その上、芯が回転して「太らない」クルトガエンジン搭載!(←大げさなネーミングは健在。)





さっそく、勉強用のふでばこに入団させました。ドイツ語授業の予習用に、テキストを書き写したんですが、重みのある本体がさっさっさと筆記を先に進めてくれるようで、いつもよりラクに、そしてきれいに書けている(気がする)!
もちろん、書き進んでも芯は細さをキープしたままでいてくれるので、好みの角度のままで字を書くことができます。
あと、欲張るならば、芯が減り具合に応じて自動で出てきてくれる機構になれば、もう言う事はありません!





ちなみに、最近、勉強用ノートには、東大生ノートのルーズリーフ版を使い始めました。ドット入り罫線というやつです。確かに、罫線にドットがつくことで、これを目安として文頭を美しく揃えられて美しいノートになれそうな気がします。が、ちょっとだけこのドットの印刷を薄くするか、ドットのサイズをもうひと声、ちいさくしてもらうほうが、私はうれしいです。なんだか目にチカチカする~。でも使いますよ!

店頭ではホワイトしか視界に入ってなかったので黒のクルトガのこと、よく記憶していないんですが、こちらも微粒子パーリィなブラックなのかなぁ?もし素敵だったら、仕事場用にもう1本ほしいので、次は黒にしてこようかな。名入れすると意外にかわいいかもしれないけどできるのかなぁ?
ブルーもさわやかできれいなんですけどね。とか言いながら全部そろえていそうでいやだ。





シャープペンを普段から使うかたで、勉強や仕事にひとエンジン、かけなおしてみたい向きには、強力におすすめしたい商品だと思います、クルトガプレミア(って勝手に名前を付ける)。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Saturday, 04 October 2008

セルロイドのえんぴつホルダー。

Frame3254771

梅田の紀伊國屋さんには、イベントスペースがあって、いつもなにかしらフェアをやっています。そんな時にうっかり通ってしまうととても危険な地帯です。

つい買ってしまった電子辞書フェアとか、くろちくの和風小物フェアとか、いろいろあぶないイベントがあるのですが、「文房具市」のようなストレートな名称で繰り広げられる出店がやっぱりいちばんあぶない。
ノートやレターセット、色鉛筆などなどを信じられないお値段で売りさばいてるので、素通りできなくて何度も大変な目に遭いました。

それは遅い夏のこと、たまたま通りがかったら、いつもと違うイベントの雰囲気がありました。

分度器ドットコムのイベント販売だったのです。

「ええ~!!」と心の中では大興奮。まだ開店早々の時間帯だったのでイベントのお客さんもまだあまりおらず、関係者らしき方が、売り場の様子を写真に撮ったりされていました。

これが帰り道なら1時間でも余裕でかけられてしまいそうなわくわくイベントですが、残念なことに出先に向かう途中だったので、あんまり時間もかけられず、恐るべきスピードで商品を見て回りました。webで気になっていたコヒノールなどの芯ホルダーや、なぞのドイツ万年筆などの実物に大感激。

そして、目に入った瞬間、「買う。」と心がもう財布を開けて即決していたものは・・・。

加藤製作所さん手作りの、分度器ドットコムオリジナルセルロイドエクステンダーです。
(写真は、なんだか丸善のダックノートのほうが主役のように写ってしまった・・・)

鉛筆の補助軸がセルロイドになって、そしてキャップが付くと、ショートサイズ万年筆のようにこんなにかわいくなるんだ!と、前から気になっていた商品だったのです。
加藤製作所さんのセルロイドのペンも大好きなので、いつか実物を見たいと思っていましたが、こんなに偶然に出会えるなんて。
想像をはるかに超えた愛らしさに、大興奮してレジに持って行きました。

レジでは、「鉛筆につけるものですが、よろしいですか?」と確認されました。
吟味してる様子がないように見えたので、ペンと勘違いしているおっちょこちょいな人と思われたのでしょうか・・・

うふふふ。思いがけず実物にめぐり合ってしまった喜びにひたりながら仕事に向かいました。

それから月日は経ったのですが、実は、まだ使用に至っておりません!

短い鉛筆というものが、私の近辺にないのです。
このサイズに装着するとなると、相当短い鉛筆が必要だわ!サイトの説明によると9.5cmよりも短い鉛筆なら装着可のようですが、なんだかもっと短くないとキャップが閉められないような気がするし・・・

というわけで、おニューの鉛筆をおろして、重点的に書き物に使い、このエクステンダーに入るまでの短さに育てているところです。

なんだか、本末転倒な気が・・・

| | Comments (0)

Monday, 24 March 2008

太らないのはいいことだ。

P3230460 学校の春休み中のせいか、ひときわ小・中学生でにぎわうロフトの筆記具売り場で、大掛かりなディスプレイとともに展開されている、KURU TOGA<クルトガ>シャープペンというのを発見しました。

”文字が太らない”というキャッチコピーに「???」

シャープペンで文字を書き続けていると、芯が同じ方向に削れて、線が「太る」ため、字がつぶれてくる。

のが課題だったそうでして。

このシャープペンは、芯を支えているギア(←その名も”クルトガエンジン”ですぞ。なんだかすごいネーミング。ドイツの車のようです・・・) が筆圧によって上下しながら回り、芯がとがり続けることで、文字にムラがなく、細かい字を書きやすいんだそうでして・・・

上の内容のことをノートへ下書きするのに、このシャープペンを使いましたが、確かに芯の減り方にありがちな「彫刻刀チックな偏減り」がありません。

0.3mm・0.5mmとあるうち、まずは0.5を買ってみました。中に入っていたHBと思われるシャープ芯が、私の強い筆圧でもここまで一度も折れていないのも驚きです。

芯を支えているギアの部分がスケルトン構造になっていて、目印となるマークが動いていっているので、ギアが回転していることがわかります。(サイトの説明によると40画で1周だって!)
それを確かめたいため、いろいろ書いてみたくなり、・・・物書きもはかどるというものです。

しかし、いったいどうしてこんな製品を思いつくのでしょうか?
社員の人が長年、”文字が太る”ことを悩んでいたのかしら?
こういうときに、開発者って本当に視点の持ち方が、やっばりなんか違うんだなぁ。と感心してしまいます。

カラーバリエーションは、キャンパス仕様からビジネス仕様まで、いろんなシーンにマッチする色があります。どれもメタリックな感じできれい!
色のあざやかさに惹かれ1本目はピンクにしてみましたが、使い心地も体験できて、これは仕事でもぜひとも使ってみたいと強力に思ったので、次はカッコよくシルバーやブラックを買い足そうかな。

COBUのピンクのペンケースと、ペットボトルのお茶についていたとんぼ玉とで、素敵な春向きの女子らしい和風セットが思いがけずできあがりました。

文字をたくさん書くほど楽しめそうなシャープペンなので、受験勉強とかテスト対策にもよさそうです。成績もきっとUPするでしょう! (クラブに熱中して勉強が危険信号な甥っ子に、新学期用にプレゼントしようかな?)

| | Comments (0)